ブログトップ

なないろめがね

「声」について・・・

前回の記事を書いた後、何件かのメールをいただきました。
店頭で直接お声をかけていただいたお客さんもおられます。
それは読んでいただいたかたの、ごく一部の方ですが、
思うだけではなく、「伝えたい」と小さくてもアクションを起こして下さったこと、
とても嬉しく思います。

いろんな感じ方、いろんな考え方があると思います。
ただ、沢山の方が何かを感じ考えてくださったように思います。
それだけで感謝です。
僕らが発信する「声」も大切ですが、
各々が感じたり思ったことを「声」にすることも大事だと思います。
「声」には力があります。
勇気付けられたり励まされたり、癒されたり守られたり。
もちろん、時には凶器と化すこともありますけど。
何も大きな声じゃなくていいんですよ。たいした内容じゃなくてもいいんです。
「あえて言わんでも・・・」ってことを、一度声にしてみてください。
「いつもありがとう」とか「美味しかった」とか。
店にじゃなくても、家族に、恋人に、友人に、伝えてみてください。
顔を合わせて言ってみてください。
表現しなければ、心は見えません。
伝えなければ、想いは届きません。

時に「声」は魔法になり、自分が予期せぬ効果をもたらすこともあります。
発信する側にとって何気ないことでも、受け手にとっては意味のある言葉もあります。
今回発した「声」に対する「声」は、僕に多くの勇気をくれました。
時に暴力的に書き綴る僕の文章は、果たして理解されてるのだろうか・・・。
大きな誤解を生んではいないだろうか(もちろん誤解も覚悟して発してますが)・・・。
誰も言わない中で、僕が綴る意味があるのかどうか・・・。
そして・・・・実は、本質的な部分は結局届けれてないんじゃないか・・・・。

でもね、みなさんの「声」が、僕にも届きました。
基本、大きな何かをしようとか、多くの人に理解してもらいたいとか、
そんな気持ちが更々無い「シュクレクール」という店の店主のブログ。
広い層ではなく、深い繋がりを作りたくて書き始めたこのブログ。
感じて下さる方がいてくれたこと、それだけで嬉しいことです。
ありがとうございました。
書いて良かった・・・と、思わせてくれたのは、読んでくださった皆様の「声」でした。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-02-23 22:43 | とりとめなく・・