「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

春・・・届きました

スイマセン。全く更新が滞ってしまって・・・。
この間も、なんとかパソコンには向かっているのですが、
途中でダウンの繰り返し。やっと久しぶりに更新できました。

髭のいっぱいついたヤングコーン。
この髭も美味しいんですよね。
極太のアスパラとホワイトアスパラも美味しそう!
c0116714_147399.jpg

わざわざ届けにきてくださってありがとうございます。
スタッフみんなで美味しくいただきたいと思います。

あっという間の1月2月3月でした。
気がつけば春、そしてもうすぐ4月。
シュクレももう5歳になります。
その誕生日の訪れを告げる店の前の桜の花も、徐々に開いてきました。
c0116714_154693.jpg

殺風景な店からの景色に、唯一華やかな「色」が加わる季節です。
c0116714_23264271.jpg

この桜が芽吹き、咲き始めると、「あぁ・・・また1年経ったんやなぁ・・・・」と感じます。
c0116714_2329154.jpg

0歳の慌ただしさの中で見えた桜は、
朦朧とした意識の中のおぼろげな淡いピンクの塊でした。
受け入れられるかどうかもわからず、ただ無我夢中で1年が過ぎた2度目の桜。
四つの季節が廻った実感を噛みしめました。1年潰れなかった安堵の春でした。
2年が過ぎた3度目の春。ようやく桜をはっきり見れたような・・・。
週休二日制にして、ようやく週一日の休みを確保できたのも2年目でした。
3年目の4度目の春は、桜を楽しみに待つ余裕も多少生まれました。
定着してくれるスタッフにやっと恵まれたのもこの頃です。ホントに・・・・やっとでした。
4年目の5度目の春は、モンテベロと共に迎えました。
そして今年、やっとというか、まだ?というか、
5年目の6度目の桜を見ることができました。
いつもいつも、この桜に誕生日を祝ってもらっているような気がする特別な桜です。
躊躇なく咲き乱れ、未練無く散りゆく姿は、儚く、切なく、故に美しく。
周りに何もない場所で、一本だけ植えられてるこの桜。
「なんでこんなとこに?」というとこに、無性に親近感を感じるのです(笑)。
こんなに見事に咲き誇ることは出来ませんが、桜のように凛として潔く、
そしてこれからも毎年この祝福を受けれるよう、
交差点を挟んだ対角線で真正面から向かい合って、
逆にこの桜の花たちが年に一度の再会を楽しみにしてくれるような、
そんな店になっていきたいものです。

一人ではホントに何も出来ません。
良いスタッフ、良いお客さんに恵まれたからこそ、
こんな頑なな店が成り立っていられるのです。
今年も桜の花びら舞う中、無事に誕生日を迎えれること、
支えてくれたスタッフやお客さんに改めて感謝、心から「ありがとう」。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-03-31 04:39 | とりとめなく・・