ブログトップ

なないろめがね

笑顔はちょっと苦手です。

まず最初に、新聞掲載への多々のコメント、ありがとうございました。
僕と米田シェフの間では、普通の関係なのですが、
傍から見ると、なかなか築けない関係のように映るんですね。
そう言ってもらえるのは嬉しいですが、ま、ホントに、僕らの中では普通なんですけどね。
なんでそう言ってもらえるのかはわかりませんが、あえて理由を探すなら、
う~ん・・・・一線を越えてしまったからかな(笑) ある意味ね、ある意味。

僕自身、あまり人と絡むのが得意ではなく、
とくに表面的なやり取りは完全に拒絶してきました。
その先にあるのは寂しさだけですから。
馴れ合いが大嫌いで、媚びられるのも不愉快。
本気で接してくれる相手と本気で接する以外、僕の人間関係は成立しません。
そこには常にイーブンを求めますし、イーブンでいれるよう努力します。
イエスかノーしか存在しない思考は非常にシンプルで、
回りくどかったり濁したり、面倒くさい不必要な気配りにもイラッとします。
頑張って立ってる人なら支えたいと思いますが、
立ちもせず手を出し、立たせてもらう気満々の人を相手にするほど暇でもありません。
そんなことを言ってると、「冷たい」とか「偉そう」とか言われることもありますが、
興味も大してない人間に口裏合わせて話す人間と、どっちが冷たいと思いますか?
どう考えてもおかしいことを濁したり見て見ぬふりをしたり、それが優しさなんでしょうか?
それが、相手の為になるんでしょうか?そして何より、自分はそれでいいんですか?

そんな思考を持った人と、自分以外で初めて会ったのが米田シェフですかねぇ。
あ、でもその思考の構築のされ方は全く違うと思いますよ。
米田シェフは突きつめ無駄を省いてきた結果だと思います。
僕は若干屈折した匂いがプンプンしますよね(笑)
うん、でも僕らの中では上記のことなんて大前提。
それが底辺にあって、その上に何気ない会話があったり、
つまらないことで笑ったり、たまには熱く語りあったり、涙を流しあったり・・・。
全ての感情に忠実です。全ての言動に責任と意思があります。
なにより、生きるということに真剣です。
完璧主義者だと言われることもありますが、そうではありません。
自分が不完全だと認識してるからこそ、目一杯補って生きなければいけないんです。
中途半端な自分が、中途半端なことしてたら、結果は中途半端以外あり得ませんから。

諦めたくはありません。今、不完全ですが、それで終わるとは思いたくありません。
今より少しでも高みを目指したい。そこに何があるのか見てみたい。
ただそれだけです。たったそれだけです。でも、十分生きる糧には値します。
狙ってみたいですね。狙って獲らなきゃ意味がないんです。
「獲っちゃった」では意味がないんです。
そういうことも含めてね、共感し合える人が、米田シェフなんです。・・・ですよね?(笑)

それから・・・・・
皆さんからいただいたお言葉の中に、必ず入ってた気になるコメントがあるんです。
「岩永シェフの笑った顔、貴重ですね」
「イメージチェンジですか?」
そんなに笑ってるとこ珍しいですか?(笑)
いや、っていうかあれ、椅子にのってなぜか斜め上から撮ってるんです。
だから若干上向いて口ポカーンと開けて、ちょっとアホっぽくなってるんです。

笑って写った写真が掲載されただけで、こんなにいじられる僕って一体・・・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-12-13 00:36 | とりとめなく・・