ブログトップ

なないろめがね

虫の息・・・・。

えっと、
朝日新聞の夕刊に出てから、
またちょっとアクセス数が増えてますね・・・・。
あ、お店にも、有難いことに沢山来てくださってて、
それを全く予測せず、早々と閉店になってしまい申し訳ありませんでした。
岸部の弱気癖が抜けませんね。「どうせこんな場所、来ないやろ・・・」的な(笑)。

ここにも沢山遊びに来てくださってるにも関わらず、
更新できずに申し訳ありませんという気持ちを書きたくて、
今、店から更新しています(笑)
えっと・・・・今さっき、1時過ぎから炊き始めたコンフィチュールを、
3時間銅鍋に付きっきりで炊き上げたとこです。
今、パソコンに覆いかぶさるように打っています(笑)

連日夜中まで、よくスタッフが頑張ってくれてて、
昨年は一回で止めたシュトーレンとベラヴェッカの仕込みも、
3回に渡り仕込むことができました。
これで多くの皆様に行きわたるはずです。
さらにそんな中、それだけでシュクレが終わるわけありません。
もう完全に虫の息の中、さらに今週末からクリスマスまでの限定商品が出ます。
・・・・って打ってる右手が小刻みに震えてますけど(笑)

えっと、また詳しく書きますが、まずは毎年恒例の2種からのご紹介。
一つ目は、コンフィチュール。あ、今炊いてたやつね。
でも今炊いてたやつはミルクのコンフィチュール。
今から瓶詰めして、とりあえずそろそろ限界なので一回帰って、
お風呂入って、洗濯機まわして、さっと掃除して、
今度はイチゴのコンフィチュールを炊きに寝ずに戻ってきます。
その二種を一瓶に閉じ込めた、クリスマス恒例のコンフィチュールが、まず一つ目。

もう一つは、パン・デピス。はい、今年もやります。
あまりのキツさに止めよかなと思いましたけど(笑)
これは今日、スタッフがかなり頑張ってくれました。感謝感謝です、ホント。
ただ、もうさすがに追加はよう作りませんので、あるだけの販売となります。
もう、ホントにちょっと無理です・・・。

で、さらにですね、瀕死の身体から無理やり絞り出しました(笑)
ここ数年やってた「ガトー・サヴォア」が、今年はできなくなっちゃったんです。
こないだから何も考えずに始めた「フラン・パリジャン」と、
使う型が被っちゃってるんです(笑)
で、その代わりと言っちゃなんですが、
ブリオッシュ生地にカカオを練り込んだ黒い生地に、
これまた明後日に炊くんですが、フランボワーズのコンフィチュールを巻き込み、
アクセントにノワゼットを頭に乗せて焼きこんだパンを、
うっすら粉糖をふって提供したいと思います。
ま、簡単に言ったらジャムパンですわ。
これはデカイので、ハーフサイズありの予定です。
名前やらなんやらは、また後日発表しますね。
もう決まってるんですけどね、頭がまわらず思いだせないんです(笑)

もう出ません。もうこれ以上絞っても何もでませんので。
あ、パン・ラミジャンのクロックムッシュが今週末でるかもです。
あ、23日は、クロックムッシュ・ア・ラ・アメリケーヌも、余力があればやるかもです。

なんだ、まだ絞れば出るじゃん(笑)

あ!そういや、今日の夕刊にモンテベロのお菓子が載ります。
よりによってこの時期に・・・、
ってか、こんだけテンパってる時期だからこそマグレで生まれたような(笑)、
そんなシェフ橋本渾身の朝日新聞限定ガトーが販売になります。
うん、僕が見て惚れ惚れするような生地でした。
そう、生地をね、食べて欲しいお菓子なんです。
「橋本君、こんなの作れるようになったんだぁ」って、珍しく僕に褒められましたから(笑)
でもちょっと、嬉しかったなぁ。
こういうクラシックなタッチの生地を作れるようになってくれたのは。
涙出そうになりましたもん・・・。ちょっと泣いてたかも(笑)
あ、過剰な期待はしないで下さいね。
ホントに地味なお菓子です。構成も単純で華もありません。
でも、素晴らしい「フランス菓子」です。小手先で出来るものではありません。
技術云々のレベルじゃないんです。多分、本人がビックリしてるんじゃないですか?
「こんなん出来ちゃったんですけど・・・」って(笑)

さ、ちょっとマジでこんなん書いてる場合じゃなかった!(笑)
ちょっくら厨房に戻りますわね。
明日の夕方くらいには少し休めたらいいなぁ・・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-12-16 04:24 | シュクレクール