「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

なんだかねぇ・・・

「お客さん」って、何ですか?
僕はね、来てくださる方皆さんをお客さんだとは思わないんですよ。
「来てくださった方」には変わりないですが、
店に入って来ただけで全員が「お客さん」って、
なんか違うと思うんですよね。
皆さん、家に来た人みんな「お客さん」ですか?
どこの誰の家かも知らないで「おじゃまします」って入ってきて、
なんだかんだ好き放題言われて、それでも「来ていただいたので」と、
大切な「お客さん」と思えるのでしょうか?
僕はそんなに人間出来てないんですよね、残念ながら。
スタッフも含めて、周りのお客さんも含めて、
「気持ちいいな」と思える方を初めて「お客さん」やと思います。
もちろんプロとして、そうでない方にも最低限の出来るだけのおもてなしはしますよ。
でも、「お客さん」だとは思いません。おかしいですか?
おかしいと思われる方、それも間違いではないと思います。
でも明らかに僕とは価値観が合いません。
他にもたくさん良い店がありますので、どうぞ他店にいらしてください。
僕は、理解し応援していただける方の気持ちに、全力で応えることしか能のない男です。
そして、そんな方しか多分満足も出来ないような偏った店なんです。
表面的な付き合いではなく、想いを汲んでいただけるような方でないと、
おそらく長続きはしないでしょう。
「客を選んでる」、そう思われても結構です。
選択するのは、店も客も、同じ権利があると思うんですよね、僕は。
ただ、知識やら、来店数、来店歴なんかを振りかざすような方も違うと思います。
一方的ではなく、理解し、お互いが「好き」と思えなければ、
やはり人と人は結びつかないのではないでしょうか。

何度も言ってますが、僕は店と客は50・50やと思っています。
来ていただかなくては生きていけないですが、
僕らが店を開けなければ来ることもできないわけです。
どっちがどうではなく、お互いが理解しあい、必要としあえる関係を僕は望みます。
ですから、どちらかというと、利害関係よりも「人と人」。
ま、多くの方に受け入れられるわけではない商売をしていますから、
逆にそうしていかなければ先も無いわけで。

確かにままならないことも沢山あります。
でもそれを僕らがどう思ってるのか、
お客さんに対する基本姿勢はどういう店なのか、
どういうものを、どんな形で届けようとしてる集団なのか、
それを理解していただけないことには話になりません。

最近、ホントに頭にきます。
「お客さんって、買う権利を振りかざすものなんですか?」
そう思わざるを得ない方があまりに多い。
こっちは今の状況がベストだなんて思ってません。
そりゃ、来ていただいた方全てに、
好きなだけ好きなものが行き渡ればいいなぁってのは理想です。
それを望んでないわけないじゃないですか。
でも、生産には限界があるんです。
予約だって、受けれるだけ受けてあげたいですよ。
駐車場だって、良い場所があれば用意してあげたいですよ。
で、それらが今、できない中でもできるだけ多くの方に食べてもらえるようにと、
不自由な思いをさせていますが、いろいろな制限をさせていただいてるわけです。
繰り返しますが、現状ベストだなんて思っちゃいませんから。

それを平気で踏みにじる方のあまりに多いこと。
その多くが「自分の思い通りにならなかった」結果の独りよがりの一方的な一般論。
制限のある予約に間に合わなかったお客さん、お身体が悪いのですね。
「病人には売らない店なのか!」
そりゃないでしょ。
予約に余裕があって、「病人なので・・・」って断ったんじゃないですからね。
基本、ややこしいかも知れませんがルールを設けさせていただいてるわけで、
誰しも何かしら我慢を強いられてるわけですよ。
それを「病人には・・・」って、そんなこと言って「じゃあ・・・」ってパン売ってもらったら、
それで満足なんですかね?論点は「パン買えるか否か」なんですか?
「ミシュラン出てるなら・・・・!」って、うちは載ってないし((笑)
「こんな時間に完売なんて、客のこと何も考えてない!!」って、あなた、
うちの子らと一緒に働いてみますか?口が裂けてもそんなこと言えませんよ。
「テレビ出るなら・・・」って言いますけどね、
一本テレビにでも出てれば助かった良いお店なんて万とあるんですよ。
そんなこと言う多くの方がテレビ出るまで知らなかったんじゃないですか。
テレビにも出ずに潰れてても知らなかったんじゃないですか。
メディアに載らなくて経営に行き詰っても誰も何の保障もしないくせに、
メディアに載って忙しくなった途端、「出ないで欲しかった」。
勝手です。僕らだって皆さんと同じように必死に生活してるんです。
ぶっちゃけ、うちの売上が市内のお店と太刀打ちできるのって週末だけですよ。
その数字を一週間持続する絶対数を抱える市内と、
平日は今でもその半分くらいまで落ち込むシュクレと、
経営状況は同じだと思いますか?
同じようにスタッフを潤わせれるとお思いですか?
それにね、最初から多くの投資をして、いつ行っても商品は満載で、
駐車場も完備、警備員さんも配置、
規模も社員も充実してまっせ!的な大量生産の店から、
どれほどのクオリティのものが生まれるとお思いですか?
じゃあ、百貨店のパン屋さんにでも行きはったらいいじゃないですか。
閉店間際までパンありますよ。数も不自由なく好きなだけ買えますよ。
「でも、それはイヤ」
ふざけんな!自分の主張ばかり通ると思ってるのが間違いですよ!
こっちはこっちで出来るだけのことはやろうと思う店です。
そしてその中には申し訳ありませんが協力していただくこともあるでしょう。
その真意も理解せず、理解しようともせず、昨日今日知ったような方々に、
うちの店やスタッフをとやかく言われる筋合いはありません!
気に入らなければ来ないでください。
理解できないならおそらく長いお付き合いも不可能でしょう。
先日も、予約がいっぱいで受けれないことに納得がいかなかったのか、
一時間あまり一方的に話した揚句、
どうもこうもいかないので「じゃ、今回だけ・・・」とスタッフが折れたら、
予約するんですね、すんなり(笑)
経営がどうのとか、お客さんのこと考えてないとか、
散々罵られたんじゃなかったんですか?
そんな不届きな店のパンなんて、食べなきゃいいじゃないですか。
予約、受けてもらえたら今までのはチャラなんですか?馬鹿馬鹿しい。

あの、電話でほざくのは止めて、これから僕に直接言いに来てもらえませんか?
全てが円滑に行ってないのはわかってます。
でも全てを説明できるくらいの準備はできてます。
その変わり、面合わせて話せる人しか話しませんよ。
顔見えなきゃ人は何とでも言えますから。
正々堂々、自分の意見として議論を申し込みたい方、
お客さんの納得のいくまでお聞きしますし、ご説明させていただきます。
自分の娘ほどのスタッフ捕まえて私欲を満たすために眼くじら立ててる姿、
どう見ても哀れでなりません。
みんな同じ条件で、みんな少しづつの我慢を分け合って、
今の店の状況を見守ってくださってるんです。
うちは、なんとか今の状況を乗り切り、
いつか不自由を理解し見守ってくださった「お客さん」に、
さらなる満足を与えれるよう頑張るだけです。

僕はまだまだ人間的に未熟者で、
クソ生意気で気に入らない方も多いかも知れませんが、
そんな僕が身体を張って守らなければいけないのは、
まずは共に頑張ってくれてるスタッフたちです。
スタッフなくしてお客さんに提供できるものは何もありません。
そのスタッフが心痛めるお客さんを、僕は「お客さん」と認めるわけにはいきません。
もちろん悪しきところは改善したいと思います。
こんなところで立ち止まってるような店ではありませんから。
ただ、「自分本位」の言葉なのか、「僕らのことを思って」の言葉なのか、
35年も生きてくればさすがにわかるつもりです。
思いのない言葉に付き合ってる暇はありません。
繰り返しますが、気に入らなければ来ないでください。
と言っても、ホントに当たり前のことしか言ってないんですけどね。

うちはうちのスタンスとスタイルがあります。
成し得たいものを成し得るまでは、申し訳ありませんが貫かせていただきます。
その過程で不自由かけた分、倍返し出来るよう日々精進していきますので、
何卒、ご理解、ご了承くださいませ。

                                店主  岩永 歩
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-02-26 16:40 | とりとめなく・・