「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

再起。

さて、もう一つお知らせです。

・・・・ある朝、
急に弁護士と共に現れたオーナーによって告げられたのは、
「本日閉店、全員解雇。」
続いて矢継ぎ早に弁護士の指示が飛ぶ。
「何も触るな。荷物をまとめてすぐに出てください。
もう一度店内に入れば不法侵入とみなします。」
業者さんへの連絡はおろか、
ずっと通っていただいてたお客さんへのお別れの挨拶も許されず、
店名が変わってから10年、
その場所でパンを届け続けてきたお店の歴史は、
こうして突然幕を下ろしました・・・。

これ、実話です。
設けてる企業が単なる税金対策や、
趣味みたいに参入してきて適当な店を作り、
数年で閉めるパターンは珍しいことではありませんが、そんな店とはわけが違います。
たくさんのお客さんが通い、たくさんの想いが交錯していたと思います。
それが、一人の人間の計画的自己破産によって全てが断ち切られてしまいました。

経営はね、そりゃ奇麗事じゃないですよ。
夢や理想だけじゃ飯食っていけないですからね・・・・。
「計画的自己破産」と書きましたが、ま、自己破産とは計画的なものですわね(笑)
それが法律で認められ、救われるものもあるし被害を被るものもあるわけです。
何が善で何が悪かはわかりません。それが世の常、人の常なのでしょう・・・。
でもね、まさか10数年続けた店がその対象になるとは思いもよりませんでした。
経営者との軋轢は耳にはしていましたが・・・。
そのときにお店のHPにて綴られた店長の言葉は悔しさに滲んでいました。
僕のブログに掲載しようとも思ったんですが、
当時、事実確認も出来てない中で一方的な見解で掲載するのは、
一時の感情に任せた軽率な情報になりかねないと思い、思いとどまりました。
基本、自分で見たものしか信じれないものでして。
その後、その店長さんと話す機会があり、想いに触れることができました。
スタッフの先行きを憂い、放置することになったお客さんに想いを馳せ、
心ない責任を問う声にも、真摯に自分の無力さと向き合っていました・・・。

他人事とは思えないほど心配したのは、同じ業界で起こったことだということではなく、
そこの店長さんは僕が昔働いてたお店の先輩であり上司だったんです。
一緒に働いた時はね・・・・冴えない上司だったんですけどね(笑)
期間も短かったんですけど、濃い時間を過ごさせていただきました。
店を転々とし知り合いも少ない僕を、
いつ会っても、めちゃくちゃご無沙汰しても、
「お~、岩永君。」って、あったかく迎えてくれる、同業者で数少ない知り合いであり、
ホントに何も出来ないヘタクソだった頃に世話になったからかなぁ・・・・、
なんだかお兄ちゃんみたいな存在でもあるんです。

その人が、お店を開きます。
3月15日(月)、神戸は夙川にて、様々な想いを抱えてパン屋さんをオープンします。
名は「CONCENT MARKET」(コンセント マーケット)
由来は・・・面倒くさいのでザッと端折りますが(笑)、
パンを通じて皆さんと繋がっていきたい・・・という意味だったと思います。
僕はまだ店にも行ったこともなければパンも見たこともありませんが、
良い想いや志を持った職人のお店がまた一つ生まれるということを、
後輩の出過ぎたお節介とは思いましたが、
皆さんに是非とも報告させていただきたく、書かせていただきました。

神戸の方、または興味を持たれたパン好きの方、
そして何より「ムッシュ・アッシュ」のパンを好きだった方、
足を運んであげていただけると、とても喜ぶと思います。
シュクレ同様、長い目で、あたたかく見守っていただけると幸いです。

P.S 住所 兵庫県西宮市寿町5-15
     tel  0798-23-0707
    最寄り駅は阪急夙川駅、海側に歩いて数分だそうです。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-03-13 01:48 | とりとめなく・・