ブログトップ

なないろめがね

足掻く先は刻の速さなり。

あかん・・・ついていかれへんわ・・・。

やっとの思いで辿り着いたGWの代休。
三日くらい休みが連なって初めて「あ~、休みだぁ・・・」と感じる昨今、
実質、年末年始、夏休み、それとこの代休と、
年三回しか休みが取れない感覚です。
・・・が、少々ゆっくり過ごしたのも束の間、
仕込みに戻った瞬間から引きずり戻される現実の時間。
「あれ?・・・あれ?」と思ってる間に、休み明けもほぼ3徹状態。
代休をいただいたのが、もう2・3ヶ月も前のことのよう。
自分で招いてる現状なんだと思いますが、
どうもそろそろこの時間の渦のスピードについていけなくなってきてる気がします。

シュクレを始めたころは、
朝オープン前にはゆっくりクロワッサンでも食べながらカフェして、
それからお店を開けて、夕方には終われる仕事をしたいなぁ・・・
なんて考えていましたが、とんでもない!!
自分の店ですから、自分のペースでやれば良いとも思っていましたが、
全てがそうもいかないものなんです。
いつしかド暇だったシュクレもお客さんに来ていただけるようになり、
それに伴い時間が流れ始めました。
その時間は自分の意思100%で動かすわけにはいかなくなり、
責任を伴った「応えたい」という想いが、流れの速さに拍車をかけていきました。
足りない「時間」は他の「時間」までも飲み込み、
いつしか「生きる」ということは、その時間の中で過ごすことを指すようになりました。
そして、その時間しかなくなってしまった時期もありました。

でも、嫌なんです。
仕事人間のように思われがちですが、そもそもそんなこともないですし。
「人生捧げてる」とか評されることもありますが、そんなカッコイイもんじゃありません。
むしろ逆に、仕事に人生を乗っ取られた感さえありますし(笑)
結局、それだけ働かなきゃいけないってことは能力がないからなんです。
能力のある方は、そこに投資をし、すぐ改善し、チャンスに結びつけてしまうでしょうから。

「パン屋だから仕方がない」って流されるのも嫌ですね。
僕が働いてきたところも例に漏れず、朝から晩まで・・・ではなく始発から最終まで。
確かに労働時間は長くかかる仕事ですので仕方ない部分は否めません。
でもね、自分がやってきたから当たり前だとかは思いたくはないわけで。
常々スタッフにも「パンだけじゃダメ!」と、何か感じたり、自分で足を運んだり、
心を動かす努力を求めているものの、「いつするの?」って状態ですからね。
仕方ないと思ってしまっては何も変わりません。
まずは疑問視すること、小さなことですが大事なことです。

6年経ちましたよ、そんなこと言い続けながら。
何も改善してあげることも出来ず、ただただ6年の歳月が流れてしまいました。
何回か、お客さんの絶対数そのものが1ステージ上がるようなこともあり、
その都度、人を入れたり、機材を増やしたり、厨房をプチリニューアルしてみたり、
最初とはそれなりには違ってきてますし、それなりに対処もしては来てるんですけど、
置かれた状況に対処するのが精一杯で、
大きく打開するまでにはいってないのが現実です。
今思えば、その都度その都度、
「まだやるの?まだやる気なの?」と問われてた気もします。
「まだやれる。まだ大丈夫!」と、自分を洗脳し言葉の麻酔でマヒさせながら、
とりあえず、6年走ってきました。
でも今回の年末からの問いかけに、やっと自分自身が「もう無理」と答えた気がします。

なんだか今年はいろいろと考えることも多く。考える機会も多く。
思えばどれだけの時間を時間の犠牲にしてきたんだろう・・・と。
もちろんそれによって得たものの蓄積で「今」があるわけですが、
それによって見えなかったものや失ったものも沢山あるわけで。
僕もかれこれ36にもなりました。
自分の時間を持つことは、これから自分にはとても大切なことやと思いますし、
時間という養分を自分やスタッフに与えることは、
店にとっても必ずプラスになると思います。

もうそろそろ良いですよね・・・?
楽したいわけじゃなく、手を抜きたいわけじゃなく、少し時間が欲しいだけ。
「ふ~~っ」って一息つける時間が、日常の中に欲しいだけ。
自分にしてあげれなかったことを、少ししてあげる時間のゆとりが欲しいだけ。
罰、当たらないですよね・・・?

先日チラッと書きました「物件探さなきゃ」って一言。
これ、ホントです。物件、探してます。
が、何名かに言われましたが、移転じゃないですよ(笑)
隣に、建物にへばりつくような店作っちゃいましたから移転は難しいと思います。
スケルトンで返さなきゃいけないんですが、無理でしょ(笑)
それに、僕、ここ好きですから。

でね、厨房を増設しようかと。
店舗側はまだいじれないのでリニューアルはもうちょい先の話。
でも「次」に進む為には、大切な通過点。通らなきゃいけない通過点。
シュクレ、モンテベロ、両店の一部を別の場所に移設します。
と言っても、徒歩数分のめちゃくちゃ近所ですけどね。
で、機材の少なくなった厨房を広く使って、それなりの人数をかけて早く終わらせようと。
うちの厨房ね、知ってる人は知ってますが、ほぼヤフオクで買ってたんですよ。
新品は機材2つくらい。あとは、お金もなくて中古すらキツくてヤフオクで。
結構「フランス帰り」みたいな情報が先に流れてたんで、
順風満帆な開店だと思われてたみたいですが、とんでもないです。
今も尚ですが、作業台の大きさはバラバラ。
上に乗せてるパン用の大きなまな板やヴィエノワズリー用の大理石もヤフオク。
だからこれも下と上の大きさがバラバラ。
ドゥ コンディショナーっていう生地を管理する大事な機械でさえ買えずにヤフオク。
これ、ヤバかったです(笑)
うち、低温で管理しなきゃいけないんですが、夏場の室内の温度上昇と一緒に、
庫内の温度まで上がってしまい、朝来たら全滅・・・って日もありました。
一番最初に買い換えなきゃいけなくなった機材でした。
急速に冷凍するショックフリーザーもヤフオクでした。
もちろんヤフオクに例外はなく、画像でしか見れません。
届いたショックフリーザーが動いた時は嬉しかったなぁ・・・(笑)
先日悲鳴を上げたオーブンは中古です。
購入時にすでに4分の1くらいの値段でしたから、
その当時ですでにかなり古かったんでしょうね。
オープン前日に窯が一段使えなくなるというショッキングなサプライズをくれた6年後、
今度は周年の日に一段使えなくなっちゃいましたけど(笑)
先週、冷凍冷蔵庫と製氷機もやっと買いかえれました。これらもヤフオク。
お気づきの方もおられるでしょうが、お店で飲み物入れてる冷蔵庫も変わりました。
その先代の冷蔵庫も、もちろんヤフオク。
中古のものが、更にうちで6年頑張ったんです。そりゃ限界ですよ。
ちなみに29でオープンした僕も36になり、完全に新しくはなくなってきました(笑)
人間もメンテナンスしてあげないと、壊れてしまいますもんね。

とは言っても経営者なんて小心者。
売り上げに直接繋がらない投資は怖くないわけはありません。
でもね、やらなきゃね。スタッフは、一番大切な店の財産ですから。
僕が守ってあげないと。信頼してくれてるわけですから、ちゃんと守ってあげないと。

お客さんにも身体の心配、かけてます。
ホントに心配してくださってる方から、たくさんの励ましの声をいただいています。
一部、「移転」と思われたこともありますが、
今回の発表は、いつも身体の心配をおかけしてしまってるお客さんにも、
ちゃんとお伝えしなきゃと思ってのこと。
あと、言ったらやるのでね、僕。
先に言っちゃっとけば、やらないわけにはいきませんからね。

ま、てなわけです(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-05-18 02:55 | シュクレクール