ブログトップ

なないろめがね

すいませんねぇ・・・

あの、ご心配おかけしてますが、とりあえず大丈夫です、はい。
更新はおろか、ここを開けたのも2週間ぶりくらいになるのかな・・・。
「もうさすがに忘れられてるかな・・・」と思ってたんですが、
変わらず遊びに来てくださってることを知り、驚きと、喜びと、申し訳なさと・・・。

僕みたいな人間が何かを発信しようとすると、
たかが岸部という辺鄙な場所の小さな店であろうと、
こんな「ブログ」という誰でも出来ちゃうような媒体であろうと、
いっぱいいっぱい搾り出さなきゃどこにも何にも届かないわけで。

ただ、その搾り出す作業はホントに多くの労力も気力も必要としてですね、
例えるなら戦艦ヤマトの波動砲のように、あるいはゴジラの放射能火炎のように、
わかりやすいところではピッコロの魔貫光殺法のように、
つまりそれなりに溜め込まれたものがないと放出できないわけですわ。

ちょっとね、それらを身内に削り取られる日々が続いてまして、
とてもじゃないですが外に向かって放つ気力は残っておらず、
しばらく心の病に蝕まれたあげく、
癒しを求めて遂に「犬でも飼おうか・・・」とまで思ったのですが、
周りの「犬が可哀想・・・」という僕が可哀想になるような助言により断念。
にっちもさっちもいかないなか、また陽は昇り憂鬱な一日が始まるわけです。


なんなんですかねぇ・・・。
自分と一番長く付き合うのは自分自身なんですけどねぇ・・・。
その自分と向き合って闘うことが出来ないんですよね、みんな。
与えた宿題を、しかも小学生低学年レベルの宿題を、
毎日毎日「やってる?やってる?」と確認し続けなきゃいけない馬鹿ばかしさ。
店に貢献して欲しいなんてサラサラ思ってないですよ。
ただ、底の底にある殻は、自分の手で破ってもらわないと僕では破れないんですよ。
うちで戦力にならなくたって、美味しいパンが作れなくたって、
せめて「自分」という看板を掲げて生きていかなきゃいけない人生、
その看板くらいは胸張って掲げれるようにしてあげたいんですよ。
いつまでも、果てしなく広がる空に脅えて、可能性という無限の広がりに恐れをなして、
しゃがみ込んで足元の地面とばっかり睨めっこしてたって何も始まらないでしょうが。
眩しいからといって目を背けていては、見えるものも見えないでしょうが。
目を凝らさずして自分の未来が見えるほど、
この業界に堕ちてくる人材の眼は澄んじゃいないんですから・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-07-20 00:33 | とりとめなく・・