ブログトップ

なないろめがね

「時間」の贈り物。

お盆も過ぎ、風がちょっと涼しくなってきたり、
朝がちょっと遅くなったり夜がちょっと早くなったり、
季節の移ろいを感じ・・・・てはいるものの、まだまだ酷暑は続きます。
ま、そんななか熱い記事ばかりだと、
書く方も読むほうもしんどいでしょうから、
ちょっといつもと趣を変えて、気楽にサクッと読める短編集を何篇か続けますね。

僕が知る限り、一番予約の争奪戦が激しい東京のお店から「夏」が届きました。
c0116714_9485248.jpg

山形県鶴岡市名産の「だだちゃ豆」です。
すぐ茹であがっちゃうので、けっこう注意が要ります。
c0116714_949551.jpg

えっと・・・店は営業中でしたが、
ま、ノンアルコールということで勘弁してもらってですね、
みんなで美味しくいただきました。
c0116714_9491885.jpg

いやはや、久しぶりに食べましたけど、こんなに旨かったっけ・・・。
「甘い」と認識するくらい甘みがあって、
豆特有の香ばしさもあって、何より余韻がめちゃめちゃ長いんです。
「旨い、旨い!」って、みんな手が止まりませんでした。
いっぱい塗したゲランドの塩と、茹で加減も丁度良かったですね。

あと、初めてノンアルコールビール飲みましたけど、
すごいですね・・・。遜色ないっすもん、ビールと。
なんとなく雰囲気でフワフワしてきちゃいますね。

「ビールに枝豆」、これにナイター中継とくれば、
昭和の親父の鉄板ですからね。
「あ・・・・・」、ふと我に返ると、
その年代にいつの間にやら足を踏み入れてる自分がいました(笑)

厨房で(営業中ですが)、シュクレ、モンテベロ、みんなで集まって、
わいわい食べて飲んで(ノンアルコールです)、
だだちゃ豆の贈り物には、そんな時間も添えられてるような気がしました。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-08-16 23:39 | とりとめなく・・