ブログトップ

なないろめがね

いろいろ。いろいろ。

うんうん。

はいはい。

先日の問いに対して、いろいろな「声」をいただきました。

いろいろ。

いろいろ。

それが「会話」。

それが嬉しい。

だって今までは、いろいろの欠片も聞けなかったんですもん。

中には難しく解釈されてる方や、

「客云々じゃないと出来ないのか?」という声もありましたが、

無論、できますよ。

ただね、

もっと単純な話。

毎日、家事に明け暮れてる主婦の皆さま、

「いつもありがとう」

そう言われたら嬉しいでしょ?

「今日の煮魚、美味しいね」

そう言われたら疲れも吹っ飛ぶでしょ?

そんな感じ。

言われなくてもやりますよ、僕も主婦の皆さまも。

ただ、一声かけてもらえるだけで「より」頑張れたりするわけですよね?

「言わないとわかってもらえないんですか?」って声もありましたが、

わかってますよ。

でも言ってもらえたら「より」嬉しいということ。

いつも「口にしないけど、多分感謝してくれてるはず・・・」と思ってた旦那さんが、

誕生日の日にでも「いつもありがとな」って言ってくれたら全部チャラになるでしょ?

みたいな感じ。

僕がこんなことを書いたのは、一年を掛けたワークショップが終わった今回と、

年一回の周年の時くらい。

いつも何かしらリアクションが欲しいって言ってるんじゃなくて、

こんなときくらいあってもいいんじゃない?って具合。

それでも僕、求め過ぎでしょうか?

そもそも僕は、日本における「店と客」の関係に対して何度も苦言を呈してきました。

今回も、その一環だと捉えていただければ幸いです。

うちに対して、僕に対してどうじゃなく、

今回の投げかけで僕を大嫌いになっても構いません。

でも、大嫌いになっても構わないので、

皆さんの大好きなお店には、ちょっとでも良いので声を上げてあげてください。

みんなみんな欲してます。

無尽蔵のエネルギーを持ってるわけじゃありません。

無くても勿論やりますが、あると相当嬉しいです。

同じ人間がやってます。

遠慮したり、恥ずかしかったりされる方もおられると思いますが、

断言します、相当嬉しいです。

で、そんな単純なことで気分良くやってくれて、

また良い料理やパンやお菓子が並んでくれれば、

そんな労力、安いもんじゃないですか?

お店も嬉しい、お客さんも嬉しい、みんな幸せ。

それでも「いや~・・・なかなかねぇ・・・」と思われる方、

じゃ、奥さんや旦那さん、友達やお世話になってる方などに、

ちょっと声を発してみてください。

その「ちょっと」をみんなが持てれば、

「なんか平和やなぁ・・・」と思うんですよね。

思っててもしなかったら、

思わないからしない人と「しない」ことは一緒でしょ?

今回、

メールやFAX送ってきて下さった方、

送ってきてくださりながらも「こんなんですけど良いですか?」とか、

「求められてる答えと違うかも知れませんが」との言葉が目立ちました。

それでも踏み出して送ってくださったこと、めちゃくちゃ嬉しいです。

でも、ストライクじゃなくてもいいんですよ。

ボールでも、暴投でも、

「投げてくださった」という行為自体がめちゃくちゃ嬉しいんです。

だって、僕なんて故意にデッドボール当てる時もありますからね(笑)




最後になりましたが、
本当に今回、いろいろな「声」をいただきました。
今回、びっくりするくらい長文で送ってくださる方も多く、
いつものように一通ずつ返信するのには時間がかかってしまいそうでしたので、
メールの返信の前に、こうしてブログにてザックリ述べてしまう失礼をお許しください。
この後、ちゃんと返信させていただきますので少々お待ち下さい。

セリフではない、生の「声」、
温かいお言葉も、厳しいご指摘も、
全部「温度」がありました。
心から感謝しております。
ありがとうございました。
[PR]
by monsieur-enfant | 2011-08-10 14:58 | とりとめなく・・