ブログトップ

なないろめがね

正式発表です。

えっとですね、
先日発表しました「素クグロフ」の期間限定販売の件なんですが、
値段も画像も公表できない不本意な発表にも関わらず、
とりあえず初回分の予約は完了させていただきました。
それもこれも、お客さんの「慣れ」を感じると共に(笑)、
「信頼してくださってのことなんだ」と、責任も痛感する次第であります。
その信頼を裏切らない様なクグロフを、皆さんのお手元にお送りできるよう頑張ります!

さて、おさらいではないのですが、
あっちもこっちもでは見にくいので纏めさせていただきます。
そして今回はお待ちかねの画像もお見せできますのでお楽しみに。
これを撮る為に韓国から一時帰国してきました(笑)

「期間」
9月16日(金)~11月25日(金)まで。

「発送日」
毎週火曜日注文終了のうえ、金曜日発送、土曜日着。
店頭受け渡しの場合、金曜夕方、土曜8時~可能。

「販売個数」
毎回限定10個。

「注文方法」
お名前
お電話番号
ご住所
受け取り希望時間と、
希望日時(ただし、土曜着は変えれません)
以上をご記入もしくはお伝えいただき、
電話、メール、FAXにて受けさせていただきます。

「お支払い」
料金は着払いのみとなっております。

「お値段」
2800円(送料は別)

以上となります。

参考までに、通常の店売りで使うクグロフ型との大きさの比較をしたいと思います。
c0116714_18371176.jpg

はい、相当デカイです。
大体、高さは11~12㎝
幅は19~20㎝となります。
お友達と共同購入して、
みんなで切り分けてワイワイ楽しんでいただくのも良いかもですね。
その実物、ようやく登場です。
c0116714_18335794.jpg

「大きく焼いた『素』のクグロフ」を味わっていただこうという今回のコンセプト。
そもそも生地の素材感を楽しんでいただきたく、
「素」というイメージを大事にし、何かを強調したようなバランスにはしていませんが、
だからこそ、それぞれしっかり役割を果たしてもらえる材料もチョイスしています。
通常はいちいち「なになにを使ってます」みたいなことは謳いませんが、
さすがに今回はお値段をいただきますので、
ちょっと特殊な材料は発表させていただきます。

粉のベースはフランス産 「TYPE-55グリュオ」
砂糖は「素焚糖」という奄美諸島の、
奄美産さとうきび100%使用し焚きあげられた砂糖です。
塩は、以前ご紹介させていただきました長崎は平戸の根獅子から届いた「海の子」。
卵は、餌から自然素材で手作りされた広島県山県郡の「真卵」。
と、まぁ、そんな内容です。

このクグロフを特製BOXに入れて送らせていただきます。
箱の色は、受け付け前半は白ベース、
後半は画像の型のような山吹色ベースになると思います。
c0116714_1838445.jpg

シュクレの空気も届くといいな。
[PR]
by monsieur-enfant | 2011-09-11 23:05 | シュクレクール