ブログトップ

なないろめがね

お知らせ

さてさて、クリスマス関連、最後の告知となります。

シュトーレン、ベラヴェッカ、
パン ノエル、ブリオッシュ デ ロワ、
パン デピス、コンフィチュール、と続いたクリスマス直前、
遂に・・・と言いますか、やっと、あのパンが店頭に並び始めます!
「ガトー サヴォア」
c0116714_14554420.jpg

ブリオッシュの生地を使った、フランス東部・サヴォア地方の伝統的なパン。
うちで通年で出てる「ブリオッシュ プラリネ パリ」は、リヨン発祥のパンなんですが、
リヨンと並んで赤いプラリネのパンをちょくちょく見るのが、ここ、サヴォアなんです。
中にはアーモンドクリームとカスタードクリームを混ぜた、
クレーム フランジパーヌを敷いたり巻きこんだり、
その中や上には、刻まれたピスタチオと赤いプラリネが彩りを添えています。
限定商品の多い12月ですが、最後の最後に登場するこのパン、
なぜ最後なのかと言いますと、御察しの通り、非常に面倒くさいのです(笑)
もともとは別にクリスマスとは関係ないパンですが、
その色合いが「いかにも」なもので、うちではクリスマス期間の数日間だけ登場します。
今年は23、24、25、3日間の販売となります。
もし店頭で見かけた際には、是非お試しくださいませ。

それからですね、
23、24、25、ご予約の方は既にいっぱいになっておりますので、
申し訳ありませんが、ご予約はお受けできません。
この3日間、夕方まではお電話にも対応しかねるかも知れません。
予め、御了承くださいませ。
ただ、ガトー サヴォアしかり店頭に並ぶ商品、特にこの時期バゲットなどは、
できるだけ多くの方々の手に渡るようにとご用意させていただいております。
宜しければお立ち寄りくださいませ。
あ、店舗の方では今年は仮装もしながらの賑やかなお出迎えとなるようです。
簡素な仮装ですが、店側も一緒に素敵な時間を楽しませていただきたいと思います。
皆さんにとって、良いクリスマスになりますように・・・。


・・・と、もう一つ!
このタイミングでクロワッサンのリニューアル、解禁とさせていただきます!!
c0116714_14555716.jpg

先に何度か書いたように、今回の大きな変更の一つとして、
フランスAOCバターである、ノルマンディー地方のイズニーのバターを使用します。
聞き慣れない人もいるかも知れないのでザックリ説明させていただきますと、
AOC(原産地呼称統制) とはフランスの農業製品である、
ワイン、チーズ、バターなどに対して与えられる認証であり、
製造過程及び最終的な品質評価において、
特定の条件を満たしたものにのみ付与される品質保証なんです。
バターは2か所でAOCの認定がおりていて、
上記のノルマンディー・イズニーと、南西部シャラント・ポワトゥー地方のバターのみ、
「AOC」を名乗れるのです。
ちなみに後者の有名処と言えば「エシュレ」や、
僕も大好きな「レスキュール」などがあります。
イズニーのバターは、AOCどうのとかは僕には分かりませんが、
やはり「さすがフランスのバター」と思わせられるくらいミルキーです。
根本的に牛乳から違うので、その部分はどうしようもないんですよね。
ただ日本では、特に製菓材料としてのバターとしましては、
その「弱さ」を埋めるべく、様々な工夫や研究がされて「今」があります。
うちは明治乳業さんの発酵バターを主に使っていますが、
生食には過剰なほどクドいですが、焼き込みに強く、
クロワッサンや焼き菓子には欠かせない材料となっています。
なので、特に不満があったわけではないのですが、
バター不足が深刻化してる中、安定した量の供給すら厳しくなってきたのが現状。
先を見越した上での判断と、また一つ、お客さんやスタッフに、
新しい素材や、その背景を知っていただくのも良いかなぁと考えました。

正直、食べた前半部分の「バター臭」と言いますか「バター感」と言いますか、
そこのパンチは今までのクロワッサンの方があると感じます。
ただ、中盤からの上質なミルキー感(・・・他に例えようが無い)は格別です。
キレイで長い長い余韻が広がる、静かでいながら深い、
そんな印象に仕上がりました。
マイナーチェンジは幾度となく行って来て、
その都度、「ん~~、言われてみれば・・・」程度の反応でしたが、
今回で2度目となる、バターを変更するモデルチェンジ。
一回目も大きくキャラが変わり、さすがに皆さん分かった様子で、
「前のほうが良かった」「今度のほうが好き」と、様々な意見をいただきましたが、
今回もその時同様、いろんな意見があるのでは・・・と、楽しみにしております。

で、ですね、申し訳ありませんが、、
さすがに現状維持のお値段では販売出来ません。
バター単体でも以前の3倍くらいは跳ね上がります。
「クロワッサン」として楽しんでいただけるような価格で提供したいと考えていますが、
新年の営業からは新価格で販売させていただきます。

「・・・え?新年から?」
何人の方が気付いてくださったか分かりませんが、
新価格は「新年から」と、させていただきます。
ということは、ですね、
「年内、価格据え置き!!」ってなわけです。
うちのクロワッサンは、ホントに皆さんに良くしていただいてますので、
その感謝と言いますか、「お試し」も含めまして、
年内は現在の「180円」での販売とさせていただきます。

クリスマスが終われば、あっという間の年越し。
まさに怒涛の1週間ちょいとなるわけですが、
そんなこんなで、皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by monsieur-enfant | 2011-12-22 17:22 | シュクレクール