ブログトップ

なないろめがね

出会いあれば別れあり。

なんか、ここんとこ出入りが激しいモンテベロですが、
「何故か辞めない神話」の続くシュクレクールでも、
2年間頑張った女の子が最終日を迎えました。

この子は和歌山から熱烈ラブコールを送って来た末、
出勤2日で「辞めさせてください宣言」をした子でした(笑)
「パンを作りたくて」、その気持ちだけで未経験で岸部に出てきて、
計量や副材料の管理などを頑張ってきた平井さん。
その最終日、「パン、作ってみたら?」と、そそのかしてみる。
c0116714_21451893.jpg

見事に、そそのかされましたね(笑)

ホントに初めて触るミキサーに、初めて仕込む生地。
最低限のアドバイスだけ、担当の山本君に聞きながら。
c0116714_21463419.jpg

ちょいちょい首をかしげながらも、生地が捏ね上がりました。
c0116714_21491357.jpg

ペタペタ触って触診。
c0116714_21495155.jpg

さ、ここから何か混ぜていくみたいです。
c0116714_21523729.jpg

クルミとエメンタールと、
c0116714_21531469.jpg

レーズンとサツマイモ。
c0116714_21541443.jpg

平井さん作のパンが練り上がりました。
c0116714_2155043.jpg

どうしたら良いかわからないのか、しばし放心状態で見つめ合う平井と生地(笑)
c0116714_21554941.jpg


ここから、みんなの見守る中、「ひとりでできるもん!」が始まります。
c0116714_21564882.jpg

が、戸惑う・・・
c0116714_2157929.jpg

戸惑う、戸惑う・・・
c0116714_21582094.jpg

みんなの視線を感じながら、
2年間の軌跡を思い起こしながら・・・、
c0116714_21591494.jpg

あまりに遅いので、成形担当の岡本さんをヘルプに(笑)
c0116714_220511.jpg

まだ数種類しか成形したことがない中で懸命に作ったパンが、
ちょっと恥ずかしげに、でもどこか誇らしげに並びます。
c0116714_222948.jpg

成形した生地を生地管理室に入れて熟成します。
c0116714_2234358.jpg

初めて自分で仕込んで自分で成形した生地ですから、
やっぱり自分で焼かなくちゃね。ということで、
明日も出勤する羽目になりました(笑)

まぁね、ホント良く頑張ったわけですよ。
何か形になったわけじゃないかも知れないですが、
二年間勤め上げた事実は事実です。
その二年間、意味を持たすも持たさないも自分次第。
今後、どう生きていくかに懸ってます。
僕は人生、死ぬまで全部通過点だと思ってます。
大事なのは、ここで何を残せたのか。
全てが通過点だと言ったものの、一つ一つ身を置いた場所で、
ちゃんと必要とされ、評価されなければ次にも進めません。
2年という歳月、決して長いわけではありません。
ですが、未経験からの、よりによってシュクレクール(笑)
「大変だった」の一言では済ませれないくらい大変な毎日だったと思います。
でも、そんな彼女が今日、
c0116714_22123282.jpg

僕から花束をもらい、
みんなからプレゼントをもらい、
c0116714_2331552.jpg

中途半端なクラッカーのお祝いを受け(笑)、
c0116714_2344260.jpg

そして2年を振り返り、涙を流す・・・。
c0116714_2353597.jpg

これはね、2日で辞めてたら流せなかった涙です。
辛いことがほとんどだったでしょう。
悔しかったこともいっぱいあったでしょう。
ただ、少しだけ「頑張った」という達成感もあるでしょう。
全部、独り占めしていいんです。
「何も返せなかった・・・・」と言ってましたが、とんでもない!
人生、まだまだ長いんです。しっかり返していただきます(笑)
それまで、君の「未来」を楽しみに出来る権利くらいは貰っといても良いよね?

さ、まだ開けてない箱は、モンテベロの細井さんから。
c0116714_2314368.jpg

その箱を、恐る恐る開けてみると、
c0116714_2317534.jpg

素敵やね・・・。良い仲間やね・・・。
ただね、細井さん。残念なことが一つだけあって、
皆で「ウワーッ!」ってなってね、
「プレート何て書いてるの~!?」ってなってね、
「・・・・・・なんとかクミコ、なんとか」
平井さん、フランス語、まったく読めなかったんよ!残念!!(笑)

まぁまぁ、そんな平井さんですが、
本日をもって・・・のはずでしたが、
明日「おまけ」のちょい出勤をもって辞めることになりました。
今まで、BBQやピクニックで接してくださったお客さんの中には、
少しくらい覚えてくださってる方もおられるかもしれません。
どうぞ、今後も応援してやってください。
彼女の夢はまだ終わっていません。
地元の和歌山でパン屋さんを開くんです。
いつかどこかできっと良い報告が出来る日が必ず来ると思います。
その時には「あぁ!あの平井さん!」と思い出してあげてください。
そんな日を楽しみに、今日は一先ずお別れです。

二年間、本当にお疲れさまでした!
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-02-15 23:48 | シュクレクール