ブログトップ

なないろめがね

「いきものがかり」風、お疲れさん会の模様。

今年のホワイトデー、本当に多くのお客さんに来ていただき、
スタッフ一同感謝しております。
何てこと無い義理返しでわざわざ岸部まで足を運ぶ必要性は無い中、
多くの方にモンテベロを選択していただいたということは、
徐々にではありますが、存在意義というものが、
この地で成立しつつあるのかな・・・と思わせていただきました。

製造スタッフが欠けた状態でシェフ交代となったモンテベロの逢坂君。
僕は馬鹿の相手してる暇はないので知りませんが、
自分が満足さえすれば店の現状など知ったこっちゃない、
客であって客じゃない輩の中傷も受けてたようで、
やりたくてもやりきれない現状に、
相当フラストレーションも溜まってたことと思います。
そんな中、たった三人の現有戦力で「お菓子が無くなることは避けよう」と、
必死になって作ってくれた姿は、必ず次のステップに繋がると思います。
ヴァンドウーズも、「来てくれたお客さんに喜んでもらおう」と、
毎日遅くまでラッピングや飾り付けを工夫して頑張ってくれてました。
なんか、端から見てて、ようやくモンテベロが、
一つのチームとして動きだし始めたのかな・・・と感じました。
そしてその頑張りに、お客さんが最高の形で応えてくれました。
そういう意味でも、本当に感謝しています。

日々スタッフには「実感の伴わない過程は無意味だ」と言い聞かせています。
日本人は、「一生懸命やった」という過程で満足感を得がちですが、
ビジネスにおいて過程で満足するなどあり得ません。
もちろん、正しいプロセス無しに成果は生まれませんが、
あくまでプロセスは成果を得る為の序章に過ぎないわけです。
プロセスを軽んじる気は毛頭ありませんが、
どうもプロセス偏重主義的な風潮が日本人にはあるように思えてなりません。
「一生懸命やった」「必死で頑張った」で、終わりじゃなくて、
それらをどうやって成果に結びつけるのかという執念めいたものは、
絶対に必要になってきます。プロセスまでは必死にやるけど、
結果は「他人任せ」なんて、そんな無責任な話ないでしょ。
ただ、単に成果ばかり追い求めれるほどのレベルに僕らは達してないので、
その善し悪しに関わらず生まれる「実感」に重きを置いています。
それは、突きつけられた現実に対して、
飛び上がるほど喜べるのかどうか、歯ぎしりするほど悔しがれるのかどうか。
つまり、「感情が揺さぶられるほどの準備が出来たのかどうか」と言うこと。
「実感」とは、誰にでも生まれるものではなく、得たい成果に対して、
意図して狙った準備が出来た人間にのみ与えられる一つの成果。
「結果」に対して感情が伴えば、その結果がどうあれ確実に人は成長します。

話はちょっと逸れましたが、今回のホワイトデー。
「報われたらいいね」、
そう話せるくらいの頑張りを見せてくれたモンテベロ。
その彼らに、お客さんが与えてくれた報いは、
僕がどれだけ言葉を並べても足りないものでした。
そして何より、新たなチームとしてスタートしたばかりの彼らにとって、
「お客さんに求められてる」という実感を得たことは、
非常に大きな自信にも繋がったことと思います。
それは僕が逆立ちしたって感じさせてあげれない感情、
お客さんにしか与えてもらえない感情です。
こうやって、店も人も変化し成長していきます。
お客さんに、店もスタッフも育ててもらう部分は少なくないんです。
いただいたぶん、必ずお返し出来るよう、
また明日から頑張れることと思います。
本当に本当にありがとうございました。

さて、

固い話も終わったところで、
激務の週末を乗り切った両店の「お疲れさん会」の模様をお送りします。

前半の主役は「いただきものばかり」。
トロットロになった、モンドールや、
c0116714_16483969.jpg

フランス土産のリエットたち。
c0116714_16485930.jpg

多分、くれた人が見たら「大丈夫なん!?」って思うくらい前の、
フランスはリヨン土産のサラミ「ロゼット」。
c0116714_16492964.jpg

全然大丈夫どころか、超旨かったです!!

更に更に、今回の目玉は、もう食べたくても食べれない、
「津むら」さんの自家製スモークサーモン!!
c0116714_21144187.jpg

これ、本当に旨いんです!
今まで食べたスモークサーモンの中で間違いなくNo.1です!
ありがとうございました!!

で、それらに合わせるのは勿論パンとワイン。
パンは、一応パン屋を営んでますので当店のを。

リエット用にはブリオッシュをオーブンで炙って、
c0116714_16495891.jpg

サラミやスモークサーモンには大型のバタールをスライス。
c0116714_16502256.jpg

更にリュスティックも用意して準備万端。

では、シュクレ・モンテベロ両店の頑張りを労って、
いつも通り、ダラ〜〜ッと始めましょう!!
c0116714_16504728.jpg

いやあ、もう間違いない組み合わせですから、
放っておいても勝手に旨いわけです。
ただただ「美味しい」と言い合いながらスタッフと過ごす時間、幸せですね。

が、これだけでは終わりません。
第一幕のヨーロッパ編の後は、
c0116714_1651497.jpg

c0116714_16511939.jpg

さて、もうお気づきでしょうか?
c0116714_16515874.jpg

そう、第二幕は、一転「韓国編」をお送ります!
c0116714_16521379.jpg

ソウルからお土産で手渡された鍋を使っての、
サムギョプサル!
c0116714_16523335.jpg

in シュクレクール(笑)

これが美味しかった!
僕が行く茨木の歯医者さんの近くの、キムチ屋さん。
そこで売ってるキムチと若干怪しめの豚バラでのサムギョプサルでしたが、
さすがそこは韓国の方が営むお店。ちゃんとサムギョプサルできました!
お供はビールと炊きたての白飯に変更!パンとワインじゃ合いませんからね。

お腹いっぱいな中、実は隣で菓子屋を営んでまして。
c0116714_16531047.jpg

デセールも充実してるのであります!
どうです!勝手に旨いパンと旨いデセールが出てくる環境、そんなないですよ!
「良いなあ〜」と思った、そこのあなた!一緒に働いてみませんか?(笑)

もちろん、疲れててもお掃除までちゃんとやって帰ります。
なぜなら、本来パンを成形する場所だから(笑)
c0116714_1654140.jpg

ちょっとお知らせがあったんですが、
長くなったので明日にしますね!ではでは。
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-03-14 21:17 | とりとめなく・・