「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

胸のつかえ

先日のヌーダさんの記事。
書いたは良いものの、何だか無力感に苛まれ、
無理から「梅」をアップしたものの、ちょっと更新できなくなってました。
数日たって、なんか引っかかるものがあるので、ちょっとだけ触れます。

別に今に始まったことではないわけです。
予約のドタキャンに限らず、
店への配慮と敬意を欠いた客の存在は、
昔っからある問題です。
当事者たちは何を見聞きしても「自分の事」だとは思わないだろうし、
上手にお店と付き合い楽しんでる方々は、
同じ「客」として一くくりにされるのも心外だと思います。
で、店側は、やはりお客さんに強く意見出来ないというのが実情。
「金払ってんだから」という化石のような考えの方も、まだまだ珍しくはありません。
おそらくこれでは、いつまで経っても良好な関係は生まれないでしょうね。
ま、勿論、全てのお客さんと良好な関係を築くことは難しいでしょうし、
必ずしもお客さんがそれを望んでるとも限りません。
じゃあ、そんな方々のことなど諦めて、
いわゆる「良いお客さん」とだけ絡んで他は目を瞑ってたらいいのかというと、
それもちょっと違うなぁと思うわけです。

やっぱり、
ちょっとずつでも理解してくださる人に増えていってもらおうと思ったら、
ちょいちょいこういう発信も必要なんちゃうかなぁ・・・とは思います。
が、何とも無力といいますか、
こんなとこでしがないパン屋がピーチクパーチク言ってたところで、
所詮さざ波一つ起こせないんですよね。
広範囲に影響力ある人とか、ブログなど発信源を持ってる人とか、
もし多少なりとも共感したりしたのなら、同じように「言ってくれ」とは言いません。
「こんなん言うてるヤツおるわ」って記事をリンクするなど晒し物にしてください。
汚れ役なんて大勢いらないんです。
汚れ慣れてる奴が汚れればいいんです。
ただ、「利用価値のある汚れ役」なら本望ですが、
利用もされなければ毒の吐き甲斐もないじゃないですか(笑)
ま、吐いたのは毒でもなんでもなく、
とても切実なレストランのリアルな現状なんですけどね。

「大変やね」「可愛そうやね」って、
同情だけで終わるなら、それは何も感じない人と大差ないと思います。
レストラン側が解消しなきゃいけない課題はレストラン側に考えてもらって、
僕ら食事に行くことを楽しみにしてる側は側で、
小さな風でも、小さな波でも、起こさなきゃいけない責任もあるんじゃないかなぁ・・・。
ですのでヌーダさんの記事、晒し物にしてもらえることを期待してます。
あ、一応言っておきますが、
今更アクセス数のアップを目論んでるわけじゃないですからね(笑)

今日は、純粋にレストランを応援する、
一人の「客」として書かせていただきました。
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-03-23 18:50 | とりとめなく・・