ブログトップ

なないろめがね

お知らせ

えっと、最近ちょいちょい店外でのイベントがあり、
皆さんにお会いする機会も増えてるんですが、
全然報告出来ておらずスイマセン・・・。

先日の「パンとワインとシャルキュトリーと・・・」の会も、
ホントに大勢の方に参加いただき楽しんでいただけたようです。
c0116714_18566100.jpg

前回に引き続き、ワインショップ フジマルさんにワインを、
メツゲライ クスダさんにシャルキュトリーを、パンはシュクレが、
更に今回はチーズを神戸のランスさん、
コンフィチュールを千葉からフォーデライトさんの参加いただき、
5つになったブースは、結構豪華でしたよ。
・・・・と、まぁ、写真はこれだけ。全然撮る暇ないんですもん。
そういえば、パンも撮ってなかったですね・・・。
店に出せないようなのも何種かありましたよ!

で、モンテベロはモンテベロで、
好評いただいたMUSICAさんとのコラボイベントの第二回が行われましたね。
こちらの方も、第一回はここでも紹介しましたが、
いつもシュクレ主導でモンテベロに振るという形でしたが、
第二回からは打ち合わせから何からモンテベロにやってもらうという、
うちの組織としては初の試みが実は行われていたんです。
僕が何から何までやってた時期より、
ヴァンドゥールの横田君が手伝ってくれるようになってからイベントが増えたように、
モンテベロがモンテベロで考え動けるようになってくると、
もっともっといろんなことが出来ると思うのです。
もう、第三回の開催も決まったようですしね。

最初心配してたモンテベロのブログも、
最近はヴァンドゥーズの二人が積極的に発信してくれてて、
僕なんかより全然更新頻度も上がってます。
内容も最初に比べてかなり良くなってきてますね。
あとは逢坂シェフが、こういった発信による関係性の構築に、
必要性を感じてくれれば、もうちょっと書いてくれると思うんですが・・・。
ま、「書け」と言われて書くもんじゃないですからね。
ゆっくり、楽しみに待つことにしましょう。

さ、最後にNPOの活動なんですが、
こちらも小さな雫を少しずつ落としてる段階です。
7月1日のセレモニーの後、
賛助店舗さんを巡るランチラリーが始まっています。
最初は本町のチェルキオさん。
そして今日は靭公園にある羽山料理店さんにて行われました。
次回の8月は、八尾のラ リサータさんにて行われます。

先日は僕も受講してきましたが、簡単な手話講座を市内で行いました。
手話、楽しいですよ。知ればコミュニケーションを取れるようになるって、
英語やフランス語、イタリア語なんかと同じです。
耳の聞こえない方が飲食店で働いてるのをあまり目にしたことがありませんが、
健常者だって、「お前、聞いてんのか!?」って子ばかり。
じゃ、聞こえないってことだけがハンディではないですよね。
飲食業は、異国に修業にいってる人間が多いので、
言葉が通じずに苦労した経験を持ってるシェフは多いはず。
なら、その経験を思い起こせば、耳の聞こえない人とだって上手くやれるはず。
ゆっくり、少しずつ手話を覚えていく作業だって、
言葉を覚えていくことと何の違いもありません。
飲食で働きたいって子は、もっと積極的に動いてもいいと思うんです・・・が、
日本全国に、耳の聞こえない人が調理師免許を取れる学校が一校しかないようです。
もちろん調理師免許だけが全てではありませんが、
そういうところからして間口が狭いわけです。もちろん東京です。
大阪にはないんです。調理師学校だけは何校もあるのにね。
先に書いたように、何の障がいもないのに全然ダメな子もいます。
障がいを持ってたって、補う手段や誰にも負けない情熱があれば補えます。
健常者、障がい者、そこで分けてしまうんじゃなくて、
「その子自身がどんな子なのか」っていう、
平たく同じ条件のなかでチャレンジできる社会へと変わっていくといいですね。

さ、そのessenceの活動ですが、
今後は先に書いたラ リサータさんへのランチ会の他に、
パンデュースの米山さんによるパン教室も控えております。
後に、うどん教室も開催される予定です。
何かの機会があれば、飲食店、個人、関係なく、思いきって参加してみてください。
そして、普段感じない緊張や戸惑いなど、目一杯感じてってください。
そこ、ありきですから。
戸惑いを逃げずに重ねること以外、戸惑いを克服する術はないのですから。

僕ら、ノブを捻れば簡単に開くドアの前にいるわけではないんです。
じゃあ、開くまでノックするしかないじゃないですか。
せめて、開けてほしいと願う人間が、ドアの向こうにいるんだってことを、
ノックし続けることで知ってもらうことから始めなきゃいけないんじゃないか、
そう思っています。
障がいを持たれる方にとって、大きなお世話な活動かも知れません。
でもね、次、そしてその次の世代に対して、
今と同じ社会で、全く同じ問題を残したままバトンを渡すことになってしまいます。
未来を変えるには、「今」動き始めなきゃ変わりません。
もっともっと大きな行政との問題などもあるのは理解してるつもりですが、
日々送る毎日が、少しでも豊かになるといいな・・・、
「そんなことは大事なことじゃない」とは思えないんです。
「食」という楽しい時間を媒体に、双方が積極的に参加することによって、
理解や発見や繋がりが生まれることを願っています・・・。


さて、最後になりましたが、
うちの告知の告知もシレ~ッと盛り込んでおきましょうか。
パン、
作ってるとこ、
見たり喋ったりする会、
in
シュクレ厨房!(仮)


日にちだけ決まってます(笑)
8月20日(月)

ようするに、
パン教室とかする時間も設備もないんですが、
「パン作ってるところがみたい」って声が多かったので、
日頃、どんな生地を仕込んで、どんな流れで仕事して、
どんな成形をし、どうやって焼いていて、
その中で何を考え、何を大事にしてるのか、
的なことに触れる会くらいなら出来るかな・・・と。
プロ、アマ、問わず、パン作りの経験未経験も問いません。
家で出来るパンとか教えるつもりもありませんので(笑)、
その辺は「パン教室ではない」ということを御理解くださいませ。
簡単に言いますと、シュクレを応援してくださってる方々に、
日頃見えない部分を赤裸々に公開してしまいましょう・・・ってな会です。
店が店なんで、人数は20名も入ればいっぱいいっぱいです。
なので何とか夏の間にもう一回くらい出来たらな・・・と思ってます。
あ、一回目が定員割れしたら、もうやりませんけど(笑)
ご興味ある方は、是非遊びに来て下さい。

詳細は来週水曜日にでも発表になるかと思います(仮)


ではでは。
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-07-28 20:52 | とりとめなく・・