ブログトップ

なないろめがね

お知らせ その4

「その3」までと思ってましたが、「その5」まで行きそうです(笑)

「その2」でお知らせした「シュトーレンとベラヴェッカ」、
温かいメッセージを添えて注文して下さる方もおられ、
僕らも嬉しい気持ちにさせてもらってます。

「その3」のお知らせは、「驚いた!」という反応が多く、
いろんな憶測も呼んでいるようですが(笑)、他意はないので悪しからず。

で、今回の「その4」ですが、
僕のことをブログに書いて下さった方がおられます。
「アップする前に、確認お願いします」と言われましたが断りました。
僕は、その方とキチンと対峙出来たと思ったからです。
それでいて伝えれなかったら、伝えきれてなかったら、
そんな薄っぺらい時間は無いですよね。
僕は、その方は「嘘は無い」人やと感じました。
だから、良く取られようが、悪く取られようが、
それが今の「僕」なんだろうと思いました。
結果は・・・・、え~~~っと、僕、なんか機嫌悪かったですかね(笑)
そのブログは、こちらです。
その方の文章はとても誠実で真っすぐで力強く、
何より嬉しかったのは、「自分がどう思ったか」よりも、
「僕が何を伝えたいのか」という真意を汲んで下さってたこと。
でも、少々文章が無骨なので、僕が現実より尖って描かれてるような・・・。
本当にちょっと機嫌悪げでしょ?(笑) 
っていうか、やっぱパン屋さんも見るようなとこに、
僕みたいなやつが登場したらあかんかったんじゃないんかな・・・。
で、おまけに話が難しいですよね(笑) 読んでる方は分かったのかな?
もし分からない方がおられたら、
そのブログ中に僕の「ブログ選集」に飛べるとこがあります。
もし興味とお時間があるのでしたら、もう5年前の記事になりますが、
今も変わらぬ気持ちを綴っています。良かったら読んでみてください。
「あ、こういうことを変わらず言い続けてるのか・・・」と分かってもらえるはずです。

自分で、その「ブログ選集」を改めて読み返してみると、
まず、文章が若い!(笑) えらい尖ってますもんね。
今が大人しくなったのかな?歳相応に丸くなったのかな?
それとも、繰り返し訴えることに、ある種の諦めが生まれたのかな?
ま、とにもかくにも、人に書いていただいた記事に、
久しぶりに「熱量」を感じてニンマリしながら読んでいました。

「パンラボ」の著者の池田さん、
本当はもう、「書かせてもらって良いですか?」
って言われてたこと、時間が経ち過ぎて忘れてました(笑)
でも、池田さんの記事から僕のブログに飛び、
真意を理解してくださった方から、お店にメールが届いていたんです。
お話させていただいた時間が蘇るような記事をありがとうございました。
まだ全然話し足りないので(笑)、また遊びに来て下さい。お待ちしています。
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-11-30 23:42 | シュクレクール