「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

お知らせ その2

この土日の荒れ模様を越えれば、ようやく春本番・・・と思ったら、
なんだか肌寒い日が続く今日この頃。
みなさん、体調崩されたりしてませんか?

さ、「春」で思い浮かぶことの一つに。「始まり」がありますよね。
そう、ここんところ、実は市内は開店ラッシュ。
その中で、お付き合いのある何店かを、ご紹介させていただきますね。

まず、今月1日にオープンしたのは、
本町にあったイタリアン「サグラマーブルトレ」(現在閉店)を任されてた、
溝口シェフのお店。「ラ ピニャータ」。
c0116714_12401724.jpg

まだレセプションの日しか行けてませんが、
行ける日を楽しみにしてるお店です。
住所は、中央区南久宝寺2-5-3 ときわビル1F です。
電話番号は、06-6226-8570。今はまだ定休日は決まってない感じです。

次は、明日オープンになります、「ワインショップ フジマル」さんの新展開。
僕が説明するより、どうぞこちらをご覧ください→「島之内フジマル醸造所」
c0116714_130405.jpg

「市内でワイナリー」という強烈なインパクトは、早くも新聞、雑誌など、
多くの媒体で取り上げられています。
でも、そんな話題性よりも、この展開の軸にある真意に触れてもらいたい。
大阪で、こんなことしようと思う人間がいることを誇りに思うし、
そして、みなさんにも応援していただきたい。宜しくお願いします。
で、リンクを貼らせてもらったフジマルさんのブログでも書いてるように、
そこの2階で美味しい料理とワインがいただけるようになります。
c0116714_13876.jpg

そして、そこのパンをシュクレがお手伝いさせていただくことになりました。
「イタリアン」とか「フレンチ」とかじゃなく、もっと気軽に肩の力を抜いて、
食事やワインを楽しんでもらえるような構成だと聞いてます。
どんな空間になるのか、こちらも楽しみです!

そして、その翌日、4月12日(金)にオープンするのが、
ヌーパピさんでサービスをしていた今川くんのお店。
c0116714_16201376.jpg

そう、和食なんです。この素敵な書は、おばあちゃんの字だそうです。
僕、当時は知らなかったんですが、彼、和食の料理人だったんですね。
まだお店に顔出せてないので、これ以上の情報はわかりかねるので、
お店のHPをご覧ください→「靭本町 がく」
どこかで作ってたのを食べたわけでもなく、知り合ったのがビストロで、
実際作るのが和食で・・・と、全く予測もつかないのが楽しみでなりません。
早く、彼の料理に会いたいです!

最後は、昨日、案内のハガキが届いたところ。
西天満のレストラン「アキュイール」が、惜しまれながら閉店してから早5ヶ月。
待ち望んだ新展開の場に中多シェフが選んだのは「福島」。
名前は「Point」(ポワン)。
c0116714_16181492.jpg

お店も料理の内容も、まだ全く僕はわかりませんが、
新たに始動した中多シェフのお店のテーブルに、
また乗せてもらえるという喜びと責任で身が引き締まります。
待ち望んでたアキュイールファンも多いと思います。
皆さん、楽しみに温かくその日を待ちましょう!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-04-10 17:05 | とりとめなく・・