「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

こんなことがありましたね。

先日の乙武さんの一件。ご存じの方も多いと思います。
楽しみにして行ったイタリアンに、
車椅子だからという理由で受け入れてもらえなかった。
サクッとそんな乙武さん側の一方的な呟きから始まった、この騒動。
ま、基本僕は見たものしか信じないので、
現場を見てない、双方から話を聞いてないことに、
首を突っ込む気はありませんが、
さすが60万人もフォロワーを抱える人が言うと、
テレビのワイドショーとかでも取り上げられてしまうんですね(笑)

ただ、世間の論点が、乙武さんの言い方がどうだ、どっちが正しいみたいな、
表面的なことをガヤって終わるのは寂しいな、と思う次第です。

ま、客観的に、乙武さんが先に言っとけば済んだことではあると思いますが、
乙武批判をしてる人の何割が、
日常的にこういうことを問題視出来てんのかな、とも思います。
そ、こんなことは大なり小なり、飲食店に限らず、
残念ながら社会では日常的に起こっていることです。
どっちがどうじゃなくてね、
乙武さんに幻滅したとかネガティヴな話だけじゃなくてね、
障がい者側が出来ること、
健常者と言われる側が出来ること、
そして一緒に出来ること、
そういうとこを優しい気持ちで考えれるとこまで、
ちゃんと議論が進めばいいのになぁ・・って思うのは、
次の話題が出来ればそっちに流れる日本人相手に望むのは、
難しいのかなぁとも思うわけです。
せめて、たまたま当事者になってしまった飲食業に関しては、
ちょっと流さずに、考えれることを考えるきっかけにして欲しいなぁと思います。
一応、HPには一年前から書いてたことですが、改めて張りつけときます。
目を通してみてもらえると嬉しいです。

NPO法人esssence 飲食店の皆様へのお願い

あと、うちのNPOでは、どちらか一方に発信することはありません。
今回の乙武さんの件では、
お店側はHPに車椅子でお越しの方へのメッセージを書いてたようですが、
なかなかそういうことをお店のHPやブログに書くほど気が回らないのが現状です。
急にそういうこと盛り込むと唐突感も否めませんしね。
でも、出来ることと出来ないことがあります。
それが、やろうとしてないと取られるのは心外です。
飲食店のお店は施設じゃなく、個人の想いや表現も含まれてます。
自動ドアじゃないから、バリアフリーじゃないから、
そんなこと言ってたらどこも同じ店になってしまいます。
ただ、そういった部分を、
僕らは補う気持ちや姿勢はありますよ、全然ウェルカムですよ、
ってな感じは、伝えたいし分かって欲しいなって思うわけです。

NPO法人essence 障がい者の方々へのお願い。
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-05-22 16:44 | とりとめなく・・