「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

釜山に行ったりしております。 おまけ編

長らくお待たせしました釜山観光案内(笑)
ですが、今回は違います。
だって、今回は100%お仕事ですから。


お昼過ぎに到着した、この日。
・・・・まずは、やっぱり食事から(笑)
c0116714_14393520.jpg

今回、会場から徒歩1分ということもあり、
2度ほどお邪魔した、こちら。
チヂミも美味しかったし、何て言うんだったけな・・・・、
ほうとうみたいな、このお鍋も美味しかったです。
c0116714_14395995.jpg

ここにコチュジャンを少~し落とすと、より美味なわけです。
c0116714_14402831.jpg


さて、今回は、「セミナー」というか、なんだろな、
「技術交流会」みたいな名目なのかな、固く言うと。
ま、そもそも「技術」なんてものひけらかすものでもないし、
ひけらかすものもない僕には不釣合いな会なんですが、
要は、「僕が知ってることで知らないことがあったら、何でも聞いてね」の会。
到着したのは、「その2」では、まだ絶賛工事中だった、イ社長の3店舗目。
c0116714_14383052.jpg

ここに来るには、結構な坂を登ってこないといけません。
「多分、釜山で一番高いとこでやってるパン屋」っていうのも頷けます。
c0116714_1439121.jpg

目の前にはたくさんの車が停まり、お客さんもひっきりなし。
そうなんです、今回の会場は、ここの厨房。
つまり、実際営業してる厨房で同時にセミナーを開催するという荒業(笑)
しっかし・・・・、9年間変わらず狭苦しいとこでやってるシュクレから見ると、
ホント羨ましくなる広さと惚れ惚れする設備・・・。
c0116714_14405784.jpg

えっとですね・・・・・・、
気の利かない助手が一枚も写真撮ってくれなかったので、
セミナーの風景がないんですよ。
辛うじて撮ったのが、この一枚。
c0116714_14441026.jpg

あ、気の利かない助手が写ってますね(笑)
そ、彼、フランスから帰ってきまして、
どうせ暇してんだろうから釜山連れて行きました。

いやぁ、やっぱり営業中ってのは大変っちゃ大変でしたね。
どうしたって邪魔したくないし、「空いてる時、教えてね」って、
窯もミキサーも場所も頼むんですけど、
向こうには、僕を優先しなきゃいけないって気を使わせちゃいますし。
ただ、いわゆる「セミナー」って会場じゃなかったので、
シェフクラスじゃない子たちの仕事を見れたり話せたりできたのは新鮮でした。
二人くらいね、良い目をして、良い動きしてる子がいました。
みんなの前でそれを伝えると、驚いてました。見られてたことに。
だってね、上の人らって、結構難しいんですよね。
「俺はこうだ」みたいなのが凝り固まってたりもする。
「その思考自体、意味ないですよ。勿体無いですよ」って言っても難しい。
本人たちは分かってるつもりですからね。
でも、本当にそれを抜き去るのは意識してたって難しい。
僕の後に成形してもらったら、平気で全然違うやり方でやっちゃうんだもん。
うちの子たちにも散々言いますが、「見てる」と「見えてる」は違います。
「見えてる」は単に目に映ってるだけ。
「見てる」は「見よう」とか「見たい」とかいう意識が絡まって動作。
この場でも言いましたけどね、「君ら全然見てねーじゃん」って。
それと同じくらい決定的なのは、「分かってる」と「出来てる」の違い。
類似してるように思われますが決定的に違います。
「せっかく新しいもん見てんだから、今までのことをゼロにするくらいで来なきゃ」
と言っても、「分かってる。そのつもりでやってる」。
意味ないっすね。出来てるか出来てないかしか判断基準はないわけです。
分かってたって出来てなきゃ意味がない。
出来てるかどうかを自問自答しなきゃいけない。
そういうとこ、日本、韓国問わず、
下手に経験ある人らがよく陥ってる泥沼ですよね。
そういう面では、逆に若い子らのほうが、明らかにピュア。
良いタイミングで的確なことを言ってあげれれば、それでずっと頑張れてしまう。
僕もそうでしたからね。あ、ピュアだったかどうかは別ですけど(笑)

・・・・と、文章で埋めてみましたが、セミナーの話題はこれくらいが限界です。
なので、やっぱりご飯の画像で(笑)
c0116714_14412183.jpg

爆弾酒の作り方です。
こーして、
c0116714_14414056.jpg

こーするわけです。
c0116714_14421611.jpg

この日は、カルビ。
c0116714_14423848.jpg

あーーー、お腹空いてきた。
c0116714_14425841.jpg

懐かしの、ユッケ。
c0116714_14432214.jpg

〆は冷麺で。
c0116714_14434287.jpg

翌朝、9時から厨房入ることになってたんで、
この日はほどほどで。だって、あくまで仕事ですからね。

ま、ということなんですよね・・・、本番だったこの日が「おまけ」なのは。
到着して、お昼食べて、数種類のパン仕込んで、晩御飯食べて、
翌朝、前日に仕込んだパンを焼きながら、
当日の仕込み(韓国で手に入る材料で)と成形のデモンストレーション。
で、お昼ご飯食べて(チヂミとすいとうっぽいやつ)、ギリッギリで空港へ。
込み入ったスケジュールの中、肝心のセミナーの模様が全く画像にない・・・。
「あくまで仕事」を繰りかえさないと、また遊びに来てると思われる恐れが(笑)

でもね、やることは一緒なわけです。
ここ岸部においても、スタッフに対しても、韓国に行ったとしても、
僕の役割はそれくらい。強い、種を撒いてあげることくらい。
だったらせめて、枯れない強い種を落として歩きたいな、
そう心から思うわけです。
いつか、それぞれの心の中に芽吹いた小さな夢が、
花や果実という形になることを自分の夢にしながら、
今日もせっせと種を撒くわけです。すぐ腐らすスタッフのために・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-09-18 22:11 | とりとめなく・・