ブログトップ

なないろめがね

ファーマーズマーケットに向けて(仮)。

ちょっとね、
ゆっくり座ってもらえるとこ作ったんで、
c0116714_20354760.jpg

そういうとこで食べたり出来るのを、
c0116714_20344482.jpg

まだ完全始動じゃないんですが、アナウンスしときますね。
c0116714_2031116.jpg

前の記事に書いた「パン ラミジャン」。
そのパンを使って始めたのが、ホットサンド。
c0116714_2037767.jpg

いやいや、ホットサンドを侮るなかれ。
ま、確実に侮ってたうちの一人なんですけどね。
だって、上と下から挟んで温め焼くだけでしょ?
それの何が・・・・と思ったら、これ美味しいのです。

以前から、小さなイートインコーナーにて、
勇気を持って食べて行かれる方には、
オーブンに入れてパンを温め直したりはしてました。
サンドイッチだって、サッと温め焼きしてから提供したり。

ですが、ホットサンドは、こいつで挟み込みます。
c0116714_20414251.jpg

「ホットサンド何個売ったら回収できんの?」ってくらい、
珍しく思い切ったやつ買いましたが、これが結構楽しい。
上下がパリッと香ばしく焼かれて、中はちょうど温まったくらい。

ま、詳細は店に来てからで。
決まってるようで決まってないのです。
大体、4種くらいは置いてます。
ゆくゆくは、5、6種くらいにはなっていくかと。

そして、そのスペースを作ろうと思い立った理由には、
やはり幾つかの出逢いもあって。

その一つは、ステキな農家さんとの出逢いでした。
c0116714_2051282.jpg

どうですか?素敵でしょ?
c0116714_20543464.jpg

愛がありますよね、愛が。
c0116714_2193564.jpg

こちらの農家さん、場所は徳島の阿波市にあります。
c0116714_20585490.jpg

名前は、「小野農園」さんと言います。
c0116714_2114776.jpg

本当にたまたま別のイベントで、
徳島産の小麦を探してた時に出逢ったんです。
で、またまたたまたま、
徳島に行く仕事が出来たんで、ご挨拶に伺ったんです。
c0116714_21145027.jpg

30年前、まだまだ全く理解もされず、
「きちがい」とか「頭おかしい」とか言われてた時代から、
農薬や化学肥料を一切使わない、
露地栽培でお野菜等を栽培しています。
で、今は、辿り着いた阿波市にて、
「小野農園」を開いたというわけです。
c0116714_21241592.jpg

逢っただけでお野菜買っちゃいそうになる2人でした(笑)

本当に美味しい小野農園さんのお野菜。
瑞々しくて強くて優しくて純粋なお野菜。
どうにかして皆さんに食べていただきたいと思ってたんですが、
なかなか前までは、仕入れても使うことが出来なかったんで。

本当にね、
今のスペースが出来たからこそ、
やれることも、お付き合いも増えたんです。
小野農園さんのお野菜、
今でこそホットサンドの横に添えられてますが、
GW明けには単体の「グリーンサラダ」として、
皆さんにたーっぷり美味しくて新鮮なお野菜を、
採っていただけるようにしますからね。
楽しみにしててください。テイクアウトも出来ちゃいます。

あと農家さんはもう一軒。
こちらはまだ面識がないのですが、
どうにか美味しいクレソンを・・・と思って探していたところ、
兵庫県中部にて、美味しいお水とキレイな空気の中で、
イタリア原産のお野菜や、日本古来の伝統和野菜を、
無農薬、無科学肥料で育てられてる、
チヨちゃんの野菜」という農家さんを紹介していただきました。
c0116714_2148375.jpg

見てもらってわかるように、
こちらのお野菜も本当に生き生きとしてて美味しい!
そして、てんとう虫も見えますか?
岸部に付いてきちゃったんですね。
こんなことも、ほっこりする瞬間です。

今、主にクレソンをいただいていますが、
生命力が半端無く、いただいてからも根が生え伸びていきます。
皆さんの思ってるようなエグみもありません。
あとは、サラダのアクセントになるようなお野菜を数種。
今日は、こんなメッセージと共に、
c0116714_21525083.jpg

クレソンのお花と一緒に、
学びや気づきもプレゼントしていただきました。
c0116714_21533948.jpg

店が落ち着いたら、必ず伺わせていただきたいと思います!

こういったステキな出逢いによって、
今回だけじゃなく、僕らは多くの気づきや学びをいただいてます。
小野農園さんには、「適当に送ってください」とお願いしてます。
せっかく良い農家さんと繋がってるのに、
僕ら程度の知識の人間が注文してたら、
必ずアイテムが偏ってしまい、つまらなくなります。
ある程度お任せで、そのときそのとき採れたお野菜を、
農家さんにも無理のないよう、偏って廃棄とかのないよう、
適当に詰めてくださいと頼んでいるんです。

岸部という町にいながら、
四六時中、小さな箱の中にいながら、
この時期の畑はどうなのか、
どんなお野菜が、どんな風に育って出荷されるのか、
教えてもらえることはとても幸せなことだと痛感してます。

いつかね、徳島から出て来てくれないかなあ・・・・。
今日もお客さんと話してたんです。
ファーマーズマーケットとか出来ないかなあ・・・って。
うちのお客さんが、直接生産者さんと触れ合って、
購入できたりする機会があればいいなあって、
あくまで独り言ですけどね。
だって、うちの周り、
小さい子供もたくさんいる住宅地なのに、
美味しくて安全なお野菜、買うとこないんですもんねえ・・・。
って、お客さんが言ってましたよ!小野さ〜ん!(笑)

さ、なんとなく、うちがどういった方向に行きたいのか、
伝わってきたんじゃないでしょうか。
・・・・と言っても、お野菜の話しか出来てませんね。
では、ちょっとだけお知らせ。
おそらくGW明けくらいからになると思いますが、
最強のパンのお供セットをお出し出来ることになりました。
その内容は・・・・未定です(笑)
ですが、おそらくメツゲライ クスダさんと、
岡山の吉田牧場さんを中心とした盛り合わせになると思います。
そこにパンとワインが付けば、ベロベロ間違い無しです(笑)

楽しみ、広がりますね。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、
皆さんの声も拾いながら、
良いものを共有できる場になっていけば嬉しいな。
僕らみたいな立ち位置の業種が、
生産者さんと、
お客さんの間の隔たりじゃなく、
繋げていく役割を意識すれば、
絶対、もっと「食」は豊かになる。楽しくなる。
僕は、そう思うんですよね。うん、そう思う。
きっと、もっと楽しくなる。
[PR]
by monsieur-enfant | 2014-04-26 21:55 | シュクレクール