ブログトップ

なないろめがね

意思表示

もうちょっと早く書くつもりだったんですが、
注文してたものが出来上がらなかったもので。
久々の、サンフランシスコです。ま、小ネタですけど。

あのね、街を歩いてると本当にたくさん目にしたのが、
c0116714_19353796.jpg

車椅子の方に向けた案内でした。

必ずと言っていい程、入り口に案内かスロープがありました。
c0116714_19391139.jpg

中には、車椅子の高さに設置された、押せば開くボタンもありました。
c0116714_19424772.jpg

もちろん、僕がお世話になった店にもありました。
c0116714_19454848.jpg

でも、日本ではあまり見たことないですよね。

僕は、こうした意思表示は、
どんどんして行ったほうがいいなって思います。
日本人特有の「秘めた思い」的なやつでは、
伝えたい相手になかなか伝わりません。
もちろん、過剰になってもダメやと思いますし、
でも無関心はもっとダメやと思います。
「バリアフリー」という施しがなくたって、
周囲の協力でなんぼでもカバーできることはあると思います。
これをやってる店が特別なわけでもエラいわけでもなくて、
サンフランシスコでは、このサインは普通でした。
眺める人も、これを頼りにする人も、普通でした。
日本では施設や病院にしかないのが普通で、
パン屋やお菓子屋に限らず、
日常で利用するお店にこういったサインがないのが普通です。

でも、これくらいの「普通」なら変えれるんちゃうかなって思うんです。

ただね、帰って来てから探すと、無いんですよ。
行政で配ってる、もしくは購入するものって、
とてもじゃないですが、あからさまだったりデカ過ぎたり、
言ってることの正当性はあれど、貼る側のことまで考えてはいません。
もちろん、意思表示が目的なんです・・・が、
お店だって思い入れあって作ってますからね。
さすがに台無しになっちゃうようなのは躊躇してしまいます。

ただね、帰って来てから探すと、無いんですよ。
行政で配ってる、もしくは購入するものって、
とてもじゃないですが、あからさま過ぎて貼れるレベルじゃないんですよね。
もちろん、意思表示が目的です・・・が、お店だって思い入れあって作っています。
台無しにされるようなものを貼り付けるのは、さすがに躊躇います。
中には「マジか!?」みたいなデザインもあります(笑)

で、これ、どこだと思います?
c0116714_21321742.jpg

あ、画像悪くてすいません。これ、うちです。シュクレです。
そうなんです、貼れるの無いので作ったんです。
NPOでの活動や、今回のリニューアルに伴うロゴを担当してもらったデザイナーさんに、
店で貼れるようにデザインし直してもらいました。
大きさはこんな感じ。昼撮影。
c0116714_21392555.jpg

あと、やはり遠慮されたりもするので、こういうのも。
c0116714_21421744.jpg

使用例は、こんな感じ。
c0116714_21431722.jpg

まだまだ社会の中での接点が少ない日本では、
その当事者の方々に対してのサインとしての意味合いの他に、
そうでない方々が目にすることで、
少しでも「気づき」が生まれたらなってことも思うわけです。
そのためには施設や病院などではなくて、いろんな方が訪れる場所にこそ、
普通にあるようになったらいいなーって思うんですよね。
大層なことは出来ませんが、やれることの小さな1つではあるのかな、と感じました。

興味を持たれた方は、業種問わず、都道府県問わず、
ご連絡いただけたらなと思います。

info@essence-since2011.com
[PR]
by monsieur-enfant | 2014-05-24 13:34 | とりとめなく・・