ブログトップ

なないろめがね

AND I LOVE YOU

1フレーズづつ、涙を流しながら歌ったんだって・・
1フレーズで、心の中のあったかいもの、揺さぶられるようです・・
単調で、同じメロディが繰り返し奏でられる・・
静かに・・空に届くように・・自らに言い聞かせるように、
もっともっと言いたいこともあるやろうに、
112秒の中に、温かく、優しく、切なく・・・切々と言葉を紡ぎます。
強さとか弱さとかって、いったいなんなんやろね・・
これだけ沢山の人に、沢山の幸せを振りまいてる人に、
神様は何の試練を与えたいんやろ

世の中にある、沢山の「当たり前」
不幸な人にだけ降り注ぐわけではない不幸
被害妄想という部屋に籠り、
悲劇のヒロインぶってる、たいした問題も抱えてない馬鹿ものたち
「愛」という名目で行われる、幾多の横暴
言葉の目隠しによって見えなくなってる、本当の「幸せ」

この歌に、「愛」だの「恋」だのというフレーズは出てきません。
そんなのいらないんでしょうね。
それでもこの歌には満ち満ちています。
愛情が、苦しいほど溢れています。
難しい言葉や、ハッとする描写もありません。
ただただありのままに
ただただ想いのままに
それを人は「愛」だと感じるのでしょう
それを「愛」だと呼ぶのでしょう

この歌を聴いて、皆さんは何を想いますか?
同情や哀れみではなく、あなたの心にどう響きますか?
上手く言えないけど、熱狂的なドリカムファンでは無いけれど
聴いてほしいな
いろんなことを、問いかけてくれるこの歌を・・
[PR]
by monsieur-enfant | 2007-12-13 13:10 | とりとめなく・・