「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

店主として、息子として・・・

しばらく短編集で。

この日は、4年前のオープンの時に手伝いに来たまま抜けれなくなり(笑)
なんだかんだとありながら、結局4年間手伝ってくれた母親の誕生日。
思えば、今まで精神的にも時間的にも余裕がなく、
な~んにもしてやれてなかったような・・・。
今になっても何が出来るわけでもないですが
かと言って何もできないわけじゃないですからね。
気持ちだけ・・・・ほんの気持ちだけ。

正確には「ババ」ですが、母親が好きな「サヴァラン」を
無理やりアントルメで作ってもらい、妹らも呼び寄せ、仕事中に「ハッピーバースデー!」
c0116714_737341.jpg

今年で60歳になり、
その60歳の身体で毎日休まず5時半から出てきては
ヴィエノワやサンドイッチ、その他食材の仕込みから、
僕らが気づかないような細かい仕事まで・・・。
息子の僕に指示され怒鳴られ(身内でも容赦ないんです・・)
店の良い部分も悪い部分も見てきた母親も、
60を区切りに辞めることになりました。

ガキの頃から迷惑ばかりかけるは、言うことは聞かないは・・。
溝を抱えたまま、なかなか大人になってもわかり合えず、
職に就き一番支えてやらなきゃいけなかった時期に早々に家を出て・・。
母親に限らず両親共々妹に押し付けっぱなし。
それでも多分僕のスタンスは大きく変わることは無いかもしれない。
でも、こっぱずかしくても、少しずつでも、感謝の気持ちは表していこうと思う。
そう、何が出来るわけでもないですが、何も出来ないわけじゃないですから・・・。

そして改めて、いろいろありましたが一緒に働けてよかったなぁ・・と。
ん~・・働けて良かった・・・というより、なかなか接点すら持てなかったので、
一緒の時間を過ごせて良かったなぁ・・・って思います。
シュクレクールという店は、僕に沢山のプレゼントをくれてます。
母親と過ごせた時間・・・これもシュクレがくれたプレゼントのような気がします。
取り返せなかった幾つかのことが、ほんの小さな幾つかのことが、
少しだけ取り返せたような気がします。

これ以上言葉を並べると、安くなりそうなので止めますね。
最後に大事な大事な言葉を書き忘れてました・・・。

「ありがとう」
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-03-13 08:17 | とりとめなく・・