ブログトップ

なないろめがね

ちょっと一休み・・・

沖縄編ちょっと中断しまして、取り急ぎお知らせです。
先週から焼いてるんですが、週末のリュスティック、再開しました。
焼き上がりはお昼頃になりますので、
その時間だといつもパンが無いと言うお客様にも
食べていただけるかと思います。

パン自体は、今までのリュスティックと同じ製法ですが、
提供の仕方が変わってます。
ストレスをかけず固まりのまま焼きこみ、焼きあがってからカットしています。
これは「みんなで分け合おう」と言う、いわゆる「友達のパン」として、
パリの大好きな店で売られてたパンのスタイルです。
後のフランス滞在記のほうで詳しく書きますが、
シェフとも話せて、自分の・・・と言うよりシュクレの今後の方向性が明確になったような
とても素晴らしい意思のある職人でした。
それともう一つ。そこに実際僕の友人が働いてます。
うちで働きたいと言ってくれてたんですが、
いろんな状況を加味したうえで渡仏を勧めました。
迷ってた顔は晴れ晴れとして、とても良い顔をしてました。
そんな想いを込めて・・・そしてそんな想いと共に過ごしたくて、
このパンを焼くことにしました。
実際はハードなパンですが、うちの製造ライン上、
週末にこれ以上の時間とスペースが見当たりません。
やもなくリュスティックでの販売となりましたが、
水分が異常に多い生地ですので、表皮も薄く、
皆さんにはこっちのほうが食べやすかったかも知れませんね。
「カットしてる部分が乾くだろ」とか細かいこと気にされるかたはご遠慮下さい(笑)
それを補うメリットがあると思ってのこと。
それと、そんなことを思い出しながら焼き、カットしてる僕の想いが、
少しでも皆さんに伝わっていただければ幸いです・・・。
c0116714_1081359.jpg

リュスティック デ ザミ
少量のハチミツと、くるみ、へーゼルナッツを練りこんでいます。
何よりもこのパンは、噛み締めることによって生まれる生地の複雑な風味を
強く意識しながら粉を配合しました。

えっと、今回の渡仏で感じてきた「まんまフランス」的なパンは
また後日紹介しますが、先日オープンしました(HPのニュース欄にて掲載中)
西天満のビストロ「ランデブー デ ザミ」にて、ご賞味いただけます。
残念ながら店頭での販売は予定していません。
完全に「料理ありき」のパンです。
こんなパン店頭に並べれるようになったら素敵ですね。
c0116714_10202136.jpg

[PR]
by monsieur-enfant | 2008-10-03 10:08 | シュクレクール