ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:イル マンジャーレ( 1 )

洗礼

1時間遅れで東京に到着。あ、飛行機乗り遅れちゃいましたから。
うちやモンテベロのスタッフが数人先乗りしてたんで一応報告したんですが、
誰も驚きはしなかったですね(笑)
「らしいな・・・」とか「やったか・・・」くらいの反応でした。

さすがに今回はホテルは予約済み。荷物を預けて早速ランチに向かいます。
今回は、そんなにスーツケースごろごろさせて歩かなかったです・・・お台場以外(笑)
麻布十番「イル マンジャーレ」
c0116714_24449100.jpg

「うわ!オシャレ!!」
何気に入った店内の第一印象は、とってもオシャレ。
オシャレと言いましても、こう・・・なんて言いますか・・・リュクスとでも言いましょうか・・・。
「東京!」って感じです(笑)
いや、大阪にも洒落た店はありますよ。でもね、やっぱり何か違うっていうか、
大阪はオシャレ空間な多少不味くても・・・的なね、
旨くてオシャレでってとこが少ないんです。
僕があまりそういうとこ行かないだけかな?
でもやっぱり「東京」って感じなんですよね~。関西人のコンプレックスでしょうか(笑)
いきなり東京の洗礼を浴びたような気がします。

さ、暑い中、えっちらおっちら来たので、スカッと泡をいただきましょう。
c0116714_24218.jpg


自家製パン
c0116714_2421959.jpg


生ハムのムース メロンのソース
c0116714_2423260.jpg

あははは!こうしちゃうんだ!
生ハムとメロンなんて、お店で食べるのは北新地で働いてたころのクラブ以来。
今更「ベタ」と言われても仕方ない組み合わせ。・・・・これが新しいんです!
ムースも食べた瞬間「あ、生ハムや」と思うほど濃厚。
ソースもちゃんとバランス取れたメロン味。
シャンパンに合わないわけはないですよね。
ある意味、バブリーなアミューズです(笑)

前菜の盛り合わせ
c0116714_2424699.jpg

僕、あんまり「盛り合わせ」って好きじゃないんですよね。
なんか、とりあえず集めました的なね、そんな雰囲気があまり好きじゃないんですよね。
山形牛たたき、三元豚のパテ アナゴとフォアグラのミルフィーユ
有機玉ねぎのムース ニシンのマリネ・・・・どれもハイクオリティです。
特に山形牛のたたきは絶品。玉ねぎのムースも甘さが際立ちます。
中央の夏野菜のマリネも、とても夏らしく爽やか。食感も楽しめました。

この日は夜があるので、アルコールだけはセーブしておきます。
c0116714_2425993.jpg


温泉卵を乗せた冷製カルボナーラ トリュフの香り
c0116714_2431353.jpg

これこれ。夜のことを考えて、
もう一皿少ないコースにしようと思った時に目に留まりました。
上に添えられてるのはパルメジャーノかな?サマートリュフもたっぷりです。
特筆すべきはその香り。「サマー・・・トリュフやんな?」って思うくらい、
トリュフ臭ぷんぷん。そこに絡まるチーズに温泉卵。反則です(笑)

サンマと万願寺唐辛子のスパゲッティーニ
c0116714_2433142.jpg

パスタ二皿目。これは普通。いや、美味しいんですけどね。
サンマも細かすぎてどこにいるかわからず、
万願寺も、ここまで細かくしなくても・・・という印象。ま、食べやすいんですけどね。

富士川マスのポワレ 野菜のピュレ
c0116714_2435453.jpg


ドルチェの盛り合わせ
c0116714_244116.jpg


エスプレッソ
c0116714_2443221.jpg


うん、美味しかったです。
ボリュームも満足でき、味も良かったと思います。
ただ、夜になるとパスタが平均2500円。ちょっとCPが・・・・ね。
ですから断然コースがお得。ランチもお得感ありです。
何より空間が非日常。都会の中での手軽な気分転換になりますね。
あの冷製パスタだけでも来る価値ありです。
でも逆に、東京ではこの手の内装、多いのかな?

夏休みの東京、幸先の良い滑り出しでした。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-09-01 19:21 | イル マンジャーレ