ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:オーボン ヴュータン( 2 )

ある日のいただきもの。
c0116714_234665.jpg

知ってはいましたが現物をこの尺で見るのは初めてです。
c0116714_244100.jpg

まるで植木でも入ってるかのような箱の中身は、
c0116714_241523.jpg

固定用の紙の量も半端じゃないっすね。
なかなか頭も見えません。
c0116714_24599.jpg

やっと原形が姿を現し始めました。
c0116714_262025.jpg

「ガトー ピレネー」
バスク地方・ピレネーの山奥で作られたもので、
今では本国ですら自家製で作ってる店は無いというお菓子です。
c0116714_271812.jpg

いやぁ・・・圧巻ですね。
早速切り分けて、みんなで美味しくいただきました。
c0116714_295369.jpg

c0116714_2101064.jpg

このガトー・ピレネーはね、
知り合いがわざわざ、この箱を東京から提げて届けに来てくれたんですよ。
夏休みで帰省する途中(え・・っと、四国のどこか)、全然ついでじゃないのに、
わざわざ大阪に立ち寄って更に岸部まで持ってきてくれたんです。

彼とは、彼が神戸で働いてた時に、
休みの度にシュクレに来てくれてたことから縁が生まれました。
イートイン席で、散々説教・・いやアドバイスをした記憶があります(笑)
「ぐだぐだ言っとらんと東京行ってこい!」
彼は一念発起して東京のパティスリーで働くことにしたんです。
僕、想いって抱えてるだけじゃ輪郭も見えないし形には絶対ならないと思うんです。
行動に移して、情熱を形に変えて、その道が合ってる間違ってるだの言う前に、
想いを具現化する為に生き始めることが大事なんだと思うんです。
彼の一歩は嬉しかったなぁ・・・。
説教・・・いやあくまでアドバイスですが(笑)、背中を押すことくらいは出来たのかなぁ、
って思ってる矢先、彼が辞めたとの噂。
そこからずっと音信不通だったんですよね。
「あ~あ・・・、この仕事も辞めちゃったのかなぁ・・・」
と思ってたら、大阪某店にてバッタリ。
いろんな話は間接的には聞いていたものの、
僕、本人から聞くまではそれらは単なる「情報」として処理してるんです。
本人の話と照らし合わせて初めて「真実」になるわけです。
誤解とか偏見とか噂話とか、
そんなつまらないものに少しでも感情を揺らされることすら嫌悪感に苛まれます。
「真実」は、一つしかないのですから、
その一つに触れるまでは他の話は全て架空もしくは暫定でしかないんです。
自分の目で見たもの、耳で聞いたもの、心で感じたもの、
それが僕の「真実」です。

「お店においでよ」
それくらいしか話さなかったんじゃないかな、その時は。
後日、彼はシュクレに来てくれました。
来たかった、と。 でも合わせる顔がなかった、と。
辞めた理由は詳しく聞いてません。そんなのはどうでもいいんです。
彼が彼なのか、それを会って自分自身で確かめたかったんです。
僕の中の真実は、彼自身ですから。

彼は彼でした。いや・・・もっと大きくなってました。
「実は今、オーボンヴュータンで働かせてもらってるんです」
鳥肌が立ちました。
僕の思う国内フランス菓子店の最高峰。あくまで最高峰です、最先端ではなくてね。
いや、店名に鳥肌が立ったんじゃないんですよ。
神戸でグダグダ煮え切らなかった青年が、
一念発起して向かった東京で一度夢破れ、
そこから自分の意思でさらに厳しい環境へ自分を追い込んだっていう気持ちに、
思わず鳥肌が立ちました。
一店舗目で成果を上げ、意気揚々とステップアップしたわけではありません。
おそらく「このままじゃダメだ!!」と自分を奮い立たせたことでしょう。
強くなったね・・・。知らないとこで懸命に闘ってたんだね・・・。
彼が僕に示してくれた「真実」は、やっぱりここにしかないたった一つのものでした。

販売で接客を担当する期間を経て、彼は今、厨房に立ってます。
その彼が今、「ガトーピレネー」を任されてるそうです。
初めて見るガトーピレネーが、彼の作ったガトーピレネーになるとは・・・。
河田シェフのが見たかったのに(笑)。

長い道程を経て届いたお菓子。
そこには長い道程を経て辿り着いた、一人の人間の「今」が在りました。
彼の人生、まだ当然過程なんですが、過程が全て過程ではありません。
過程の中でも通らなきゃいけない道や残していかなきゃいけない結果があるんです。
今の世の中、楽して生きることは難しくないでしょう。
苦しみや辛さを伴う仕事は若者にはナンセンスなのかもしれません。
でもね、いつ心を鍛えるのでしょうか?
何度も言ってるように、学生生活も終わり「先生」と呼ばれる人たちから離れ、
自立し親からも離れて行かなきゃいけなくなる社会人にとって、
仕事とは、自分自身を磨く大きな基軸になるわけです。
職種の選択は、いわゆるカンナやヤスリの選択のようなものであって、
どの道具を使って自分を磨いていくのかの選択なわけです。
みなさんは、自分自身を磨けてますか?
苦しみや辛さを伴う仕事は確かに選択するのに勇気がいります。
肌に当てればザラザラするだろうし、擦れば痛いでしょうし。
見たからに痛そうなものを手にするより、
痛くなさそうなものを手にしたくなるのもわかります。
でも、摩擦係数の少ないものが、
まだまだ未熟でこれから磨きあげなきゃいけない人間を、
輝かすことが出来るのでしょうか?
普通はね、摩擦係数の少ないものは、
最後の仕上げに近づくにつれて選択するもんですよ。
それを生易しいヤスリを最初から選んだ時点で、
多分その人の先は見えてます。
だって、それは「磨いてる」んじゃなくて単に撫でてるだけの行為ですから。

先程の彼、僕の想像以上のカンナを手にしました。
自分で、自分の意思で、あえてそれを手にしました。
僕もね、かなり摩擦係数の高い人生を、公私ともに送ってきてますが(笑)、
僕の場合は、半年に一回くらいの割合で目の前の景色が変わってますから、
彼のように自分の意思で選んだというよりは、
慌ただしく変わる景色の中で掴んだカンナやヤスリが、
「またかよ!!」ってくらいことごとくザッラザラで、
自分の意思はさておき、それを使わざるを得ない状況だったんです。
ですので僕がしたことは一つだけ。
目の前の状況から逃げなかったということだけです。
あとは環境や出会いが、ろくでもない僕を磨いてくれたんです。
彼は自分で選択しました。僕とは違います。
そんな彼を尊敬してます。全部じゃないけど尊敬しました。
僕、あんまり「負けちゃいられない」とか思いませんが、
彼には「負けちゃいられない」と思わされました。

そう思わせてくれたことに、「ありがとう」。
そんな君でいてくれたことに、「ありがとう」。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-08-16 02:48 | オーボン ヴュータン

巡礼

さて、東京は3日目になります。
先日の横浜からの帰りが予想以上に遅くなり、
渋谷に着いたら終電終わってまして(笑)
なんかここでタクシー乗ったら負けた感があるので歩いて帰りましたが、
渋谷から赤坂見附までは5駅ぶんくらいあり、さすがにきつかったです。
初日も六本木から歩いて帰りましたし、
東京という街にもにちょっと疲れてきたこともあって、
「もう帰ろかな・・・」 大阪が恋しくなってきちゃいました(笑)

この日は朝からパティスリーへ。
今、たまたま知り合いが働いてるのもありますが、
とりあえず東京に行った際には寄るようにしてるお店です。
尾山台「パティスリー オーボン ヴュータン」
c0116714_4571313.jpg

ま、僕がとやかく書く必要はないでしょう。
ってか、恐れ多くて書けませんが・・・と言いながら少し前に書きましたが(笑)
旨い不味いの味覚ももちろんですが、それ以外の部分を考えさせられるお店です。
食べたいものがあろうがなかろうが、
もし僕の嗜好が変わって美味しいと思えなくなろうが、
このお店が存在する限り・・・河田シェフがおられる限り、
ずっと通い続けることでしょう。
目先の味覚の小細工や、アイデアの斬新さでしか勝負できなかったり、
メディアやお客さんに「うける」ことしか意識できないお店が多い中、
本質を見つめ続けた数少ない「生き様で人を惹きつける」お店じゃないでしょうか。

いただいたのは「オーボン ヴュータン」と「パラディ」
c0116714_544989.jpg

甘さのレベルやアルコールの使い方、もったりとした舌触りなど、
明らかに「今」ではないお菓子。
でも「今ではない」という表現は決して悪い意味ではなくてですね、
今東京の多くのパティスリーが作ってるのは「パリのお菓子」。
おそらくうちもその部類に入るんでしょう。
でも河田シェフのお菓子は紛れも無く「フランス菓子」。
僕の中では「フランス菓子」と「パリのお菓子」はちょっと違うんですよね。
細かくいうとパリにあるお菓子が全部「パリのお菓子」ってわけではないんですけどね。
どっちかというと「生菓子」について、の話です。
ちなみに唯一「イデミ スギノ」だけは、「杉野シェフのお菓子」やと思います。
「違い」はあくまで僕の主観の区別であって、
良し悪しとは別問題ですので悪しからず・・・。
c0116714_531348.jpg

さ、朝の珍しくゆったりしたオーボン ヴュータンでの時間。
知り合いの元気にやってる顔も見れましたし、そろそろ御暇するとしましょうか。
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-09-09 05:39 | オーボン ヴュータン