「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:フランス食堂 クネル( 1 )

おそらく世の中で一番幸せオーラ全開な「結婚式」という時間を終え思うこと。
「・・・・幸せ・・・かぁ」
足元の小石を寂しく蹴りながら呟きました(笑)

うう・・・こういう時、一人は辛いですね。
賑やかさから放たれ、知らない夜の街を歩く。
一人で歩く。一人で来たから一人で歩く。うん、そりゃそやねんけど。
・・・・こりゃ飲むしかないでしょ(笑)

札幌 「フランス食堂 クネル」
c0116714_248896.jpg

昼12時に始まり、
結婚式でもいただき、
本日3食目のフレンチ(笑)
c0116714_3164519.jpg

扉、良いですよね。
この後、何枚も良い感じの扉が出てくるんですが、
マダムに聞くと、結構北海道にはこの手の扉が多く残ってるんですって。
c0116714_3191941.jpg

扉を開けると小さな部屋が。
北海道ならではですね、防寒室。
開けてすぐ室内だと寒すぎるんで、ここでワンクッションおくんです。
で、次の扉を開けて店内へ。
c0116714_321553.jpg

これも良い扉ですよね。味があります。

奥のカウンターに座ります。一人で(笑)
c0116714_328869.jpg

目の前にあるのはオルゴール。手で回すんですって。
オルゴール好きとしてはなんだか嬉しくなります。
c0116714_3313090.jpg

橋本夫妻の幸せに乾杯! ついでに僕にも幸あれ!(笑)

クロックムッシュ
c0116714_3354961.jpg

アミューズでクロックムッシュは初めてですね。
なんだかホッコリします。

オマール海老のテリーヌ
c0116714_3372051.jpg

ボリュームありますね。
中にはちゃんと身も忍ばせてあります。

パン
c0116714_341112.jpg


白をカラフで。
c0116714_3414589.jpg

ビストロですもん。ガブガブ行きたいですよね。
決して寂しさを紛らわすわけじゃないですよ(笑)

桜マスのマリネ 皮目焼き グリーンアスパラガスと・・・
c0116714_345999.jpg

旨い!3食目のフレンチでも旨いもんは旨いんです(笑)
「皮目焼き」と、わざわざ書いてあるのもわかるくらい、これ重要。
ガルニ1種類分以上の存在感。
ボリュームもあり単調になりがちなマリネを引き締めます。

テリーヌやマリネのビジュアルで気づいた方もおられるかもですが、
そうです、斎須シェフの「コートドール」出身なんです。
まだ全然書けてませんが、5月に伺ったばかりでしたので、
そのお弟子さんのお店ってどんなんやろ・・・って興味あったんです。
やっぱ「色」ありますよね、斎須シェフの。
東京のカラペティ・バトゥバもそうでしたが(こちらもまだ書けてません・・・)、
やってることがきっちり古典なんで、色が出てても全然嫌な気しません。
それらを踏まえて、自分たちの店で表現し提供してると感じれます。
でもね、表面的なことしかやってないシェフの店って、
巣立った子も結局表面的なことしか見れてないんですよね。
時流にもてはやされただけの店を出た時には、
もうすでにその店は「過去」に置き去りにされてしまってるんです。
それに気づかず同じ過ちを繰り返してしまってるお店も少なくありません。
「本質」を知らずして、表現など在り得ませんから。

さ、店名にもなってるスペシャリテです。
c0116714_1331839.jpg

1日2食もクネルを食べるのは珍しいですね。
っていうか、日本に帰ってきてから、
多分2、3回くらいしか食べる機会もなかったんじゃないかな?
メニューに載せてる店も少ないのに、スペシャリテにしてるお店2件。
こうなりゃ食べるしかないですよね。
ビジュアルからそそられるクネルさんのクネル。
美味しくいただきました。

さすがにデセールは無理でした・・・。
しかも上の3品、全部前菜ですよ、このボリュームで。
お店はとっても家庭的。
マダムがかなり素朴な良い空気を醸し出してたもので、
てっきりマダムが北海道出身なんだと思ってたらシェフのほうでした(笑)
遅い時間だったにも関わらず、お客さんはいっぱい。
みんな楽しそうで、気軽に好き勝手に使ってる感じ。
あ、トイレの扉も良い感じでしたよ。
c0116714_13365370.jpg

外に出た時は結構な雨。
でも美味しい料理、温かい空気で満たされた後の雨は、
なんだか優しい雨でした。
c0116714_13382892.jpg

3食フレンチでしたし、
歩いても20分くらいって言われたので、
マダムに道を聞き、地図をもらい、
雨に打たれながらゆっくり歩いて帰ろうと思ったんですが、
10分ほどで完全に迷いました(笑)
「無理!」と思い、すかさずタクシーでホテルに向かいます。
あの・・・・タクシーで20分くらいかかったんですけど。
歩いてたらシャレならんかったわ・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-06-28 02:41 | フランス食堂 クネル