「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:懐石料理 枡田( 1 )

母子二人で・・・。

やっと、このブログも5月に入りました(笑)
ちょっとスピードアップしてサクサクッと行かせてもらいますね。

一応、僕の誕生月である5月。
最初にお祝いしてくれたのは、珍しく母でした。
c0116714_133453.jpg

心斎橋 「懐石料理 枡田」
c0116714_134991.jpg

5月でしたが既にかなり暑かった記憶が・・・。
ビールを空きっ腹に流し込む。
c0116714_14967.jpg

たけのこ 鯛の子の煮こごり ホワイトアスパラ 木の芽のジュレ
c0116714_14372.jpg

これ、良かったです。3ヶ月経って覚えてるものって、
本当に美味しかったんでしょうね。
c0116714_15149.jpg

毛ガニとウニのひろうす
c0116714_15152.jpg

わかめもたっぷり。

お酒は富山の勝駒。
c0116714_15311.jpg

お造り
c0116714_154776.jpg

鯛 鰹たたき 紫蘇の花のゼリー寄せ

煮穴子
c0116714_16639.jpg

下には百合根と山芋のピュレが。
ちょんと乗せられた山葵の香りがなんとも爽やかに鼻を抜けます。

八寸
c0116714_162686.jpg


後半は福井 黒龍で。
c0116714_165559.jpg

季節が映し出された素敵な絵皿に、
c0116714_183389.jpg

これなんの魚か忘れちゃいました・・・。
c0116714_171527.jpg

天麩羅
c0116714_185444.jpg

きす こごみ
後からかきあげも出てきます。
c0116714_191097.jpg

小エビと空豆だったかなぁ・・・。

賀茂ナス 湯葉餡かけ
c0116714_193382.jpg

こりゃ嬉しい!
ポーションでかいのが出てくると、男性陣はテンション上がるでしょ。
茄子・・・・しみじみ旨いですねぇ。

お漬物
c0116714_111754.jpg

そして目の前にドンっと登場。
c0116714_1113516.jpg

今日は鯛飯です。
c0116714_11159100.jpg

母が満腹でしたので、ほぼ一人で完食。
c0116714_1122894.jpg

蓋開けてない写真しか撮ってなかった(笑)
c0116714_1125686.jpg

えっと、デコポンとか使ってたかな。
c0116714_1132536.jpg

やっぱ日本人の〆はお茶ですなぁ・・・。
c0116714_1134874.jpg

「枡田」さんは、母の好きなお店なんです。
行きたくて行きたくてやっと行けた時や、
精神的に落ち込んでた時に妹が連れて来てもらったこともあるみたい。
結婚前の妹と旦那さんと一緒に会食したのもここだったみたい。
「母が好きな店」以外の情報は、今回食事しながら初めて聞いたダメな長男です・・・。
でも母から食事に誘われることは、家以外では滅多に無くて、
それが「枡田」さんだったってことは、なんだかじんわり嬉しくて。
どんな店だなんてことは関係なく、
母の思い入れの強いお店に連れて来てもらったのが、
なんだかじんわり嬉しくてね・・・。
大阪来てからもう30年になりますが、誕生日も36回目になりますが、
そういや初めて誘われたわけで(笑)。

自分の好きなお店で安心したのか、
珍しく母が酔ってしまい、大阪⇔岸辺間で途中下車。
宵のホームに母子二人、思い出話で酔い覚まし。
当たり前に出てくる共通の話題。
当たり前ですよね、親子なんですから・・・。
いつもそばにいてくれた、
その「当たり前」に今更ながら感謝です。

さ、そろそろ夜風に吹かれて帰るとしましょうか。
[PR]
by monsieur-enfant | 2010-08-23 01:16 | 懐石料理 枡田