「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:エチョラ( 1 )

アンバランス。

さてさて、
やっと夏休みの記事も終わり、
完全に記憶が無くなってるところや、
よく登場するところはちょっと端折らせていただき、
なるべくスピードアップして「今」の記事を書きたいと思ってる次第でございます。

えっと、今回は昨年7月にオープンしたお店のご紹介。
オープン時から気になってて結構早く足を運んでたんですが、
まさかアップがこんな遅くなるとは(笑)
毎回欠かさず道に迷う僕でも分かりやすい場所と店構え。
西区 靭本町スペイン・バスク料理「エチョラ」
c0116714_3191616.jpg

人数も多かったのでテーブル希望でしたが、
団体さんの時間が推してたので結局そのままカウンターで完食することに。
c0116714_3192937.jpg

オープンしたて(当時)のキレイな店内。
c0116714_3194080.jpg

とりあえず、泡で乾杯・・・離れ過ぎてて乾杯できないっすけど(笑)
c0116714_3195220.jpg

こっからはザックリいきますね。
c0116714_3212690.jpg

フォアグラのコロッケ
c0116714_3215245.jpg

おお・・・こういう感じで来るんや・・・。
もっと何て言いますか、バルですから、ざっくばらんと言いますか、
気を使わずドン!みたいな感じかと思いきや・・・うん、上品。

スペインワイン、全然わかんないんでお任せしてます。
c0116714_32261.jpg

お若いのかな?ソムリエさんがオーナーさんなんですね。

明石ダコのガリシア風
c0116714_3221783.jpg

おお・・・盛りっぱなしかと思いきや、キレイに盛り付けられてる・・・。
うん、何となく楽しみ方がわかってきたような。

牡蠣。燻製してたかな?
c0116714_3225769.jpg

泡だって使っちゃいますよ!
慣れてきた!楽しい!美味しい!

ピキージョピーマンの何か詰めたの
c0116714_3231991.jpg

旨い!切ると断面も鮮やか!
c0116714_3233186.jpg


なんかのタルタル
c0116714_3234999.jpg

いや、でもね、ホントに総じて旨かった記憶だけはあるんです。
ほら、ワインもすすんでるわけですし。
c0116714_324255.jpg

イベリコ豚のチョリソ
c0116714_3294451.jpg

パン
c0116714_3365430.jpg

パンがね、勿体ないなぁ・・・と思って聞いてみたら、
「スペインにいた時は、ずっとこんなんだったんですよ」とのこと。
なるほどなぁ・・・。良い悪いではなく、想いを繋ぐアイテムなんですね。
うちも売れる売れないじゃないパンもありますし。
・・・・でも、それ説明しなきゃ単純に不味い冷凍パン置いてる店だと思われちゃいますよ。

剣先イカの詰め物 イカ墨ソース(多分・・・)
c0116714_3295847.jpg

さて、赤にシフトしまして・・・
c0116714_3303555.jpg

羊の炭火焼!!
c0116714_330528.jpg

とジャガイモ!!
c0116714_331641.jpg

旨し!!
むしゃぶりつく贅沢。
ジュの受け皿になるジャガイモ。
あ~、至福の時間。

あさりご飯
c0116714_3312157.jpg

スペインだけあって、米系もメニューにあるんですね。
c0116714_3313657.jpg

ご飯で〆、日本人には嬉しい限り。

・・・これは、デセールに当てたのかな?
c0116714_331524.jpg

チョコレートケーキ
c0116714_3342011.jpg

クイッとエスプレッソ
c0116714_3343796.jpg


面白いお店ですね。
いろいろいろいろアンバランスというか、
うん、ここはここで、これでバランスが取れてたのかも知れないですけど、
オープン当初という不安定感もあったかもしれませんが良い意味でアンバランス。
今はこなれて来たのかな?また再訪してみたいと思います。
料理はかなりレベル高いですよ。
バルを低く見てるわけじゃないですし、バルにはバルの良さがあると思いますが、
十分ハイクラスでも通用しそうな料理人。
それはね、皿の上だけじゃなくて、です。
厨房での立ち姿、挑む姿勢、表情や目つき、
職歴だけご立派で何を学んできたんだか・・・って輩が多い中、カッコいい料理人です。
あ、オーナーソムリエさんも人当たり柔らかな男前でしたよ。
ちょっと心配だったのが、店のスタイルと料理の温度差。
全然良いんですよ、枠組みなんてね。
要はお互いが納得して楽しんでやれてるのかどうか。
だってね、バルというスタイルの中だと、
料理の価格は勿論、カトラリーにも制限が出てくるわけじゃないですか。
それでもそこに一手間二手間、盛り付けにも手間暇かけて、
レストラン寄りの料理を出してくるわけですよ。
「大丈夫?納得してやってます?」
ま、直接聞いたんですけどね(笑)なんてお節介な僕・・・。
大丈夫とのことでしたよ・・・って、シェフ交代とかしてないでしょうね!?
続けてくれてたら、それが今はこのお店独自の色となり、
他のバルでは出そうと思っても出せない強みに変わってるんでしょうね。
ホント、近々お邪魔させていただきます。
c0116714_334497.jpg

僕、人の顔と名前が全く覚えられなくて、
先日も何度も行ってるお店のスタッフの子を認識しておきながら、
別の元スタッフの子と混同して話してたくらいですから(笑)
しかも、ついこないだ予約の電話を入れた時のことを覚えてて、
「すいません、途中まで岩永さんってわからなくて」と謝られ、
「いいやいいよそんなの。声だけじゃわかんないよ」って喋ったその矢先に、
「面と向かって話してるのに人違い」という、
倍返しじゃ済まない失礼をしてしまいました(笑)
いや・・・ホントごめんね。
この日も、「どっかで見たことあるなぁ・・・」って女性が遅く来られて、
ちょくちょく目が合うから知り合いだったらマズイし・・・・あ!ライターさんかな?思って、
「あの・・・どっかのライターさんですか?」と聞くと、
「違いますけど・・・」って。
最悪!!超恥ずかしい!!シャイシャイボーイやのに!!(笑)
と思ってたら、オーナーソムリエさんの妹さんだったみたいで、
よくシュクレに来てくれてたんだそう。
あ・・・だから「どっかで・・・」ってなったんですね。
そういやそうだ。お店で見たことあるある・・・・あったかな?(笑)

ま、そんな御縁もあった残暑厳しい夜のお話でした。
[PR]
by monsieur-enfant | 2011-01-31 04:15 | エチョラ