ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:美味しい食べもの届け隊( 2 )

匂いがしてたのか喧しかったからか、
ちょっと前からもう並んで下さってたんです。
そんな楽しみにしてくださってた方々を前に、
いよいよ青空レストラン開店です!!
c0116714_20285311.jpg

「大体、150食くらいだと思うよ」とスタート前に聞いてたんですが、
あっという間に200食に迫る勢い。
前衛でスープを注いでる米田シェフは超大変そうでしたが、
ひたすらポテト揚げてる生江シェフと、基本パン詰めるだけの僕は結構余裕。
時折吹く突風からお弁当箱を守ったり、
目につくところのサポートをしながらも、
揚げたてのポテトをパクリ!旨過ぎです!中、トロトロですよ。
c0116714_202992.jpg

そうなってくるとあれですよね、あれ欲しくなりますよね。
c0116714_5211154.jpg

いや、そういう意図じゃなくてですね、あくまで防寒としてですね・・・。
それに藤巻さんに勧められたら飲まないわけいかないでしょ?
実際、この勧めに乗って、
何杯SALONEでワイン飲まされたかわかんないっすよ(笑)

僕がいただいたのは右端の「なまら」。北海道のお酒。
これが旨かった〜!食事前に勧められるがまま4〜5杯飲んでます。
c0116714_20292568.jpg

そんなこんなで、列もお弁当も大体無くなり、
「じゃあ、あと5分くらい待って終わりにしましょうか」と一段落着いた頃、
食べ終わった方々が通りすがりに「美味しかったです」とか、
「寒い中ありがとう」と声をかけて下さる中、
一人のおばあちゃんが、わざわざお礼を言いに戻って来てくれました。
c0116714_2029441.jpg

マスク越しだったうえに、
僕も少し離れてたので最初よく聞き取れなかったんですが、
繰り返し聞こえるフレーズの中に、
「こんなハイカラなパンを・・・」という言葉がありました。
「それ作ったの、あそこのメガネかけてる・・・」と紹介してもらったので、
「はい!僕です!」と手を挙げて近くにいくと、

「こんなハイカラなパンをいただけて・・・。
 生きてると・・・こんな良いこともあるんだ、って・・・。」

と涙を流しながら伝えてくれました。
・・・完全に不意打ちでした。
僕らなんてキュイジニエあってのブーランジェ。料理あってのパンです。
まさかパンのこと言っていただけるなんて思ってもみなかったですし、
まさかまさか、涙を流して有り難がってもらえるなんて、
夢にも思ってませんでした。
情けないかな、気の効いた言葉一つ返せず、
ただただ溢れ出るものを堪えるので精一杯でした・・・。

たった一度来ただけです。
周りには何度も来てる方たちもいるわけです。
おばあちゃんの言葉に、素直に涙を流せなかったのは、
初めて来た人間が、しかも誘っていただいてやっと来たような人間が、
そんな想いをいただいて、軽々しく感動して良いものか・・・との、
葛藤というか戸惑いがありました。
今まで足を運べなかった言い訳の中には、
「自分みたいな誰も知らない人が行って、誰が喜んでくれるのか」
「大した人数をフォローする力もない店に、一体何が出来るのか」
世の中、芸能人や有名スポーツ選手が被災地を訪れニュースになり、
訪れるだけで元気や勇気を与えれる影響力のある人たちがいる中、
僕なんて「誰?」やし、「何が出来るの?」ですし・・・。
でも、こうして目の前のおばあちゃん一人涙を流してもらえて、
「それで十分じゃないの?」って思わせてもらえました。
僕が誰だって構わないし、知られてなくたって問題じゃない。
たくさんの人数をフォロー出来なかったとして、
じゃあ何人フォロー出来れば足を運ぶの?ってことでしょ?
・・・そんな小さなこと、どうでもいいんです。
目の前の人一人涙を流してくれた、その事実、それが全て。
その為に全ての時間と労力があったとしても、僕は全く惜しくない。
喜んで協力してくれたうちのスタッフたちだって、
きっと、それで納得してくれるはず。きっと、同じように喜んでくれるはず。
食べに来て下さった方々の「ありがとう」は、
それだけ透明で、どこまでも広がる温かさを伴った言葉でした。


皆さん、ありますよ。
まだまだやれること、ありますよ。
関東、関西、関係なく、飲食に限らず有名無名関係なく、
やれること、たくさんあります。喜んでもらえること、たくさんあります。
今回集まってくださった被災地の皆さん、
どこのレストランかなんておそらく知りません。
ブーランジュリなんて言っても何語かもわからないでしょう。
でも喜んでくださいました。労ってくださいました。
復興してるところ、あると思います。
じゃあ終わったのかというと、まだ何も終わってません。
始まってないとは言いません。でも、始められない人たちがいるのも事実です。
行くことが偉いわけでも、何かしたからスゴイわけでもありませんし、
人それぞれ支援の仕方は違うと思いますし、それで良いと思います。
でも、もし僕のように躊躇ってる方がいるのなら、
思いきって足を運んでみて下さい。
一年経った今、決して早くはないかも知れませんが、
決して遅いわけでもありません。
3ヶ月頃にはその時の、半年頃にはその時の、そして今は今の、
必要なものや求められてるものは変わってるはずです。
誰かと同じようにとか、あの時と同じようにとか、必要ないと思います。
今出来ること、自分にやれること、それだけでいいんじゃないでしょうか。
人一人、「ありがとう」、そう言ってもらえただけで、
十分意義は生まれるのではないでしょうか。


お弁当もほぼ無くなり、なんとか喜んでいただけたような感もあり、
さてさて、続いては密かに楽しみにしていたお昼御飯。

今回の指揮を取ってくれたレフェルベソンスの生江シェフの話あり、
c0116714_2030054.jpg

「美味しい食べもの届け隊」代表の藤巻さんの話あり、
c0116714_20301691.jpg

お弁当あり!
c0116714_20305659.jpg

パンにガトーにボンボンに、
c0116714_20311381.jpg

虎やさんのお汁粉もありです!!贅沢!!
c0116714_20312758.jpg

さっそくハンバーガー作りに勤しみます。
c0116714_20314116.jpg

このハンバーグ、パンに野菜のビーツを持ってきたので、
野菜繋がりで蓮根を食感のアクセントに使っています。
そしてソースは予想外のレモンソース!
もちろん酸はとれてますが、爽やかでコクのあるソースを纏ったハンバーグ、
その着地点は「ボルシチ」だったそうです。楽しんでますね!

結構「肝」だったのが、このピクルスのアッシェ。
良い酸味が全体を引き締めてました。
c0116714_20315446.jpg

トマト乗っけて、
c0116714_2032794.jpg

レタス乗っけて・・・・、あ、レタス一番下の方が良かったかな?
c0116714_20322511.jpg

ま、いっか!と、問答無用で赤いパンで蓋をする。
c0116714_20324082.jpg

そのパンに齧り付きながらいただくのは、
下にとろけるチーズを忍ばせた、Hajimeさんのオニオングラタンスープ。
c0116714_20325365.jpg

更に仕掛けがあり、別添えの「後乗せサクサク」付き。
c0116714_2033534.jpg

うちのバゲットをムースリーヌ型で焼いたのを届け、
それを薄くスライスした後、抜き型で丸く抜き、
そこに予めチーズを乗せて揚げてます。
それを飲む直前に上に乗せて、浸していただきます。
c0116714_20331983.jpg

みんな、ひたすら食べてます(笑)
c0116714_20333391.jpg

ハンバーガー、自分で組み立てていく過程は楽しかったなぁ・・・。
女川町の皆さんも、そう思って楽しんでくれてたら嬉しいなぁ・・・。
そんなことを思いながらいただいたお弁当、最高でした。
更に、虎やさんのお汁粉、これまた美味しかったです!!

先に、「今は今で求められてるものがある」と書きましたが、
この「美味しい食べもの届け隊」の活動は、「炊き出し」じゃないんです。
あくまで「青空レストラン」。
もちろん、「何でも良いから温かくて食べれる物」、
そんな時期もあったと思います。
でも今は、生きるための「食糧」なら何とか手に入るようになっています。
今求められてるのは、単なる炊き出しではなく、
会話や笑顔がこぼれる食事なんだそう。
現地では、現地でしかわからない様々な問題があります。
その問題の間の小さな隙間、
それらが目に見えない隔たりを生んでることもあるようです。
今回参加してくださった猟師の小野寺さんが仰ってましたが、
「東北の人は本当に我慢強い。だから何とか耐え凌ぐことができてる。
だけど、その我慢強さが次の段階へ向かう時の弊害にもなっている。」
つまり、抱え込んだまま、人と人の繋がりが生まれにくい状態で、
地域ごとでも、特に地の人ではない方も多い仮設住宅では、
コミュニティが生まれにくいのが現状だそう。
それを、こういう活動で少しでも解消できたなら、
食べることが食欲や空腹を満たすだけでなく、
そんな役割も担うことも期待してもらえてるのなら、
やはり飲食に関わる人間が率先してやるべきことなんだと思います。
「あの赤いパン、気持ち悪かったねぇ」
「最初にハンバーグ乗せた?レタス乗せた?」
「スープの中のチーズ、とろとろで美味しかったね」
「ピンクのケーキ、あれ何味なの?」
「お汁粉、お餅も入ってたねぇ」
この日の活動が皆さんの心の中に「話の種」をバラまけて、
ちょっと思い出した時にでも、会話の花を咲かせてもらえれば、
こんなに嬉しいことはないんですけどね・・・。

「岩永さん、サインしてください!」
と声をかけられ振り返ると、「青空レストラン」の看板の、
店名とメニューの後ろにシェフのサインを書くのだと。
「サインですか?そんなのあるわけ・・・・え!?マジで!?」
c0116714_2374053.jpg

既に生江シェフは書き終わり、米田シェフも慣れた手つきでサラサラッと。
なんか、やっぱフレンチのシェフは、やることスマートですよね〜。
「えっと・・・・えっと・・・・・」
岸部の田舎者はもちろんサインなど作る必要性もないので在る訳もなく、
c0116714_20343175.jpg

思いっきり平仮名で「ただ名前を書く」という行為をさせていただきました。

さて、片付けも終わり、最後にお別れの全員写真。
c0116714_20344954.jpg

なんか充実感とかより、寂しさが勝ってました。
声をかけてくれたおばあちゃんや、
元気な子供たちへの名残惜しさもありましたが、
それくらい、この面々でやれたことは僕には感慨深いものでした。
メニューを決めるやり取りがあり、
各店、途中経過の画像を送りあったり、
それに対していちいちリアクションがあったり、
なんかね、純粋に楽しかったです。
「仲間」扱いしてもらえたこと、本当に嬉しかったです。
だから、それが終わっちゃう寂しさのほうが強かったんです。
相変わらず圧倒的リーダーシップを発揮されてた「届け隊」代表の藤巻さん、
人見知りの激しい僕にも積極的に話しかけてくださった事務局長の青田さん、
率先して引っ張ってくれた「レフェルベソンス」生江シェフ、
声をかけてくれ、こんな素敵な機会を与えてくれた「Hajime」米田シェフ、
お手伝いに参加してくださった軽井沢「ブレストンコート」の菊池さん、
不慣れな現場作業を教えてくれた仙台「アル・フィオーレ」の目黒シェフ、
現地の話をいろいろ聞かせてくれた石巻の猟師の小野寺さん、
ドライバーもされて写真も沢山撮ってくださった谷中さん、
空港までの送迎でもお世話になった伊東さん、
笑顔で現場を明るくしてくれた「レフェルベソンス」レセプションの衛藤さん、
某ショコラトリーの鈴木さん、帰りにいただいた焼き菓子美味しかったです!
虎やの社会貢献室の皆さん、何も言わずバッグに入れてくださってたお汁粉、
この日を思い出しながら大事にいただきますね!
生江シェフのご友人の方々も、全員全員ありがとうございました!!
社交辞令無しで、また必ずお会いしましょう!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-04-03 17:46 | 美味しい食べもの届け隊

「もし良ければ一緒にやりませんか!」
と、最後疑問文ですら終わってないお誘いをいただいたのは3月頭のこと。
声をかけていただいたのはHajimeの米田シェフ。
この段階で既に断る選択肢は無かったですね(笑)

内容は、宮城県での「青空レストラン」。
東京のレフェルベソンスの生江シェフ、Hajimeの米田シェフ、
そして、この活動の代表が元SALONE2007の藤巻さんだということも、
僕には大きなきっかけになりました。

この活動とは「美味しい食べもの届け隊」。
HPやブログ、Facebookもあるので是非目を通してみてください。
実際に想いをアクションに移して、継続した支援をし続けてる、
本当に頭の下がる方々です。
そこからのお声がけは「何も出来ない」と、
日々もどかしい気持ちで過ごしてた・・・というより、
その言葉を、半分以上言い訳や目隠しにして過ごしてきた僕にとって、
光が差し込んできたかのような嬉しいお誘いでした。
今回、写真が不十分だったので、
ちょっとブログ等から数枚拝借させていただきました。
事後報告でスイマセン・・・。

さて、主要メンバーが決まり、その後、場所が決まり、
メニューが決まり、日程が決まり・・と平行して、
とても素敵な面々が参加してくださることも決まっていきました。
参加してる僕らのテンションも上がるような素敵なお店です。
詳細は後ほど・・・。

今回うちは、200人分の3種類のパンを焼き、
1種類は当日車で運んでもらうのでレフェルベソンスに送らせてもらい、
もう1種はHajimeさんに送って加工してもらい、
そしてもう1種は当日、朝4時からオーブンに火を点け、
手荷物として機内に持ち込んで運びます。
c0116714_6484173.jpg

結構ギリギリになりましたが、車を出してくれたスタッフのお陰で無事到着。
実はHajimeさんの厨房でも、僕が関空と間違うんじゃないかという心配の声が、
冗談ではなく本気で上がってたようで・・・。
言っときますが、それ一回しかしてませんからね!
ま、確かに今回も「あ!!パスポート!!」と、
無駄にドキッとした瞬間もありましたけど・・・。

空から見る海はとても穏やかで、全てを飲み込んだとは思えないくらい静か。
ただ、仙台空港に着く際に見た海岸線には、
同じ方向になぎ倒された木々がまだそのままの状態で残ってました。

空港内は、もう普通に営業されています。
空港関係者さん皆とても元気で、出発した伊丹の無愛想さが際立つ程。

東京からは車二台で、前日の夜中23時半頃出発。
一組はコンロなどの資材を調達しながら現地へ、
もう一組は空港まで来て下さり、僕らと合流して現地へ向かいます。

空港内ではあまり感じなかった爪痕も、
周辺へ目を向けると骨組みだけ残されたお蕎麦屋さんがあったりと、
被害の大きさを垣間みる景色がまだ残っています。

すぐに高速に入り女川町を目指します。
高速から見る目まぐるしく変わる景色は、
被害が少ないと思ったら山間部だったり、
「うわ・・・」と思うとその向こうにはすぐ海があったり、
地震より津波の被害が大きかったことを、顕著に物語っています。

高速を降りて市街地に入ると、そこには一見すると、
大阪でも見られるような普通に暮らす景色が広がります。
元々ダメージが少なかったのか、復旧が早かった地区なのか、
分からないながらも、多少の安堵が生まれた次の瞬間、景色は一変しました。
そこはちょうどT字路を左折し、真っすぐ海へと向かう道へ入ったところでした。
「・・・・・」
言葉が出ません。ここまで地形や立地条件で被害の差が出てるとは・・・。
そして、ものの数分車を走らせたところに、その景色は広がってました。
c0116714_3304681.jpg

海、近いですね・・・。全部飲み込まれちゃったんですね・・・。
安定の良さそうなほぼ正方形のコンクリートのビルが、
基礎から根こそぎひっくり返されたりしています。
そもそも津波を想定して高台に作られたのであろう小学校も、
3階部分まで津波に飲み込まれたのだそう。
そりゃ、平地にある建物は一たまりもないわけです・・・。
崩壊した大きな建物が点々とその場に、
かろうじて景色の面影として留まってる様が逆に痛々しくもあります・・・。

何度も観てますよ、テレビで。

何度も何度も、目を逸らしそうになるほど何度も。

数えきれない程の情報を1年の間に受信してると思います。

でも・・・、実際に目の当たりにしたのは初めて。

所詮、初めて。

既に1年を経てしまった。

今更呆然としてる自分はとても滑稽でした。

沢山の方が既に現地に来られてるわけで、

僕が見てる景色は、それでも瓦礫などはきれいに片付けられているわけです。

なんにもないですよ。

そんな僕が発せれる言葉なんて、なんにもないです。

ただただ、御冥福を祈るばかり・・・。




そんな景色から道一本入ったところに、
左右を無数の瓦礫の山に囲まれた道が、山側に向かって走ります。
c0116714_332443.jpg

この瓦礫に山の合間にも、倒壊した建物が今もその姿を留めていました。
「え!?着いたんですか?」
その瓦礫の山を抜けたところに急に仮設住宅が現れました。
正直、こんなに当時を連想させられる場所にあるとは思ってもみなかったので、
気持ちを切り替えるのは簡単では無かったです。

ただ、そこには今回の「青空レストラン」の有志が既に集まっていました。
「美味しいもの食べてもらいたい」「少しでも元気出してもらいたい」
ただそれだけの為にいろんなものを捧げてこの日に至った有志たちが・・・。
c0116714_3331249.jpg

そうです、僕らはボランティアに来たわけじゃありません。
義務でも強制でも、誰かにやらされてるわけでもありません。
確かに料金は発生しませんが、そもそも僕らの仕事は、
お客さんに喜んでもらうことが僕らの喜び。
提供するだけじゃなく、しっかり僕らも楽しんで帰らなきゃ、
一方通行の活動では単なる自己満足に終わってしまいますからね。

「初めまして」あり、「ご無沙汰してます」ありの対面。
レフェルベソンスの生江シェフ、元SALONE2007の藤巻さん、
こんな形での再会、本当に感慨深いものがありました。
固い握手を交わし、早速生江シェフを中心に段取りの確認に入ります。
c0116714_2295018.jpg

前もって送ってたパンも無事到着。
その日にカットしてラップしてショックフリーザーで冷凍かけたので、
数日経ってるとは思えない弾力っぷり。
ちなみに、この色はビーツです。
c0116714_20242212.jpg

米田シェフの担当はスープ。
120個のタマネギを使った、オニオングラタンスープです。
c0116714_20243683.jpg

実は、ここでもコラボしています。詳細は後ほど。

とりあえず、無理言って用意していただいた鉄板を使って、
解凍したパンを焼いていきます。
c0116714_20245196.jpg

最初は切った面だけの予定だったんですが、
準備が間に合いそうだったので両面焼くことに。
c0116714_2025228.jpg

焼きトマトじゃないっすよ・・・。
あ、緑のはピスタチオです。

・・・と、忙しなくしてると「お〜〜い!!」と呼ぶ声が。
なんでも最初の景気付けに写真を撮るそう。
c0116714_4425651.jpg

我ながら、相変わらず笑顔がぎこちないですね・・・。

さ、各々持ち場に戻ると、
生江シェフがフライドポテトのテストに入りました。
c0116714_2025178.jpg

生江シェフはこの他にハンバーグを準備。
そう、今回はシュクレのパンとレフェルベソンスさんのハンバーグを使った、
コラボハンバーガーがメイン。そこにHajimeさんのオニオングラタンスープと、
生江シェフが目の前で揚げるフライドポテトが付きます!!アメリカン!!
c0116714_20253692.jpg

配膳台の方も慌ただしく準備が進み、
c0116714_2027157.jpg

裏の室内では、現地の子供たちの強力なお手伝いもあって、
お弁当ケースが着実に出来上がっていきます。
c0116714_4514519.jpg

でも、この子たちが現地の子だと僕が知ったのは最後の方。
準備中から、やたら絡んでくるので誰かのお子さんかと思ってました(笑)
それくらい元気。子供が元気なのは救われます。
何度かここに来てる「届け隊」の面々ともめちゃくちゃ仲良しで、
こうした繋がりを生んでるところを見ても、本当に素敵な活動やと思います。
ただ、聞くとこの子たちも震災当日は波にさらわれたりと、
本当に怖い思いをし、目の前で変わっていく景色を、
まだ幼いその眼と心に焼きつけざるを得ないという経験をしてるわけです。

どうかその何倍も何倍も、ありったけの幸せが訪れますように・・・。

さて、ふと見ると準備に余念がない米田シェフ、ここでも性格出まくりですね(笑)
c0116714_20272433.jpg

「おお!おばあ!こんなとこで生きとったんか!」
準備の間にも、石巻の猟師の小野寺さんと何人かのおばあちゃんとの、
心温まる再会のシーンが何度かありました。
一年経った今でも、あっちこっちでまだこういうことが行われてるんでしょうね。
その小野寺さんと話してる時に出た印象的な言葉がありました。
「もう十分です」
現地の方の思いがけない言葉に、思わず「ハッ!」としました
「皆さんには、もう十分やってもらいました。
逆に私たちがいつまでも被災者意識を持ってたらダメなんです」
という強い意思へと会話は続くわけですが、
海沿いで目の当たりにした景色、
積まれたままの瓦礫の山、未だ仮設で暮らす沢山の方々、
そして結局何もして来なかった自分自身という、
「十分ではない」現実の中に身を置いてる中での発せられた一言は、
深く深く深く僕の心に突き刺さったのでした。

あ、そう言えば準備中に撮られてた、
滅多に無い貴重なツーショットを拝借しました。
c0116714_4534527.jpg

絶対自分たちで二人の写真なんて撮らないですからね。
僕にとっても貴重な一枚。これ撮って下さったのは谷中さんかな?
ありがとうございました!

さて、ここらで強力なデセール陣をご紹介。
まずはピエール エルメさんからの「ケーク イスパハン」
c0116714_2028739.jpg

あのイスパハンのケークバージョン。
僕もまだ未食でした。いやぁ・・・有り難いですねぇ。

更に和菓子の「虎や」さんからは、何と現地でのお汁粉の炊き出しが!
c0116714_20282040.jpg

そこに合わせて朝焼いて来たのが「桜のフィッセル」
画像、良いの無かったので載せれませんが、小さなフィッセルを、
スタッフみんなで作りました。
お汁粉に、ちょっと塩気のあるものを・・・ということと、
まだまだ遠い東北に、ちょっとだけ早い春を・・・と思いまして。
虎やさんには好評でしたよ!

さ!見本が出来上がりました!
c0116714_20283782.jpg

更にブラッドオレンジと某ショコラトリーのボンボンと、
虎やさんのお汁粉、飲み物はビールに日本酒も用意!

そしてここで後半に続く!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2012-04-02 03:18 | 美味しい食べもの届け隊