「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:タベルネッタ ダ キタヤマ( 1 )

旨し店。旨し人。

あまり馴染みの無い北久宝寺町の、とあるビル。
c0116714_1955311.jpg

・・・・の、さらに奥の奥に、
c0116714_2020435.jpg

昨年12月にオープンしたばかりのお店があります。
c0116714_20221029.jpg

中央区 北久宝寺町「タベルネッタ ダ キタヤマ」
c0116714_2023666.jpg

このロゴ、いい感じです。
c0116714_20233769.jpg

「リットマーブル・トレ」で、シェフを務められてた北山シェフが、
満を持してと言いますか、念願かなってオープンされたお店。
その道程に、どれだけの人に愛され、応援されてたのかということが、
オープン前のレセプションの時の、
溢れんばかりのお祝いの花やワインに集約されてたんだと思います。
あそこまでの量は、あまり見たことがありませんでした。

以前のお店にはたまたま一度伺ってたこともあり、名前は知っていたんですが、
開店前に働いてたお店に遊びに行ったり、
モンテベロ主催のBBQに来ていただいたのもあって、
遅ればせながら僕も北山シェフの人柄に惹かれていく一人となったわけです。
この日は、ちょっとした打ち合わせに来た時でした。
c0116714_2030739.jpg

c0116714_20302415.jpg

c0116714_20304590.jpg

c0116714_20322616.jpg

c0116714_20324583.jpg

c0116714_20325971.jpg

c0116714_20331611.jpg

c0116714_2033346.jpg

c0116714_20334850.jpg

c0116714_2034363.jpg

c0116714_20343917.jpg

どうでしたか?
「旨いもん作りそうオーラ」の半端ない北山シェフの料理を、
先入観など持たないようにあえて実況なしでお送りさせていただきました。
ビルの一階の奥にあるお店とは思えないほど店内は広く、
天井も高いので圧迫感もありません。
そんなお店で、北山シェフの大らかで伸びやかな料理をお腹いっぱいいただく。
「小さな大衆食堂」の意味を持つ「タベルネッタ」を頭に冠し、
これからたくさんの美味しいもん好きさんたちの欲求を、
ガッツリ受けとめ満たして行くお店になるんでしょうね。

・・・・と、そんな北山シェフのお店のお手伝いを、
2月からシュクレがさせていただくことになりました。
夜の時間帯限定になりますが(お昼の自家製フォカッチャも美味しいですよ)、
シュクレのシャバタが、少し大きいサイズになって登場します。
結構早くから北山シェフにはシャバタを気に入っていただいてて、
「落ち着いたらお願いします」と言っていただいてたんですが、
オープンから二ヵ月経ち、やっとお供をさせていただくことになりました。
美味しい料理を作るシェフに選んでもらえることは本当に嬉しいこと。
しかも、ちゃんと食べてくれて、理解してもらえて選んでもらえたことは、
パン屋冥利に尽きます。ありがとうございます!

さて、実は2月から使っていただいてるお店は他にもありまして(こちら)、
中には、数年越しのラブコールが実ったレストランもあります。
今後も数店ですが増える予定ですので、その都度アナウンスさせていただきます。
いつもシュクレで買っていただいてる皆さんも、
違った空間で料理と共に味わってみると、印象も変わってくると思います。
特に、うちのパンは料理やワインありきのパンも少なくありません。
是非、足を運んでみてください。
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-01-31 23:41 | タベルネッタ ダ キタヤマ