「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:ロオジエ( 1 )

東京2-3

さて、2週続けての東京探訪。
今宵のメインはミシュラン三ツ星 レストラン ロオジエ。
c0116714_1259261.jpg

c0116714_12594859.jpg
圧倒的な品格の佇まい。
こりゃ大阪にはないわな。
扉を開けてもらい中に入ると
フランスでは良く見られる
透け透けエレベーターがお出迎え。
誰しもができる演出ではないですよね。
歩いて上がるのと変わらない速さですが。
2階に上がると、以外に窮屈そうな客席へ。
ホステスさんの同伴らしき姿もちらほら。
銀座という立地上
こういう使われ方も仕方なしか・・。
とにもかくにも、フランスはモナコにある
「ルイ キャーンズ」以来の三ツ星訪問
(カンテサンスさんは発表前でしたので)。
期待は否応無しに膨らみます。

先にも書きましたが、思ったより席の間隔も狭く、ごちゃごちゃした印象。
そんなに気になるほどではないです。
気になるのは、このシチュエーションでテーブルを挟んで座ってるのが
妹ってこと(笑)なんか不思議な感じです。
c0116714_13174558.jpg

その妹、いきなり毒吐き「バイキング?」(笑)
確かに・・・なんとなくサンマルクみたい・・・
c0116714_13304249.jpg

アミューズ  
ビーツとフォアグラのマカロン パプリカのジュレと鱈 ビーツのコーンには鰻
c0116714_1331339.jpg


ウニのフラン きゅうりのソース カカオのドレッシング 
c0116714_13561890.jpg

ホタテに纏わせたあられが良いアクセント

今日はグラスでちびちびと・・・
c0116714_13435837.jpg


ロワール産ホワイトアスパラガスのサラダ
うずらの卵とフォアグラのタルティーヌ添え
c0116714_13441798.jpg

フォアグラのタルティーヌ、旨し!

グリーンピースのスープ モリーユのロワイヤル トリュフのシャンティ
c0116714_13523637.jpg

・・・これにもあられが入ってるんですけど・・・
こんな印象に残る食材をコースに2箇所使うのもどうかと・・・

真鯛のポッシェ パルメザンチーズの香り ソラマメとアスパラガス添え 
ピスタチオのソース
c0116714_1443135.jpg

素晴らしい肉厚の真鯛・・・・が台無しの火入れ。パサパサ。勿体無い・・。

c0116714_14143183.jpg


ソミュールに漬けた鴨フィレ肉のポッシェ 
大根のコンフィとトンカ風味のフォアグラのフラン
c0116714_1410464.jpg

一転、素晴らしい火入れの鴨フィレ 大根とフォアグラも抜群!上にはオレンジの粉末。

フランス産フロマージュ各種
c0116714_141486.jpg

厨房で撮ってきてくれました。圧巻。これぞレストランの成せる業。
c0116714_14162057.jpg


えっと、これまだデセールじゃないんですよ(笑)
これがでて
c0116714_1418388.jpg

あれ、まだあるの?と思って、
c0116714_14185549.jpg

あの・・すでにお腹結構いっぱいなんですけど・・・
c0116714_14222090.jpg

・・・・・・
c0116714_14224987.jpg

やりすぎやろ(笑)これデセールちゃうんですよ!?
出されたら食べちゃう性分なんですから!
c0116714_1424342.jpg


・・・・これ、ほんちゃんのデセール。 すでにげっそり。妹はギブアップ。
チョコレート プラリネ アーモンドのカレ・ロオジエ
c0116714_1427554.jpg

ちなみに妹のん。
c0116714_14274462.jpg

いやいや、出せばいいってもんでもないでしょ。
ま、食べなきゃいいんですけどね。
言っときますけど、こっからワゴンに乗ったシャリオ デセールが2台も出てくるんです。

それでも食べるんですけどね。でも僕がこの量なんて奇跡です。無理。
ワゴン満載のプティフール、見るのも嫌でした(笑)
c0116714_14331230.jpg


マジで2台目のワゴン出てきたときは引きました。
「フルーツばかりなので・・」とかいうレベルの話じゃないでしょ。
しかも1種類、ケークも乗ってた。
ここまできて更にあれを注文するツワモノがいるんやろか・・。
ま、とりあえず盛っといて(笑)
c0116714_1438241.jpg


血糖値が上がりすぎて、何頼んだか覚えてません(笑)
c0116714_14413360.jpg


いやぁ・・・まいった(笑)
楽しかったですけどね。
星を取るための要素は満載でした。
でも逆に、要素ありきで作られたもので、
三ツ星を楽しんだ感はあっても、ロオジエに楽しませてもらったかというと・・・?な感じ。
料理も美味しいですが、本国の三ツ星はこんなもんじゃないですよ。
ま、ほんと評価なんて人それぞれなんですけどね。
でもまあ大阪にはないグランメゾンを
今までな~んにもしてやれなかった妹と来れたこと、
良い想い出になります。
c0116714_1553065.jpg

子育てに追われる毎日から、ほんのひとときですが解放された妹と歩く銀座。
いつの間にか短大に行き、就職し、結婚し、母になり・・・って、
書きながら涙が溢れてきました(笑)
ホンットに兄貴として何もしてやれてない自分。
家族のなかでも「長男」としての役割も果たせず、いつも妹頼み。
そういえば、初めて入る「流れるプール」に怖くて入れなかったときも
兄貴より先に入ってくれたっけ(笑)

いっぱい笑って生きろよ!
いっぱいいっぱい幸せ抱えて生きろよ!
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-06-05 15:07 | ロオジエ