ブログトップ

なないろめがね

カテゴリ:嶋寿司( 1 )

琵琶湖の畔の宴の夜

この日は、こんな特異な僕に興味を持っていただいた、
滋賀県の某パティスリーのシェフからのお招き。
「遅刻したらマズイから、早めにいっとこ」
って思ったら、待ち合わせの一時間前に到着。
そろそろ「だいたい」で行動するの辞めなあかんわ・・。
c0116714_192599.jpg

岸部よりは人通りが多そうな、JR石山駅。
今日のお店は、
そこからタクシーでちょっと走った琵琶湖のほとりにある、
「嶋寿司」さん。
c0116714_1122447.jpg

思いのほか広い店内。
まだお若い大将。・・・幾つって言ってたっけ?
途中で比叡からも駆けつけてくださったシェフがおられまして、
楽しい宴となりました。

お造り
c0116714_2563549.jpg

なに貝だったっけ・・・?
c0116714_257455.jpg

横のテーブルを使っての、鰻の炭火焼。皮パリパリ中ふわふわ。
c0116714_259393.jpg

中国産ですが、最高級松茸。いやはや・・・未だに鼻に香りが残ってます。
これも隣で炭焼きに。
c0116714_302782.jpg

こんなに旨い岩ガキ、そう食べれないですよ。
c0116714_311936.jpg

鯛しゃぶ ・・・贅沢。
c0116714_322426.jpg

何年ぶりやろ、クジラ。普通、冷凍されるのを冷凍されないルートで仕入れてるとか。
絶句の旨さ。日本酒、何杯でもいけます。
c0116714_35108.jpg

鱧です。しかも下も鱧。すり身にしてます。
c0116714_363819.jpg

近江牛の牛タン炙り。
c0116714_373432.jpg

お寿司屋さんなんで、握りを。大分車海老
c0116714_381293.jpg

今年初でした。秋刀魚
c0116714_394997.jpg

和歌山のタコ。
c0116714_311739.jpg

北海道の・・どこやったっけ・・ウニ。
c0116714_3115730.jpg

イサキ
c0116714_3122686.jpg

穴子
c0116714_313495.jpg


c0116714_3134250.jpg

きゅうりの一本巻き
c0116714_314637.jpg

蜆の赤出汁。
c0116714_3144433.jpg


いやいや・・・侮る無かれですよ。
素材は申し分ないです。
一緒にいた某比叡のホテルのシェフも
「うちにだってこんなに良いもの入ってこない」
って言ってたのもありました。
こっちの流れの拙さもあって、大将が出したかったものも出せなかったようですし、
なんだか構成がバラバラになってしまったので、
一度ゆっくり大将お任せでお邪魔してみたいですね。
店の作りが「ちょこっとこじゃれた居酒屋」みたいなのが、
個人的には残念。勿体無いなぁ・・・って。
ま、それも良さなんでしょうけどね。
遠いし、なかなか行けないでしょうけど、
「近くにあったらなぁ・・・」って言ってもらえるのが嬉しかったりするんですよね。
利便性の悪いとこでやってる者同士、地味に頑張っていきましょう!
ここでご一緒させていただいた、某比叡のホテルのシェフのことも、
いづれ何らかの形で紹介できるかも知れません。
お楽しみに。

終電で帰るのを諦めたときから覚悟はしてましたが、
3時くらいにお開き。
タクシーで駅まで戻り、
コンビニで立ち読み1時間。
読む本もなくなり駅のホームへ。
c0116714_331171.jpg

これ、朝4時過ぎの石山駅。
急に睡魔に襲われ写真も斜め。
定期的に通る貨物列車に眠ることも許してもらえず、
ただ思うことは、
「夏で良かった・・・」
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-09-03 03:36 | 嶋寿司