「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

無題

宣告とは・・いつも突然で。
そんな唐突なものを「宣告」と呼ぶのでしょうか。
多くは突きつける側より、受ける側を、
混迷の底へと突き落とす。
都合や状況などは、得てして関係ない。
社会や人間関係の嘘や真、不条理に振り回されながら
僅かながらの真実にしがみつき、必死に人は生きている。
派手な生活は出来ないまでも、
等身大の幸せの中、一生懸命人は生きてる。
誰にも知られてないところで、
毎日ドラマは繰り返されている。
その人にしか作れない、人生という名のドラマが今日も繰り広げられている。
その何がご不満ですか?
なぜ筋書きを変えるのですか?
それもドラマだというのですか?
普通に生まれ、普通に生き、普通に老い、普通に死んでいくことが、
どれだけ大変な世の中なのか知ってますか?
それを必死で生きてるんじゃないですか。
「生きること」を見つめなおすのに、命を奪う必用がありますか?
「命の尊さ」は、死を持って学ばなければいけませんか?
かけがえの無いものに気づくのに、絶望を伴わなきゃいけませんか?
別れる哀しみを、出逢えた喜びで拭わなきゃいけませんか?
人間・・・・そんなに都合の良い生き物じゃありませんよ。
そんなに便利な生き物じゃありませんよ。
それでもそこに何か意味を見出して、
受け入れなければ仕方ないじゃないですか。
前を向くしか仕方ないじゃないですか。
生きていくしか仕方ないじゃないですか。
その姿を「美しい」とお思いですか?
その姿を「けなげ」だとお思いですか?
無力な僕らは、さらに無力さを突きつけられ、
何も出来ない歯痒さに打ちひしがれ、
用意できるものと言えば、月並みな言葉くらい・・・。
神様・・・奇麗事は結構です。
命の重さは平等だと仰るのも良くわかります。
でもね、奪ってはいけない命もあるでしょう!
奪わなきゃいけない命だって、幾つもあるんでしょうに!
ひっそり暮らしてるだけじゃないですか・・・。
何が責められることがありましょうか・・・。

あなたの優しさは、人間の脳に「忘れてゆく」機能をインプットしてくれたこと。
いつしか現実は想い出に変わり、嫌な記憶は薄れていくのでしょう。
思い出す度に溢れた涙は、いずれやわらかな微笑みに変わるのでしょう。
幾つもの時間を重ね、幾つもの季節を数え、
過ぎ去りし記憶の中から、哀しみは慈しみに変わるのでしょう・・・。

最後に、神様。お願いがあります。
「今」に潰されそうになってる人を支える言葉を一つ教えてくれませんか?
その言葉に、小さな添え木ほどの力を授けてください。
その言葉に、暗闇に射す木漏れ日ほどの温かさを授けてください。
僕には見つけられません。想うことしかしてあげられません。
凍えてる心にかける、暖かな毛布はありますか?
乗り越えなきゃいけない現実の、助けとなる踏み台はありますか?

・・・やり場のない感情の、「やり場」になってくれてありがとうございます、「神様」・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-14 10:41 | とりとめなく・・

天気になあれ

今日は、ずっと来たかったお店です。

c0116714_4381568.jpg
鰻谷ブロック「アルバロンガ」。
あちらこちらで評判の良いお店です。
ここの上には来た事あるんですけどね。
いや、行ったとこ全部書いてるわけじゃ
ないんですよ。
一応、個人ブログと化してますが
シュクレの店主としてのブログですからね。
責任があるわけですよ。
価値観や好き嫌い。
それがもろにシュクレに
直結するわけですからね。
無責任に「行きました」的なことは
書けない訳で・・。



昔、お世話になった人のお店も、あまりにレベルが低すぎて書けなかったり、
今年の頭には、初めて途中退席する店にぶつかったり。
僕はかなり職人よりなんで、大抵のことはガマンしますので、
よっぽどもよっぽどでした。
はらわた煮えくり返って、マジでしばいたろかな、思いましたもん(笑)
笑い話になるのに1ヵ月を要しました(笑)
ま、そんな店のことも別に書きませんけどね。
よく店の名前挙げて批判する方いますでしょ?
それ、なんのためなんですかね。
二度と行かなきゃいいやん・・って、普通に思うんですけど。
言わなきゃ気が済まないんですかね。
じゃ、所詮ガキと一緒じゃないですか。
それとも批判できる能力をひけらかしたいんですか?
なら、自分も連絡先と実名、載せはったらいいですのに。
やってることが、人としてダサすぎますよ。
おかげさまでシュクレは皆さんに良く書いていただいてまして(笑)
この場をおかりしまして・・今後とも宜しくお願いします(笑)
あ、物はついでなんですが、スタッフ目の前にして一言も無く写真撮るのだけは
やめて下さいね。人間性を疑ってしまいます。モラルの問題ですから。

さあさあ、アルバロンガさんとは全く関係ない話は終わりにしまして、
サクサクッと進めてまいりましょう。

c0116714_4591695.jpg

店内は、僕が入ったときは、僕以外全員女性。
ま、そんな集いに美味しいご飯にアルコールが入ればやむを得ないんでしょうが、
やかましすぎですね(笑)

前菜の盛り合わせ
c0116714_524963.jpg


犬鳴豚と、ちりめんキャベツのラグー・・・のパスタ(なんだっけ?)
c0116714_54481.jpg

あらら、美味しいですね。ランチのこの値段では十分過ぎるでしょ。

真鯛・・・と、なんだっけ?
c0116714_56562.jpg

いや、魚に定評ありとは聞いてましたが、文句なし。
普段あまり魚を頼まない僕でも満足の味とボリュームです。

バナナのカタラーナ メロンのソルべ
c0116714_591043.jpg


さえない曇り空の中、さえない同伴者の表情もあり(笑)
なかなかテンション上げづらかったのですが、
コスパはとても良いのではないでしょうか。
ここは昼も良いですが、是非夜に再訪してみたいものです。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-14 05:17 | アルバロンガ

いってらっしゃい!

今日は、突然のお呼び出し。
知り合いの、若きイタリアンの料理人の渡伊が近づいたとのこと。
だから、木曜は店休みやけど仕込みなんだってば!!

ハイ、いつもの・・・と言いますか、唯一僕を無下に扱ってくださる集い。
某梅田ハービス内のお店の立ち上げメンバーの集いです。
一応、9時半に「スイマセン、まだまだかかりそうなんですけど・・・」と、
連絡を入れてみる。
「0時までに来れそうならヨロシク」って、鬼!!

場所は天満の「バール ピンチョス」。駅は扇町のが近いのかな?
c0116714_2302560.jpg

で、いないやん(笑)
電話の主の姿が無い。
でもその主も仕事が忙しかったらしく、奈良からトンボ帰りやったみたい。ご苦労様です。
これからイタリアに飛び立つ若者は、とてもキラキラしていて。
周りには業種が違えど、また若者がキラキラしながら話を聞いていて。
そこに、おっさん一人参上。入りにくいったらないわ(笑)

で、何も食べてないので、とりあえず腹ごしらえ。
また白子発見(笑)
白子のパン粉焼き カリフラワーのスープ
c0116714_242471.jpg

いやぁ、旨い。白子、旨い。それにこのボリューム。スープも良いです。

舌平目と穴子のフリット
c0116714_2434970.jpg

ぐぅ・・・酒が欲しいが、今日は車。ガマンガマン。

菜の花と太刀魚のパスタ
c0116714_2451630.jpg

今年、初菜の花。旬のエグミはまだまだですね。春よ来い・・ですね。

牛頬の煮込み
c0116714_2464325.jpg

いや、ここ、ホント美味しいです。
時間も時間やったからか、常連さんに囲まれたホントに良い雰囲気の店内。
またゆっくり来たいなぁ・・て、思わせるお店でした。

結局、3時半くらいまで居たかなぁ・・・。
途中から、ずっと僕が喋ってましたけど(笑)
僕、専門学校も行ってないし、長く働いた店もないんで、
横の繋がりが(縦もですが・・)ないんですよね。
だから同じメンバーで集まれるこの会が、実は少し好きなんです。
無茶な時間でさえなければ、いっぱい好きなんですけどね(笑)

イタリアに渡る彼が帰って来る時が楽しみです。
僕が喋る言葉じゃなくて、心を彼は見てました。
そして「僕もいつかそんなふうに話したい」って言ってました。
イタリアに行って、何を掴んで来るのかな?
いっぱい感動して、いっぱい失望してきてください。
だってそうでしょ?日本だって、誇れるとこばかりではないはず。
僕らにとって当たり前なことが、
留学生にとっては「思ってた日本じゃない」ってことが沢山あるはず。
それが大事なんじゃないかな。
技術よりも風土を感じること。
習慣や精神性に触れること。
同じ場所でも、はいつくばってみたり、ジャンプしてみたりすれば、
景色は1つではないはず。見えなかったものも見えるはず。
目で見えるもの、頭でわかるものなら日本でも体得できるでしょう。
異文化の職を担うものとしての宿題を、いっぱいいっぱい持ち帰ってきて欲しいものです。
時間をかけて、生涯をかけて、その宿題を解いていけばいいんです。
今わからないことでもいいんです。
わかるものだけ持ち帰った人の行く末なんて、ちっぽけなものですよ。
大きく育ってください。
真っ直ぐな瞳に、頑なな心に、いつしか大切な何かが加わった時、
彼は素晴らしい料理人となるでしょう。
いつかまた、皆さんにご紹介できる日がくることを楽しみにしています。
そしてそんな若者たちに負けないよう、
僕ももっともっと頑張らないといけませんね。
老いぼれないように、気持ちだけは若くいたいものです(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-14 03:18

さてさて、今日は栄えそうで栄えない、微妙な「江坂」からお送りします。
その江坂駅から、これまた微妙に離れたところにあります、
「カノビアーノ アネックス」。
バター、生クリームを使用せず、にんにく、唐辛子も使わないという、
本店の植竹シェフのコンセプトを去就している、北摂では貴重なリストランテです。
c0116714_23592010.jpg

正直、なぜこんなとこに・・・って思ってしまいますね。
北摂市民には有難いところですが。
c0116714_005335.jpg

夜はどういう雰囲気になるかわかりませんが、
昼は陽射しの差し込む明るい店内。
c0116714_035348.jpg

パンも自家製なのかな?美味しくいただきました。

で、HPのほうにメニューが載ってあるので安心してたら、
案の定、月が替わってしまいまして(笑)
中途半端なコメントも見苦しいので写真のみということで・・・。
c0116714_014767.jpg

c0116714_014238.jpg

c0116714_0144642.jpg

c0116714_015688.jpg

c0116714_0152151.jpg

c0116714_0153715.jpg


ポーションはとてもお上品。
冷製のカッペリー二が付いて、パスタが2種類いただけますが
カッペリー二は、わんこソバみたいなもの(笑)一口でパクリくらいのポーションです。
女性でも心配なくいただけるんじゃないですか?
たまの晴れの日には、貴重なイタリアンやと思います。
あと、ドルチェも美味しいので、これも女性にはポイント高いと思います。
ま、残念ながら、同伴は男でしたけど(笑)
でも、嬉しい一言を。
「こうして2人で食べてると、一緒にいったパリのレストランを思い出しますね。」
そう、この同伴者との出会いはパリなんです。
たまたま訪ねて来たとこに、僕が働いてたんです。
彼は機会屋さん。全く面識もなかったんですが、
いきなりアルザスまで往復9時間の電車の旅をしましたね(笑)
僕がパリで初めてレストランに行ったのも、彼とだったんです。
確かエッフェル塔の裏手にある、ギーサボワ(三ツ星)のセカンドメゾンやったと思います。
当時27歳。彼はもっと年下なんでね。
緊張して緊張して・・・・全然何食べたのか覚えてないですけどね(笑)
今ほどレストランに食事に行く機会も日本でも無かったんで無理も無いですね。
でもこれで吹っ切れたのか、毎日をひもじい食事で過ごし、
休みの日には遠出してでもレストランやビストロ、パティスリーを巡る毎日でしたね。
いつ来るかわからない「いつか」の為に、準備をしておきたかったんです。
その「いつか」は、どういう形になるかわからないし、もしかしたら来ないかもしれない。
でも、もし何かにぶち当たったその時に、「こうしとけば良かった・・」なんて、
くだらない後悔をしたくないんですね。
僕は頭が悪く、物覚えも良くないので、叩き込むしかなかったんです。
感じ取るしかなかったんです。そう、わかるまで繰り返し繰り返し。
モナコまで、ある三ツ星の料理を体感するためだけに行きました。
なぜなら、単純に行った事がないからです。そう「知らなかったから」です。
知らないのと知ってるのとでは雲泥の差があります。
身をもって体感することが大事なんじゃないでしょうか?
例えば、フランスでは特に、町場のパンとレストランのパンでは違いがあります。
二ツ星、三ツ星のパンは、やはり特別なパンなんです。
もちろん僕が働いてた店からも卸してました。
実際、店で作ってるのをそのまま使うレストランやビストロがほとんどでした。
でも僕がパンで感動した数件のレストランは違いました。
やはり、ただ美味しいだけじゃない「レストランのパン」だったんです。
例えば世界的に有名なシェフ、アラン デュカス。
彼のパリの店のほとんどに、僕が働いてた店のパンが卸されてました。
しかし「プラザ アテネ」だけは違います。
ま、確かめに行くには僕には敷居が高すぎて行けませんでしたけど(笑)
だから知りたくなったんです。
無理に無理を重ね(精神的にも金銭的にも)、沢山レストランを訪ねました。
なぜ?パン屋なのになぜ?
パンだけ作っててもわからないことは沢山あります。
もしいつか、そのクラスの店と、そのクラスのシェフと仕事をすることになったら
「知りません」では済まないでしょ?対等には戦えませんよね?
ただパンを作ればいいだけじゃないんですよ、そのレベルの店は。
しかし、その日は来るかもしれないし、来ないかも知れない。
形を変えて、僕がキュイジニエを従えてレストランをするかもしれませんしね(笑)
その為に、可能性を広げるために、「知る」ということは無駄なことでは無いと思います。
「理解」までいくには、まだまだ時間がかかりますが、
33歳の青二才。「知ること」に貪欲でいたいなぁ・・・って思います。
って、何の話だったっけ?(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-14 01:09 | カノビアーノ アネックス

人と人として

今日はシュクレの新年会。
やっとこさ、アップできます。

会場は、いつもお世話になってる「ガルボ」さん。
近所の五月丘にあるイタリアンダイニング。
同い年の土肥シェフが切り盛りするお店です。
c0116714_1250424.jpg

いつもながら、嬉しい出席率(笑)
快く出席させて下さってる旦那さんや家族の協力にも感謝です。

生ハムと塩トマト モッツァレラのカプレーゼ
塩トマトの甘みと生ハムの塩みが良い塩梅。
c0116714_13562751.jpg


うわ・・・失念。なんのパテやったっけ・・。すぐ「パン下さい!」でした(笑)
ちなみにガルボさんでの集まりは、いつもシュクレからパン持参します。
c0116714_140275.jpg


白子のムニエル ゴルゴンゾーラのソース
ちらっと言った「白子好き」を覚えててくれたみたいです。言ってみるもやね(笑)
c0116714_143428.jpg


パスタはガルガネッリ。
ガルボさんのおかげで、何種類の知らなかった手打ちを知ったことやら・・。
チーマディラーパという菜の花に似た食材も初対面。
c0116714_14174890.jpg


こちらは鴨とポルチーニのラグー。旨くないわけがない。
あ、このパスタも初対面。名前・・・・ね。忘れました。
ラグーに絡んでも負けないように、少し厚めにしてるとのこと。グッジョブです。
c0116714_14215656.jpg


うちのスタッフ、ホントに良く食べるんです。
その勢いに「足りない」と思ったのか(笑)ここでパンチェッタとアオリイカのサラダ。
c0116714_14263628.jpg


本日はお魚が主役。
真鯛のソテーと牡蠣のコンフィ ・・・・一口でほうばる幸せ。
c0116714_14301472.jpg


締めはバナナのカタラーナ アーモンドとキャラメルのケーキ
c0116714_14324522.jpg


いやぁ、毎度毎度、ありがとうございます。
みんな満足して明日からまた頑張ってくれることでしょう。
普段はなかなか砕けた話もできないので、
僕にとってもスタッフの素性をしる良い機会。貴重な集まりです。
でも今日は、ちょっぴり寂しい新年会。
というのも、送別会も兼ねてるんです。
2年頑張ってくれた子と、1年半頑張ってくれた子。
年数もさることながら、とてもシュクレを好きでいてくれた2人。
それぞれ自分のやりたいことに向かって歩き始めます。
今までも聞いてたことなんで、嬉しい気持ちと、どっかで寂しい気持ちと。
でもね、店主とバイトとしてではなく、人と人として、出会えて良かったと思えます。

c0116714_14484914.jpg
c0116714_1449793.jpg






うちでの時間は人生の中ではほんの一瞬です。
でも、ほんの一瞬やからこそ、「出会えて良かった」と思えることは幸せなこと。
これから長い2人の人生のどこかでまた会う日がくるでしょう。
そのときに、負けない「いい顔」して会いたいものです。
良いスタッフに恵まれた感謝。
まわりの支えあってのシュクレクール。
僕はこの子たちに何をしてあげて何を返せるんだろう・・・。
スタッフが気持ちよく働けない店が、お客さんにとって気持ちよいはずがありません。
まだまだ勉強しなきゃいけないこと、たくさんたくさんあります。
まだまだスタッフにも教わること、たくさんあります。
それぞれ別々の人生を歩んできた人間が
小さなパン屋で重なった、しばしの時間。
シュクレクールに感謝。そんな出会いに感謝。
でも、やっぱり別れは寂しいなぁ。
寂しいと思える別れは、幸せなことなんですかね?
サヨナラは別れの言葉じゃなくて、再び会うための遠い約束・・・ですからね(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-13 23:46 | ガルボ

美食三昧

え?そうさ、今日はもう着いてるのさ。
なぜなら、前説が長くていつも自分を苦しめるからなのさ。
だからもうお店に入っちゃったのさ。
そんな夜に乾杯(笑)
c0116714_8254089.jpg

書いてる時間が時間だけに、テンションが変ですね。
さっきのAIDAの途中から、うすうす気づいてましたけど(笑)
さ、今晩は「ルールブルー」さんです。

小前菜から・・・
熊本産豆腐のもろみ漬け。まさにチーズと化しています。
c0116714_432047.jpg


じゃがいもと、吉田牧場のラクレット
c0116714_435781.jpg



今日は前菜を抑え目にして、魚、肉と続く作戦です。

宮城気仙沼産生牡蠣  感嘆のでかさ・・。プリップリでチュルンチュルン。
ミルキーかつ溢れる磯の芳香。
c0116714_442075.jpg


毎回ド定番の 熊本直送朝採り野菜のバターソテー  
c0116714_473146.jpg


北海道産鱈の白子 厚岸産牡蠣 芽キャベツ ズッキーニ 小玉ねぎ 
タイム風味トマトソース。
今年は白子率が高いような・・・それでも食べたい、このビジュアル。
c0116714_8294794.jpg


ヴァンデ産仔鳩の炭火焼 フォアグラのソテー ソラマメ ちりめんキャベツ
玉ねぎ ベーコンの軽い煮込みを沿えて
c0116714_8283942.jpg

仔鳩は、フランスで食べて以来かも。やっぱ、旨いね~。

ストレートにバニラアイス。 濃厚です。
c0116714_421837.jpg

リコッタのチーズケーキ  リコッタは吉田牧場さんとこです。
c0116714_4224728.jpg


ちなみにこの日は、昼にAIDAで食べてます(笑)
AIDA、ルールブルーの贅沢リレー。
いやぁ、ホントに贅沢な時間でした。
いつ行っても変わらない、上質な安定感。
誰が行っても、誰が食べても、
「美味しい」と言うであろうシンプルでいながら巧妙な南條シェフの世界。
着かず離れず、よその接客を見ていても気持ちいいサービス。
メニューの食材の組み合わせを見るだけで心踊るこの場所に
今年は何回これるかなぁ・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-01 04:31 | ルール ブルー

エキストラ

さてさて、1月も終わろうとしてますが、
まだ正月休みの記事です(笑)
今年の目標は「1ヶ月以内にアップすること」だったんですが、
すでにギリですね・・・。
さ、今日もサクサクッといきますね!

思い立ったが吉日・・・と言いますか、ほとんどの行動が思いつき。
うちのスタッフも驚く計画性の無さに、
無謀とも思える行動力。
「やってみなきゃわかんないやん」で済ませてしまうが、
実際は「わかんないままやってる」ことが現在進行形も含め多々ある(笑)
「失敗を恐れない」のではなく、「痛い目見ないとわからない」のだと、
最近つくづく実感する・・。ま、いっか(笑)

関係ない前フリの間に・・・はい、着きました!和歌山「Villa AIDA」。
c0116714_15522146.jpg

いやぁ、「やっぱ遠いなぁ・・」と道中思いながらも来てしまう。
新年は1日の晩からの営業。恐れ入ります・・・が、助かります(笑)

「今が1番美味しい時」ってマダムが言うように、
ホントに美味しい・・そして美しいお野菜様。
c0116714_15584854.jpg


相変わらず、パンも美味しゅうございます。
c0116714_1662991.jpg


小かぶと生ハム 「うわっ」っていうほどの小かぶが抱え込んでた水分。
地中から吸い上げた水分をそのままいただいてる贅沢さ。
c0116714_169319.jpg


なんだったっけな~なんだったっけな~・・・
「ハシャギ過ぎだから忘れるんです」・・って、マダムに怒られそう(笑)
c0116714_1695158.jpg


う~・・難しい名前だったんよね~、このパスタ。
ネギの甘みと鴨の香りが、口と鼻とで入り乱れます。
c0116714_1610935.jpg


白金豚。フェンネルの甘青い香り、小イモの土臭さ、ビジュアルに偽りなし。
c0116714_16102744.jpg


こないだ雑誌にも出てましたね。
小かぶのコンポートとその葉のスープ ホワイトチョコのジェラート
採って直ぐの子かぶは、皮が非常に薄いんですって。で、丸ごとコンポートに。
これまた飲んでるかの如くジューシー。
c0116714_16105297.jpg


イチゴとモッツァレラ   ラブリーです。
c0116714_16111513.jpg


紅茶で上がったテンションを静めます。帰りが寂しくなっちゃいますから。
c0116714_16113168.jpg


毎皿ごとに、「いちいち美味しいです」などと
リアクションの取りづらいコメントにお付き合いいただき、
マダムにはいつも感謝しております(笑)
しかし、視覚や想像を超えた味覚・・・
いや、「味」というより揺さぶられる「力」といいますか。
かと言って、ひれ伏すような荒々しさではなく・・・「なにげに超旨い」(笑)といいますか。
力の抜けた力強さ・・・ま、言葉じゃないってことですね。
途中からだんだん寂しくなっていくんです。
コースが終わったら帰んなきゃいけないから。
「遠いなぁ・・・」って来た数時間前が、
すでにセピア色の甘酸っぱい時間に変わってるんです(笑)
短い時間なのに、ゆっくりくつろいだような・・・
たゆたう時間に身を委ねてたら、「あ、もうこんな時間・・」。
「AIDA」という時を刻み年を刻み、
その断片を覗きにまた訪れることでしょう。
「やっぱ遠いなぁ・・・」って、愚痴りながら向かうところから始まる数時間のドラマ。
そのエキストラになれる幸せを噛み締めながら、大阪に帰ります・・・。
c0116714_16122310.jpg

[PR]
by monsieur-enfant | 2008-02-01 03:11 | ヴィラ アイーダ