ブログトップ

なないろめがね

潔さ

こないだ、夜中ボーっとテレビを観てたら
ある3ピースバンドが出てまして。
名前は知ってましたが、聴いたこともなく
ほんとにただボーっと観てました。

そこでのやりとりに
「音楽で世界は変えれるか」って質問があったんですね。
ま、ありきたりといえばありきたりですが。
彼らは「変えれます」と断言したうえで
「そう信じないといけないんじゃないですか?」と。
自分達のことを「アーティスト」と呼ぶことについても、
「昔はミュージシャンって言ってました。多分アーティストとは言えなかったんだと思う。
でも今は、音を重ねて作品にしてる以上アーティストだと思います。
そして、アーティストだと言わなきゃいけないと思います。」
・・・潔い。実に潔い。
ミュージシャンって言ってたほうが楽ですよ。
アーティストと口にするほうがめんどくさい。
でもそれを「言わなきゃいけないんだ」と認める潔さ。
曖昧さの欠片も無く「世界は変えれる」と発言する潔さ。
彼らには、全ての責任を担う「覚悟」がありました。
・・・かっちょいい(笑)

人間、言葉に対してあまりに無責任で。
何度も書きますが
ブーランジュリと掲げてブーランジュリじゃない。
パティスリーと掲げておきながら洋菓子屋さん。
レストランとは掲げれないというだけでビストロ。
その言葉の責任すら担うつもりも無く、
その言葉の意味にも不誠実。
挙句の果てに言い訳だけは雄弁に用意している。
なら言わなきゃいいのに。なら掲げなきゃいいのに。
掲げなきゃいけない決まりも無いなかで、
「自分で選んだ」はずの言葉に対して、
あまりに無責任。あまりにカッコ悪い。
「先生」と名のつく人たちもそうですよね。
立場上そう呼ばれることに甘んじていて、
僕らはいったい何人の「先生」と出会ってきたでしょうか?
皆が呼ぶから「先生」?、頼んでもいないのに周りがそう呼ぶから「先生」?
そういう方、多すぎませんか?
呼ばれる立場に立ってる以上ぐだぐだ御託並べずに
「先生」と呼ばれるに値する人物になるよう精進するべきじゃないですか?
掲げるだけ掲げといて、名乗るだけ名乗っといて、
議論の場では「いや、自分なんてそんな・・・」
「謙遜」は時に卑怯でチープな自己防衛にしか聞こえないときがありますよね。

表現や発言は、賞賛だけでなく批判の波にさらされることもあります。
立ち上がれば吹き付ける風当たりが強くなることも当然です。
それらのこともふまえて「アーティスト」という言葉をあえて掲げ、
その言葉に恥じない楽曲、活動を提供していこうという彼らに
久しぶりに熱いものを感じました。

翌日、早速彼らの音楽を聴くためにCDを探しに行きました。
若い彼らを応援したいという親父心でしたが・・
若いと思ってた彼らが既に6枚のアルバムを出してることを知り(2枚くらいと思ってた・・)
時代の流れの早さに明らかに取り残されつつある自分が哀しくて惨めで可哀想で・・
僕もいい加減「おっさん」を自覚しないとね(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-29 14:24 | とりとめなく・・

本殿炎上

眠りにつけず、「何か書かなきゃ・・・」と考えてた記事に手をつける・・・。
奇しくも明け方4時過ぎ。何の因果か、外からけたたましいサイレンの音・・。
怖いくらいの偶然の中、あの日を綴ろう・・・。

目が覚めたとき、確かにしていた。
かすかだが確かにしていた。
煤の匂いだ。
そう、それはシュクレの守り神の本殿が焼かれた煤の匂いだった。
ただ、もちろんこのときそれを知る由もなかった。

全国ニュースになってることも知らなかった。
神社の前を通ったときも
パトカーや消防車が停まっていたが、
野次馬さんたちが朝から溜まっていたが、
ただの小火だと思ってた。
「大袈裟やなぁ・・」くらいに横目で眺める程度だった。
昨日もそこに当たり前にあったから。
今日もそこに当たり前にあって、
明日ももちろん当たり前にそこにあるはずだった。

「吉志部神社」
うちの店から歩いて5分くらいかな・・。
道路からはわかりづらく、吹田市民でもあまり知らなかったんじゃなかろうか。
築400年を数える国の重要文化財だったなんて知らなかったんじゃなかろうか。
本殿の築400年を祝う式典が今年行われる予定だったらしい。
その日を待たずに、2008年5月23日午前4時15分、本殿は全焼した。

借りた物件から近いこともあり、
開業資金の借り入れの面談の日、普段は全く信仰のない僕ですが、
原付を停め、階段を駆け上がり、本殿にお願いしました。
「パン屋がしたいんです。チャンスを下さい!」
後に願いは聞き入れられ、ここ岸部に「ル シュクレクール」を開くことが出来ました。
初詣はここでしてました。
新しいスタッフが入ると紹介しに来てました。
いろんな想いや想い出を、
祈りや願いを、
僕が唯一捧げる場所でした。

いつもより人が多いだけでした。いつもの鳥居をくぐりました。
c0116714_542632.jpg

いつもより人が多いだけでした。いつものように階段を駆け上がりました。
c0116714_57146.jpg



c0116714_592977.jpg

c0116714_584692.jpg



・・・「いつも」は、そこにありませんでした・・
新聞もニュースも見てなかった僕には、あまりに衝撃的で、あまりに残酷な風景でした。
守れなかった狛犬が、ただ黙って泣いているようでした・・。
形あるものはいつか滅びます。
命だって、永遠ではないのですから。
嘆いてもしかたがない、振り返っても変わらない。
でもね、あまりに理不尽ですよね?
あまりに不条理ですよね?
終焉はいつも唐突で、
得てして突きつけられる側の準備を必要としない。
ま、準備をしたところで結果が変わらないのであれば、
準備なんてものは哀しみを増すためだけの
自己満足や舞台演出みたいなものなのかも知れませんが・・。

放火の疑いもあるこの火事に関して、
歴史ある建造物を損失した旨だけを綴った記事が踊った。
存在を失う哀しみ、怒り、憤り・・。
でもそれ自体にはいづれ慣れるのでしょう。
一番辛いのは、存在は失ってもいまだ残る「記憶」という事実。
いっそ存在と共に消し去ってくれたほうが楽なんじゃ・・というときもあります。
「世の中に意味を成さない事などない」とは思うようにはしてますが、
無くして初めて知る存在の大きさ、重さに、
立ちすくみ、うずくまり、歩けなくなる人だっているんです・・。

この件などすぐに新しいニュースに掻き消されてしまうことでしょう。
出火原因や、放火であるなら犯人をつきとめること、
もちろん最優先やと思います。
ただ、造ること壊すことに慣れてしまってる世の中で
形だけでは復元できないものがあるんです。
技術だけでは再現できないものがあるんです。
確かに造るのも大変ですよ。
破壊なくして創造も生まれないかも知れません。
でもね、「守る」ことの大切さ、考えなあかんのちゃうかなぁ。
「伝える」ことの重さや責任、考えなあかんのちゃうかなぁ。

焼けた本殿には物質的なもののみならず、
文化や歴史、参拝者たち一人一人の想いが、
400年という歳月の中、刻み込まれていたのですから・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-26 04:27 | とりとめなく・・

えっと、やっと3月です。
この日は、母親の誕生日のお祝いです。
梅田で母親と待ち合わせってのも、たまにはいいもんです。

この日はそんなに寒くなかったかな?
目的地の肥後橋まで、忙しない人並みを掻き分け歩く母一人息子一人。

今日の素敵な舞台は、「このは」さん。
c0116714_16223839.jpg

時間の流れとは恐ろしいもので、
常に「行きたいなぁ、行かなきゃなぁ・・・」って思いながら
からこれ2年も経ってました。
時間の流れより恐ろしかったのは、うちの母親の食器への食いつきよう。
しまった!そいえば、先斗町の「つか本」さんに連れてった時もそうやった!!
好きなのはわかるんですが
席に着いたばっかりなんですけど・・・。

付きだしは、わらび、わけぎ、ホタルイカのぬた和え。
母親は燗でしたので、僕は冷で広島 うごの月を。グラスが素敵です。
香り、苦味、えぐみ、いきなり「日本人」のDNA覚醒です。春です!
c0116714_1628165.jpg


お吸い物 蛤しんじょう  漆黒のお碗の中に浮かぶ、さながら月のよう・・
c0116714_1633579.jpg


今日は「酒を飲む!」って決めてたんで、ペースちょい早め。
なかなか日本酒を飲むシチュエーションにならないもので。
滋賀県の「大治郎」。毎回グラスを変えてくれるのも楽しみの一つ。
c0116714_16392336.jpg



お刺身 鯛とタコ  母、つくしに異常反応(笑)
c0116714_1641357.jpg


焼き物 鰆(さわら) ふきのとう わかごぼうの葉
魚に春で、鰆なんですね。今知りました。日本語って、素敵ですね・・。
c0116714_16434321.jpg


次は石川 「輪島物語」
c0116714_16462287.jpg


揚げ物 あまご モロッコインゲン 飛騨ネギ 白子
・・・ビジュアルにやられて、あまご食べちゃってました。
c0116714_16472749.jpg


滋賀 「七本槍」
c0116714_16495856.jpg


イイダコの炊き合わせ 器のふたの裏まで素敵です。
c0116714_1651419.jpg


若牛蒡の炊き込みご飯
c0116714_16533594.jpg

こんな感じです。
c0116714_16541876.jpg


沢山食べられる健康に感謝!稲庭うどん追加!
c0116714_1657496.jpg


豆乳プリン ぽんかんソース きんかんの砂糖漬け
c0116714_16575675.jpg


〆の一服
c0116714_16592180.jpg


気持ちいい!
ホントに「このは」さんは気持ちいいお店です。
僕と同世代(2歳くらい上やったかな?)の大将と女将さん。
カウンターなので喋るものの、はにかんでシャイな大将と、
ソムリエの資格も持ってはる女将さんのサンパなおもてなし。
女将さんの人当たりの柔らかさは、アキュイールのマダムと双璧ですね。
母親も「ホントに良い時間だった」って喜んでましたし、めでたしめでたし。
フレンチやイタリアンのほうが圧倒的に食す機会の多い僕には、
和食で、肩肘張らず、コスパも高い「このは」さんは貴重な存在です。
せめて季節ごとには伺いたいなぁ・・と思わせてくれるこの場所に
今度はいつ戻って来れるかなぁ・・・。
また、そのときは一緒に飲みましょうか・・・お母さん。もとい「おかん」(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-23 02:02 | このは

だって、2月末くらいのことやから・・・
全っ然、覚えてません。
書こうか書くまいか・・・・ってか、書けないんですけど(笑)

この日は何か飲みたい気分で。
ダイガクさんとこでカウンターは初めてやったかな。
いつも通り、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

さ、画像のみで、サクサクッといきますね。
c0116714_15443410.jpg


グージェールと・・・・ス、スープ。
c0116714_15445863.jpg

c0116714_15452285.jpg

これ、ホントに美味しかった!
c0116714_15453543.jpg

でかい寒ぶりです。
c0116714_15464569.jpg


今年初のホタルイカです(当時)。思わず「春ですね~」って(当時)。
c0116714_15472441.jpg

c0116714_1554647.jpg


ダイガクさんとこでは、羊ばっかりのような・・。ガルニも春先取り!(当時)
c0116714_15493955.jpg


c0116714_15544060.jpg

c0116714_15545767.jpg



今度はちゃんと書きますからっ!ダイガクさん、すいませんっ!(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-22 15:57 | ビストロ ア ヴァン ダイガク

昨年はパティスリーのオープンで、
年明けから走りまくった感があったので、
今年は「自ら動かない」ことがテーマでした。
元同僚のレストランとビストロが、春と秋にオープンすることもあって、
イベント的には僕的には事欠かない1年で、
流れを見守ってゆっくりじっくり過ごす1年・・・のはずでした。

ことの発端は主力メンバーの相次ぐ離脱。
ヴァンドゥースの核になってくれてた2名、
それと、うちの1番しんどい時期を共に頑張ってくれた職人1名。
c0116714_13375373.jpg

あ、写真は僕じゃないですよ。

自分で言うのもなんですが、
僕とマンツーマンで働くのは、かなりキツイと思います。
テレビ放送などで、睡眠時間30分ほどの毎日を1ヶ月強過ごした時も
彼と2人でした。
今のシュクレは、彼の踏ん張り無くしてなかったといっても過言ではないでしょう。
安らかに・・・じゃなかった(笑)、今後の活躍が楽しみです。
いずれ「シュクレ出身」の第1号として、皆さんにもご紹介できると思います。

ま、彼の退店は、仕方ないことなのですが、
2ヶ月ほどの余裕をもってかけた求人に、ろくな反応がない!
「は?」って子がたまにくるくらいで、タイムリミットだけが刻々と近づいてくる。

そんな中、自分に聞きたい。「突然どしたの?」。
突発的に引越しを決めました(笑)
はい、前後の脈略もなく。「なんかの縁かな」程度で。
1日前までは考えてなかったのに、なぜによりによってこんな時期に!?
これ、かなり自分の首しめました(笑)
しかし・・喉もと過ぎれば熱さ忘れまくりの今日この頃・・・。
c0116714_13533016.jpg

見てください。
「シュクレの前の桜が、今年も咲きましたよ」的なことを書こうと思って
ちゃんと桜も撮ってたんです。
今じゃ、真っ緑の、憎らしいほど青々と茂った葉桜ですが。

はい、流れ的に、まだこのころ新入生は決まってません。
で、やっと決まったのが・・・ド素人の女の子3名。
1名抜けるのに3名補充。完全に質より量です(笑)
1名遠方からの引越し、1名前の仕事の都合で、結局1名スタート。
しかもリミット1週間前。
ド素人が、うちで3年やった子の仕事を1週間で引き継ぐの巻・・でした。
案の定、ぐっちゃぐちゃ。ま、無理も無いですよね。
引き継ぎ終わったら、もう一人入ってくるから・・・と思って待ってた新人2号。
・・・2日で辞めました。
c0116714_1435113.jpg

癒し画像で和んだところで、
運良く、良い子が入ってくれました。
あと1週間遅れてたら、多分誰か倒れてましたね。
久々に、「あ、無理かも」って思いましたもん。

山口から来てくれた女の子も合流し、やっと頭数だけは揃いました。
頭数だけは・・・ですが(笑)

c0116714_1492171.jpg

シュクレも気づけば4歳になり、
ホッっと一息・・・・なんて着く間も1瞬もなく、
かねてから進行中だった肥後橋のレストランが、大詰めになってきました。
パンは一任されてるけど、なかなかメニューは上がってこない。
厨房は賑やかやけどグチャグチャ。
ヴァンドゥースは、核の子一人で切り盛りしてくれてる状態。
気づけばブログも書けてない。
思考が耳からこぼれ出そうでした。

フランスから帰ってきて、そういえば二ツ星三ツ星クラスのレストランといえば、
昨年のカンテサンスくらいしか行ってない・・・。
思い立ったが吉日。
後先考えずに、2週続けてレストラン予約。東京の。
またこれがしんどかった(笑)
休みも取れないまま、友人のレストランの打ち合わせやらなんやら。
レセプションもバタバタの中、何とか終わり、グランドオープンへ。
・・・・まだ、パン決まってなかったんですけど(笑)

とか言ってる最中、ま、視察に来てたのは知ってましたが
韓国からセミナーの依頼。
片言のFAXにうけつつ(笑)いつものようにお断りする予定でした。
が・・・さあ、どうなるでしょうか。
「昨日まで、行かへんっていってたやん!」って言っても
何故か前向きに検討し始めてる自分についていくのがしんどいです。

で、「しまった!!明後日からG.Wやん!」
・・・はい、これが今年初めてG.W営業した真相です。
G.Wにも気づかず、考える間も無く、休みの告知も出来ず、
開けざるを得なかったんです(笑)
で、「しんどすぎる!」と、G.W明け臨時休業。
計画性ゼロですね・・・ご迷惑おかけします。

c0116714_14304378.jpg

そんな僕もこないだ誕生日を迎え、
その誕生日に間に合わせる予定だったHP用プロフィールも間に合わず
しかも誕生日を迎えたのは肥後橋のレストランでの厨房での打ち合わせ中。
・・・らしいっちゃ、らしいですが。

さ、てなわけで、ここに書いてる幾つかは
記事として滞ってるわけで。
頑張ってまた書き始めますね。

しばらく更新が滞ってる中でも遊びにきてくださってた方、
重ね重ねありがとうございました。
ゼロやったら、このまま辞めてました(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-22 14:51 | とりとめなく・・

取り急ぎ・・

先のブログにて、「お客様からのメール全て返信終わりました」を読まれて、
「返信されてない。届いてないんですかね?」とメールいただいたお客様。
2月28日から今日までの間、5通いただいてます。
全部お返事書いて返信してますが、一通も届かず帰ってきます。
暖かいメール、ありがたく全部読ませていただいてますよ。
遅れても、いただいた方全員に返信してます。
送れなかった方は他におられませんが、
返信メールが届かない等以外、返信しないことはありません。
ブログも見てくださってるようですので、この場を借りてお知らせさせていただきます。
いつも応援ありがとうございます。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-21 16:42 | とりとめなく・・

お久しぶりです。

すいません、ご心配していただいてる方もおられるようで・・。
更新が滞っている間も覗いて下さってた方もすいません・・・。
書くことは沢山あるのですが・・・。
とりあえず、3月後半から返信も出来なかったお客さんからのメールを
やっと今、返信し終えたとこです。
さ、このまま一ヶ月前から保留になってる、
HP上でのプロフィールの作成に入ります・・・。
ブログも頑張って早く再開しますね。
取り急ぎ、久しぶりのご挨拶まで・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2008-05-15 03:53 | とりとめなく・・