「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

年明けから、内部のことでバタバタとしてまして、
いろいろ検証し、検討し、一新することや、変更することなど、
組織の骨格の部分に大きな変更が起こった3ヶ月でした。
それは、組織をレントゲンで撮影し、キレイに病気を発見し、
対処法を考えたり、未然に防ぐ予防をしたりする作業。

その小さな改革の中で、
出来たと思ってて出来てなかったのが、
「原価」への適切なアプローチ。
皆さんが知ってる範囲より多くの部分で 
全国的に原材料の価格高騰が叫ばれています。
一度ならず、二度三度ならず、高価なものや珍しいものだけでもなく、
どんどん原価は上がっています。
近いところでは、4月からの小麦価格9.7%上昇があります。
何度か値上げも含めてアプローチはかけましたが、
今のシュクレとモンテベロの売り上げに対しての原価率では、
店の存続を圧迫しかねません。
いや、正確には思いのほか圧迫されていたというのが正直なところです。
もちろん、僕ら側でも身を削ってやれることはやっていきますが、
クオリティを下げてガッカリさせてしまうことは避けたいと思っています。

そこでこの度、みなさんにお願い並びに了承願いたいことがあります。
一部商品を、4月1日(月)ようを持ちまして、
10円値上げさせていただきたいということと、
これ以上、僕の中で値上げが難しいと考えるものに対しては、
値段を据え置きにする変わりに、
一周り大きさを小さくさせていただきたいのです。

もちろん、食べてもらって物足りなさが残るかというと、
決してそうではない範囲です。
うちの特徴でもある「たくさん入ったフルーツやナッツ」、
などの割合も全く変わりません。
比較してやっと「小さくなった?」と分かる程度には留めています。

ですが、検討からの決断が、ギリギリまでずれ込んでしまい、
ご報告とご説明が遅くなってしまったことへのお詫びと共に、
ちゃんと説明とご報告をさせていただき、
ご理解をいただきたく思い、この場をお借りさせていただきました。

これからまだまだ原材料の価格高騰は続くと思います。
さらに、消費税の税率アップも遠くない未来です。
それを憂うことは簡単ですが、
現実的にどう対処していくかということは、
大きな問題でもあり課題でもあります。
原材料の高騰は、どうにもならない世界的背景があったり、
そこで生産者や問屋さんが苦しめばいいのかというと、
間違いなくそんなことは不公平で。
もちろん、僕ら店側も抱えれる範囲は限られてるわけで。
かといって、お客さんにその分の負担を強いるのも違うわけで。

生産者さん、問屋さん、お店さん、お客さん、
それぞれがそれぞれで「生活」を抱えてる中で、
それぞれがそれぞれ、納得できる範囲で価格や価値を収めることが、
これから僕らは、この場所において、
「ブーランジュリ」という形態ではたして可能なのかどうか、
一つの岐路には立ってるんだと思います。

今年で丸9年。
10年までのあと1年間で、
僕らの一つの答えは出せるよう努力していきたいと思いますので、
みなさん、何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。



ル シュクレクール 店主  岩永 歩
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-31 20:24 | シュクレクール

ついに・・・

いろんな意味で「この日が来てしまった・・・」と言いますか。

今日は恒例となって二回目となります「毎月PUB」。
詳細は、以前告知した通り。恐ろしくて声にするのも憚られます(笑)

と、くしくも今日、モンテベロをずっと支えてくれてた二人が退職します。
一人は、最後のオープン戦士の絵美さん。
ずっとず~~っと、開店時から販売のお手伝いをしてくれてました。
僕にとっては、絵美さんがいることは、
シェフが変わり、スタッフも変わっていく中で、
一つの変わらぬ景色でもありました。
販売の仕事以外にも、多くの場面で活躍してくれた絵美さん。
これからは前職のデザインの仕事に力を入れていきます。
デザインは、本当にたくさんの可能性や、大きな「伝える力」を持っています。
その分野でも、たくさんの笑顔を創りだしてくれることと思います。
今まで本当にありがとう。感謝の言葉しかありません。
そして、ずっと理解を示してくださってた旦那さんにもこの場をお借りしまして、
本当にありがとうございました。
共に働かせていただいた時間は、僕にとっても、モンテベロにとっても、
かけがえのない時間となりました。重ね重ね、ありがとうございました。
・・・・まだ全然実感は湧いてないんですけどね。

で、もう一人。
前シェフの時から焼き菓子全般を一任され、
シェフが変わっても全く変わらぬクオリティを守り続けてくれたパティシエール、
細井 麻季。僕が出会ったパティシエールの中でも、本当に良い職人でした。
実は彼女は、昔僕が働いていたレストランで働いてたという縁もあり、
なんかどこか他人とは思えない部分もあったんですが、
そういう情的な部分を仕事でかき消し、しっかり対峙できる職人になってくれました。
うちに来た当初は、「自分は今までパティシエールじゃなかったんだ・・・」と、
前職での牢獄のような仕事とのギャップに戸惑っていましたが(笑)、
自分の仕事に対して、不器用ながら常に真っすぐな姿勢には、
職場において、「もう少しだけ視野を広く持ってくれたらなぁ・・・・」、
なんてささやかな望みはかき消されるくらいのずば抜けた長所でした(笑)
彼女の焼く焼き菓子は、彼女自身を表してるかのように、
実直で、意思を持ち、反面もろさも併せ持ち、温かく、大らかで、
突き付けるというより問いかけるような印象を持っています。
そう感じるようになったのは、今のポジションを任され、
それを必死に守ろうとしていたころではなく、自分で何かを創りだす、
苦手な「表現」という部分に踏み込みだしてからのこと。
「あぁ・・・・細井らしいなぁ・・・・・」って試食の時に初めて感じた時には、
涙が出てきそうになったのを思い出します。
それを思い返すとね・・・・・本当に、立派になったなぁ・・・って、
たくましくなったなぁ・・・・って、やっぱり、巣立つ時なんだなぁ・・・・って。
強烈に寂しくもありながら、また一人、離れて別の場所で働いていても、
その存在が励みになり、その存在が楽しみでもある職人に出逢えたことに、
ただただ感謝の気持ちを持って、彼女を見送りたいと思います。
次の挑戦の場は、名古屋になります。詳細は追って報告させていただきます。

退職当日にも関わらず、バタバタ働いてるわけですが、
もし今日、毎月PUBで見かけたら、
一言「おつかれさま」と声をかけてやってください。
僕は何もしてやれませんでしたが、大事な戦友の一人です。
c0116714_23305814.jpg

月並みですが、今まで本当にありがとう。





さ、気を取り直して、本日、毎月PUBにて、あ、シュクレでもですが、
皆さんのお越しをお待ちしております!!

それから!昨日、捻じ込んでの発表となりました「ワイン会」。
「夜に帰宅してから見た・・・」との苦情も頂きましたが(笑)、
それが功を奏してか、若干の空きがまだあります。
良かったらまだ間に合いますのでご応募くださいませ!!

ではでは後ほど・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-31 12:06 | とりとめなく・・

お待たせしました!

花見疲れ、もしくは今も花見をされてる方がいる中ですいませんが・・・

Pain!Vin! Pain!
~パンに囲まれたワインの会~

第一回 「ブルゴーニュとボルドーに、ふんわり触れるシルキータッチで。」

開催日時  4月14日 日曜日 14時~夕方くらいまで。

会場     豊中市 「HTS」さんにて。

定員     HTSさんと合わせて20名弱(シュクレ枠は13名)

会費     5000円
        ワイン計5杯ほど。シュクレクールのパン数種。
        神戸「ランス」さんのフロマージュ数種。お手軽な料理数種。
        皆さんとワインを通じて仲良くなりたいという気持ち、たんまり。

募集要項  ・お名前
        ・ご連絡先(できれば携帯番号)
        ・ワイン歴(ざっくりでオッケーです)
        ・家飲み派?ou 外飲み派?

「よくわかんないんだけど、ワインは好きだよ!!」って方向けの、
その「よくわかんない」って部分にちょっとした背景をプラスしたら、
もっとワインが楽しくなるんじゃない?って感じの、まろっとした会です。
分かりやすく言いますと、知識を増やすために「学ぶ」という会ではなく、
ワインと親しくなるために「触れる」というような会だということです。
まろっとね。まろっといきましょう。シルキーでもいきましょう。

今からメールのみで受け付け開始とさせていただきます。
先着順で、定員に達し次第締め切らせていただきます。
なお、少人数での開催となりますので、
1メールにつきお一人様までのご応募とさせていただきます。
車椅子で来られる方や、筆談が必要な方など、
遠慮なく何なりと仰ってください。
応募基準は、この会に「行きたい!」と思ってくださったかどうかのみです!


では、よろしくお願いします!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-30 19:59 | シュクレクール

今日は絶好の花見日和。
明日の天気がもたつきそうってこともあり、
お花見に出かける方も多いのでは?

シュクレの向かいの桜も、日当たり良い側はもう満開。
c0116714_934528.jpg

朝晩の身体をすり抜ける風はまだ肌寒さを感じるものの、
短い「春」を、目いっぱい愛でたいものです。

さて、なんでこんな時間にアップしてるかといいますと、
朝、机の上に置いてあった「告知お願いします」の期限が、
まさかの今日中(笑) ま、そういう攻撃も、嫌いじゃない自分がいるのですが。

その告知、今晩20時~させていただきます。
内容は、以前にもチラッと報告させていただいてた、
「よくわかんないんだけど、ワインは好きだよ!!」って方向けの、
その「よくわかんない」って部分にちょっとした背景をプラスしたら、
もっとワインが楽しくなるんじゃない?って感じの、
ま、うちらしくダラッとした「ワイン会」を開催します。

なので、そこそこ知識を持ち合わせてる方の参加の意思を削ぐくらい、
分かりやすいとこを入り口にしてます。そこんとこ、ご注意ください。
もっともっと、まろっとした感じのワイン会だと思ってください。

一緒にやってくださるのは、北新地「弘屋」さんのワインショップ、
豊中駅前にある「HTS」さん。
ただでさえユルいシュクレと、これまたそこそこユルいHTSさんのコラボ(笑)

ワイン、もう少し知れたらなぁ・・・
でも、教室とか通うほど詰めたくないしなぁ・・・
知識を欲しいわけじゃなくて、「楽しい!」ってこと教わりたいなぁ・・・
そんな方、お待ちしています。

ただし、HTSさんの店内は広くありませんので、
定員は20名弱。うちの枠は13名となります。
日にちは4月14日の日曜日。14時~の開催となります。
初回はブルゴーニュとボルドーにふんわり触れる感じです(笑)
なんやかんやと計5,6杯、で、うちのパン、
ランスさんのチーズ、ちょっとした小料理、
これらがついて何と5000円ポッキリ!
いつ決めますか?・・・・・・・い・・・今・・・・で・・・・・
ダメだ!自分で振っといてハズかしくて言えない(笑)

あ、人数が人数なので、
1メールにつきお一人様のご応募とさせていただきます。
ほぼほぼ話しましたが、本日20時の告知にて詳細発表、
及び募集開始とさせていただきます。

「こんなのして欲しかった」って方に来てもらえると嬉しいです。


さ、お花見の影響からか、シュクレではカスクルートが珍しく、
出せば無くなる現象が起きてます。全然そんな準備してなかったし・・・。
モンテベロの焼き菓子やドゥミセックも、外で食べるには最高です!!

お花見前に、テロッと岸部経由・・・ってのも乙なもんですよ。
c0116714_10105126.jpg

[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-30 10:14 | シュクレクール

明日は、生憎の天気だということですが、
そろそろ市民権を得てきたのではないかと思ったりもする、
朝日新聞の夕刊でも取り上げていただいたイベント、
満月PUB」が開催されます!
c0116714_2254186.jpg

今回の大阪会場は、心斎橋の「ビストロ ア ヴァン ダイガク」さん。
あの死の階段を、パン抱えて三階まで上がるのはゾッとしますが、
皆さんのお越しを最上階にてユルリとお待ちしております。
僕らは19時くらい目標でスタートする感じです。

いまだ「遠いから」と岸部には足を運んでくれない、あなた。
週末は行くけど平日にも買えると嬉しいな、って思う、あなた。
持ち帰りももちろん出来ますので、テロッと寄っていってくださいませ。

ダイガクさんと店同士で絡ませてもらうのは久しぶり。
個人的にもとても楽しみにしてますので、会場でお会いしましょう!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-26 22:56 | とりとめなく・・

久方ぶりに・・・

モンテベロのお菓子のHP用の写真、撮りました。
一眼のバッテリーの充電器の行方が分からなくなり、
しばらくご無沙汰してしまい、ご迷惑をおかけしました・・・。

まぁ、久しぶりに撮ると、やっぱりお菓子は華がありますよね。
春の新作も含めた数点を、チラッとご紹介しましょう。

タルト ショコラ フランボワーズ
c0116714_16322077.jpg

サクラ
c0116714_16423313.jpg

レミーマルタン
c0116714_16512291.jpg

メルヴェイユ
c0116714_1764230.jpg

ローズ
c0116714_1765182.jpg

ボヌール
c0116714_1773112.jpg

さらに新作も2つ3つ完成を控えてるのもありまして、
さらにさらに4月半ばには阪急さんで催事もさせていただくことになりまして、
もちろんそこにも新作2つ3つぶっ込む感じでして、
暖かくなってきたこの季節に、モンテベロ、遂に冬眠から覚めた感じです!(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-26 15:53 | ケ モンテベロ

帰って来たよ。

「帰って来たよ」 そう言わんばかりに。
c0116714_14384229.jpg

「元気にしてた?」 そう言わんばかりに。
c0116714_1439921.jpg

「春」ともう一つの時期の訪れを告げに、
店の向かいの桜が、気が付けば花を咲かせていました。
c0116714_144015.jpg

何年経っても、何度迎えても、
この季節の始まりは、シュクレクールの始まりと重なっていて、
見上げる桜の木の下、何とも言えぬ混在した感情に、
ギュ~~~~~ッって、胸が締め付けられるのです。

それは、目まぐるしく、忙しなく日々を浪費していく日々のなかで、
唯一「あの頃」の感情の一部分と今を繋げてくれる、
年に一度の儀式のようでもあるのです・・・。
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-25 14:57 | シュクレクール

お知らせです

第二回 「毎月PUB」 開催のご案内。

毎月最終週の日曜日に行っています定期イベント「毎月PUB」。
その第二回に当たる3月31日(日)の詳細が決定致しました。

月替わりにコンセプトも変わるこのイベント。
そのコンセプトと共に、プロデューサーもスタッフ間で変わるんです。
今回のプロデューサーは、厨房スタッフの中村君です。
c0116714_17433100.jpg

写真からわかるように、いつもニヤニヤ不敵な笑顔の中村くん。
彼主催の今回が、第二回にして既に2013年度、最大の難関だと思ってます・・・。
では発表します!今回のコンセプトは!
夜ノお花見
(注意  開催時間は真昼間です)

ちなみに・・・一応内容を、台本通り告知しておきますね・・・。

趣味として茶道を嗜むシュクレ厨房のスタッフの中村(通称:メルヘンゆとり大使)。
そんな彼が繰り広げる、昼なのに夜のお花見・・・。
ファンタスティック(素晴らしい!・・ではないほうの意味です)な時間を御期待下さい。


先に言っておきます。不安なのは皆さんだけではありませんので!!
「期待」とか、そんな感情は「無」にして来て下さる方限定イベントです(笑)

ただ・・・前回のカレーイベントに、
スタッフとタベルネッタ ダ キタヤマの北山シェフの共演があったように、
薄々、「毎回シュクレに無理から誰かが巻き込まれるんちゃうか・・・」
と、察していらした方、正解です!!
では今回、奇才中村先生と共演してくださるのは一体どなたなんでしょうか。
それは・・・、、「外れクジ引いた・・・・」と言いながらも参加表明してくださった、
皐月庵by谷九
え~~~~、当日は、店主佐々木くん自ら谷九から自転車で参戦しますが、
急なオファーゆえ、何するかまだ正式に決まっておりません(笑)
もちろん、中村先生の指導のもと、本業を生かした形で、
会の主旨にそった何かを提供して下さると思います。
っていうか、ほぼほぼこっちがメイン張ってくれないと困るんで、
本当に宜しくお願いします・・・・と祈らざるを得ない感じです。

さ、それでも「来たい」と思ってくださる奇特な方向けに、概要を書いときます。

日にち  3月31日(日)
時間   14時~17時頃
価格   お抹茶セット  500円~(未定に近い予定)
      お花見弁当  価格未定・・・というか、お花見弁当すら未定(笑)
場所   大月酒店 3Fスペース (シュクレから岸辺駅方面徒歩3分)

シュクレからは、お抹茶に合わせた乾菓子が出るみたいです。
前回のナンで懲りた僕はタッチしません(笑)
「和」に寄せない調和の形を演出します・・・とのことです。

そして肝心のプロデューサーである中村が何をするのかというと、
実家である和歌山の寿司屋さんから、柿の葉寿司を送ってもらうという、
彼にしかできない大役を担っています。
「それって何もしてないやん・・・」と、お気づきの方ご安心ください。
当日は、抹茶セットをご注文いただいた勇気あるお客さんの前まで出向き、
軽妙なトークを交えながら目の前で一人一人お茶を点てるという暴挙に出ます。
なお、拒否された場合はキャンセル料をいただきますのでご了承ください。
※来場者多数の場合、プロデューサーではなく主催者側の一存で、
大幅に内容を変更させていただく可能性がございます。

それでは・・・・・当日、会場でお待ちしております。勇者、求ム!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-19 21:30 | シュクレクール

えっとですね・・・、

長いこと更新が滞ってまして、
そのくせ何だかご挨拶もなしに、
先日の記事もシレッと書き始めてしまった感じになってしまい、
申し訳ありません。

3月に入り、期間限定のパン パークや、
ホワイトデー限定のパンデピス イヴォワールが登場してることなど、
お知らせしなきゃいけないことだらけだったんですけどね。
そんな状態にも関わらず、ちゃんと足を運んでいただけてること、
本当に有り難く思っています。
懸念材料でもあった、元定休日の月火も、
思ったより早くお客さんに来ていただけるようになり、
内心相当ホッとしております・・・。

僕にとって、こういうところで「書く」という作業は、
いつまで経っても日常にはならず、そもそもその行為自体が、
「書く」というより「込める」という意味合いが強いわけで。
そうなると、ここに向かうこと自体にそこそこのエネルギーが必要で、
他のあれやこれやに魂が削がれてしまってると、
パソコンの前に向かうことすら出来ないわけでして・・・。

まだ諸々何の解決もしてないのですが、
一応の方向性くらいは見えてきたので、ようやく書く気になった次第です。
ちょいちょい書き始める予定なので、また気軽に読んでやってください。

さて、パンも今日で10種類以上入れ替わり、
ショーケースの中も、めっきり春の気配が漂います。
HPのメニュー欄から覗いてやってください。
その中から、よりによってベーグルをテロッと紹介しますね。

・ベーグル ポティロン
c0116714_20395079.jpg

かぼちゃのピュレを練り込み、
香ばしいかぼちゃの種を周りに付けたという、ベタさ加減。
そこにターメリックとクミン、オレンジ、グリーンレーズンと、
いろいろ合わせた割には落ち着くとこに落ち着いた感じですので、ご安心を。

・ベーグル ポム
c0116714_2040545.jpg

香り高い酒粕を練り込み、リンゴ、ホワイトチョコ、レモンを組み合わせ、
ローズマリーの香りを添えました。

・ベーグル エピナ
c0116714_20402188.jpg

ほうれん草のピュレを練り込んだ、緑鮮やかなベーグル。
そこにディジョン産粒マスタード、クルミ、ベーコン、
エメンタールチーズをさり気無く合わせてみました。

そろそろ、第二回「毎月PUB」の開催が近づいてきました。
大体2週間前には内容の発表をさせていただく予定にはしておりますので、
近々テロッとお知らせさせていただきます。
と、もう一つ、今年一発目の「臨時休業」の件ですが、
日程を決めなきゃならない時期が近づいてきました。
曜日はやはり月曜日。時期的には5月末くらいかなぁ・・・。
皆さん、心の準備をしておいてくださいませ。



・・・・とまぁ、そんな感じです。
モンテベロのショーケースも、この季節定番の桜関連などなどから、
4月にかけて新作も控えていますので、お楽しみに!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-16 17:31 | シュクレクール

夢の続き。

僕にとって、とくに思い入れのなかった3月10日が、



今年を境に特別な日になりました。



数日前まではこんな感じだったのに、
c0116714_12425492.jpg



当日はたくさんの温かな気持ちに包まれていました
c0116714_12432761.jpg



相変わらずたどたどしい挨拶の主は、
そう、初代モンテベロのシェフの橋本です。
c0116714_12512882.jpg

マダムもちゃんと「マダム」してました。
一人一人扉までお見送りしてお礼を伝えてる姿は、
必ずお客さんの心の「今日という日」というページに、
シェフのお菓子と並んで記されているはずです。


いろんなことを思い返せばキリがなく、
せっかくの祝いの日に感極まった不細工な泣き顔も似合わないだろうし、
この日はただただ「おめでとう!」の気持ちだけで過ごして、
帰ってからこれ見て、「あの橋本がねぇ・・・・」と、
思い出し泣きに浸りました(笑)


今日またここに、真摯にフランスを担い、
表現しようとするお店が生まれました。
一軒、また一軒と、ゆっくりではありますが、
「パティシエ」という仕事に逃げずに対峙しようとする作り手が、
大阪にも増えてきた気がします。
そんな僕らの世代がそこそこ爺さんになるくらいには、
大阪にも、東京のように「フランス菓子」が地域に根付き、
「甘い」「重い」「高い」ではなく、そこにある「価値」を楽しんでいただけるような、
そんな未来が広がっていたら嬉しいなぁ・・・って思います。
その為にも、今、僕らの世代がやらなきゃいけないこと、残さなきゃいけないこと、
伝え、繋がなきゃいけないこと、少なくないんだと思ってます。


まだ、拓けてない。
まだ、魅せれてない。
もっともっと、もっともっと、
お客さんに本質を突きつけるような仕事、
僕ら世代がしていかないと。
それはきっと、
土地を耕すような地味な作業なのかもしれないけど、
痩せた土地には良い実りは生まれません。
大事な仕事。大事な役割。



「acidracines」(アシッドラシーヌ)
大阪市中央区内平野町1-4-6
 tel&fax 06-7165-3495
 営業時間 11時~20時  
 定休日 水曜日




彼がモンテベロを去る時、多くのことをここで綴りましたので、
今回は自分のなかで噛みしめながら終わりたいと思います。
一緒に過ごした時間の中で、彼が表現しようとしてた「パティスリー」、
その夢の続きを楽しみに見させていただきます。



開店のこと、知ってる方も多かったと思いますが、
ここでのお知らせ、遅くなってしまい本当に申し訳ありませんでした。


最後になりますが、太君、美佳ちゃん、
心から、「おめでとう」


良かったね!!!
[PR]
by monsieur-enfant | 2013-03-12 20:28 | アシッドラシーヌ