ブログトップ

なないろめがね

くしくもフランス革命記念日となる7月14日、
革命の匂いのかけらもせず、ひっそりと産声をあげた小さなお店。
c0116714_1242829.jpg

服屋さん、雑貨屋さん、美容室、ギャラリーなど、
いろんなお店が各階で頑張ってるレトロ感漂うビルの一角。
c0116714_1284272.jpg

「どこかな・・・?」と、迷われた方には、
実は看板の裏に「ヒント」が記されていますので、ご安心を。

ヒントのおかげでどこか分かったなら、
地下へ向かう階段の先のシュールなシンボル、「青いドラム缶」の歓迎を受けながら、
思い切って矢印の方角に進んでみてください。
c0116714_1313180.jpg

ほら、怖くない怖くない。
c0116714_1331262.jpg

これがシュクレクール苦節10年にして、
満を持して市内に進出して来たNEWスタイルです。
c0116714_1343721.jpg

いや・・・ウソです。いつもの通りの行き当たりばったりです(笑)
部屋の引き渡しから2週間という一夜城のようなオープンでしたが、
パン屋に見えなくもない・・・くらいまでは持って来れたと自負しています。

 岸部までわざわざ来てくださったお客さんが、
「1個とか2個とか」で帰られることは滅多にありません。
何日分かをまとめて買って帰られ、冷凍したのを大事に食べてくれてます。
そこに何の不満もありませんし、有り難いことだと感謝しています。
ですが、せっかく今回「四ツ橋出張所」が出来たのです。
殺風景な店内ではありますが、ちょっと寄って「1個2個買って帰る」という、
日常使いで使ってもらえれば、とてもとても嬉しく思います。
そして出来れば・・・・・・たまには岸部にも遊びに来てもらえたら尚嬉しいです。
c0116714_21483394.jpg

フリードリンク、フリーフード持ち込み可の、
画期的なイートインスペースもご用意しております。
c0116714_0522486.jpg

岸部共々、皆さん、どうぞ宜しくお願いします!
c0116714_057479.jpg




ショップデータ

シュクレクール四ツ橋出張所
2014年7月14日(月曜) オープン
開店11:00くらい~閉店19:00くらい

大阪市西区新町1-8-24 角屋四ツ橋ビル 地下1階
四ツ橋駅②番出口からから徒歩3分

定休日 土日祝
(来週の火曜水曜は、岸部が月1の定休日のため、四ツ橋もストップします。
ですので、日月火水が休みとなります。開店早々申し訳ありません・・・)
[PR]
by monsieur-enfant | 2014-07-16 01:09 | シュクレクール

思考回路が完全にショートしかかってて、
若干頭から蒸気が立ち上ってんちゃうか的な日々の中、
しなきゃいけない告知だけしておきますね。

えっと、1つ目は、
なんでしょね・・・夏のパンが揃って来た感じですかね。
予定に無かったパンも、お客さんの声により復活したりと、
「あ、うちって結構融通利く店やん!」と、再発見してみたり・・・。
まだHPのメニューには載ってませんが、
あの「エグゾティック」もスマした顔で並んでおります。
c0116714_21102895.jpg

あ、画像はソーシス ピマンテ。酢豚的なヤツですね。夏っすね。

で、2つ目は、明日なんですが、
東京でパンの販売があります。初めてです。
しかも、焼き上げたパンを積んで車で運びます。
場所は、青山にある青山国連大学で毎週末行われてる、
青山ファーマーズマーケットに参加します。
お声がけいただいたのは、以前僕も伺わせてもらった、
千葉県八街市にある「エコファーム アサノ」さん。
c0116714_21154834.jpg

「買い物に来たお客さんが楽しめるブースを作りたいよね」って話から、
同じブースを分け分けして、お野菜てんこ盛り、パンてんこ盛り的な、
ま、まだ現場を見たこともないので、あくまで想像の範囲ですが、
普段使いのお野菜とパンが並んで売られてて、
それもちゃんと作り手の顔が見えるもので、
尚かつ価値のあるものを提供する。
恐縮なお誘いでしたが、こんな嬉し楽しなお誘い、なかなかありません。
それから、来てもらってばっかりの東京のお客さんのとこに、
こっちから行ってパンを販売出来るってのも嬉しいわけです。
往復14時間、フランスに着いちゃうくらいの長旅ですが、
こんな試みを「楽しそうっ!」って遊びに来て下さる方々に会えるのも楽しみに、
安全運転で向かいたいと思います。
東京にお知り合いのおられる方は、是非教えてあげてください。
アサノさんとこのお野菜だけでも行く価値あると思いますよ。
開始は10時だったと思います。

と、次は明後日のお話。
憶測ばかりが飛び交ってますが、物件引き渡しから2週間で、
いよいよオープンの運びとなりました「シュクレクール 四ツ橋出張所」。
簡潔に言います。「平日に岸部まで来れない方がちょろっと寄って買える場所」。
それ以上でも、それ以下でもありません。
もちろん初の試みなので、
僕ら側としてもマーケティング要素はなきにしもあらずですが、
なんなら、屋台でも良かったんです。ぐらい気軽なスタートでした。
FBで情報は流してましたが、今回の物件はB1です。そう、地下です。
路面は無理です。市内のビジネス街で路面なんて、ガチの出店じゃないですか。
それに2階でも、そっこそこのお値段します。岸部の比じゃありません。
なので地下です。自然光も入りません。外からも一切見えません。
電話もないので問い合わせも出来ません。予約は直接交わした口約束です(笑)
ですが、奇をてらったわけではないんですよ。

3年後、5年後の選択肢の為にも、
僕らが出店することへの反応も見たかったので、
どうせなら岸部と対局のマーケットに店を置きたかったんです。
そう、優先順位は「立地」。譲れないのはビジネス街であること。
で・・・・、10周年のリニューアルで予算オーバーしてしまったツケが回って、
先にほぼ決まってたのは、「内装にはお金はかけれない」ということでした。
はい、DIYというやつです。はい、初めてそんなことしました。
なので、クオリティは期待しないでください。
もちろん、コンセプトも何もありませんよ。
元々、「屋台でも良かった」僕らが、「DIYで仕上げた店」です。
お客さんに来ていただいて、最低限失礼のないレベル・・・だと思ってます。
ちなみに、初めて覗いた時はこんな感じでした。
c0116714_20563577.jpg

あ、元Barのカウンターの一部は切断して残して、
飲み物持ち込みフリーで座れるスペースは作ってます。
ま、岸部に拠点があるからこそ、
「2号店!」みたいな位置づけではないからこそ、選べた物件。
元Barの真っ黒で真っ暗な地下物件、普通、パン屋は選びませんよね。
「じゃ、ここにしよっか」って感じで決まりました(笑)
階段を降りて来て下さるお客さんがいて初めて、
「店」として息をし出すわけです。それを楽しみにしています。

あ、逆に、過剰に楽しみにしてくださってた方々には肩すかしになると思います。
2号店ではありません。あくまで出張所です。持って行って並べて売ります。
「四ツ橋だから」みたいなものも出ません。基本、ほぼ同じです。
ですが、持って行く物が「ほぼ同じ」なだけで、持って行けないものもあります。
ヴィエノワズリーは、持って行けません。クロワッサン系統は特に難しいです。

そんな店でも、
普段使いとして「寄り易くなって助かるわ」って言ってもらえたなら嬉しいです。
週末は閉めます。平日のみです。月〜金です。お昼くらいから開けてます。
岸部は今まで通りです。
ですが、このタイミングで厨房スタッフが不足してしまいます。地獄です。
8月からはモンテベロと合わせて「火曜定休」にさせていただきます。
出張所は平日は営業します。
岸部だけ「火曜定休」に8月からさせていただきます。
c0116714_2129246.jpg


こんなくらいですかね。とりあえず。
では、そんな感じで、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by monsieur-enfant | 2014-07-12 21:31 | シュクレクール