「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

なないろめがね

11周年を機に、いろいろ思うこともありまして、
パンのサイズの変更に踏み切りましたが、
きっかけは、この子らでした。
c0116714_1527371.jpg

「Pain au Tomates   Pain aux Olive」
10周年のリニューアル前までは、
オープン以来ずっと店頭に並び続けた子たち。
ひょんなことで久しぶりに作ったとき思いました。
「かわいいねーーーー」
ベチョベチョのシャバタの生地に、さらに具材を混ぜ込むと、
ベッチョンベッチョンになってメチャクチャ扱いにくくなります。
でも、このコロンとした愛くるしいフォルムと久しぶりに再会してしまうと、
電撃復帰を即決してしまいました。どうぞ、また可愛がってやってくださいませ。

「Ficelle Petitspois」
c0116714_1610149.jpg

前にもプティポワのパン出してましたが、形も大きさも変わっての再登場。
プティポワと桜えびとレモン、以前よりシンプルな構成に変えた結果、
この子らの良さがシンプルに出るようになった気がします。


それから、タルトやキッシュも以前のポーションに戻しました。
c0116714_1693570.jpg

カット売りだと冷めないと切れないので冷まさなきゃいけなかったんですが、
これだと焼きあがったやつガンガン並べて食べてもらえるので、
個人的にはこっちで良かったのかなって思ったり。

あ、ヴィエノワにも懐かしい顔が帰ってきましたよ。
ま、そういうの全部羅列するブログも面白くないのでこのくらいにしておきます。
飽きてきたわけではありませんので・・・。

ではでは。
[PR]
by monsieur-enfant | 2015-05-20 16:02 | シュクレクール

えっと、まぁ、暑いですね・・・。

かと思いきや、窓開けっ放しにしてると、
「あれ・・・?」って、寝起きにグスグスしてたり。

なんか、掴みどころないというか、
思い通りにいかないというか、そんな今日この頃ですね。

ま、抗わず、流れるまま行きましょうと、
一つ歳をとって、より想うわけです。


昨年辺りから、「あんた、表情が変わったね」と、親に言われます。
目の当たりにしてる顔がっていうより、写真なんですけどね。
雑誌に掲載された写真や、イベントで使われた写真を見ながら、
「うんうん、やっぱりそうよね」的な検証を、親にされています。

現場と違って、比較的そこは、
気を使って今までも温和に写ってたつもりなんですけどね・・・。


とりとめのない話をダラッと書きましたが、
特にこれといった意図もオチもありません(笑)
以前のような鋭利なナイフを散りばめたような文章を期待されてた方、
期待はずれで申し訳ありません。
そういう意味では親が言うように、
パソコンに向かう時の表情も違うのかも知れませんね。

昔は画面を睨みつけながら言葉を叩きつけていましたが、
今はこんな顔でパソコンに向かっております。

c0116714_22152080.jpg



ま、明日からはもうちょっとシャキッと書こうかなあと、
思ったりもしてますので、今日はこの辺で。
[PR]
by monsieur-enfant | 2015-05-17 22:22 | とりとめなく・・

気持ちの良い春の風に、
すでにモワッとした湿度が加わり始め、
「春やなぁ・・・」と思える短い時間が、
今年も過ぎさろうとしています。

そんな、夏でもないけど、春でもないという、
アンニュイな季節に贈る、アンニュイなパンのご紹介。

「Pain aux Ananas et Jasmin」
c0116714_19215040.jpg

煮出すと爽やかなジャスミンを、粉上に粉砕してそのままぶち込むことで、
あえてのアンニュイさを演出しました。爽やかさだけでなく何とも濁った香りが鼻腔に抜け、
軽ーい抹茶の香りを添えてご機嫌を伺ったところに、キャッチーなパイナップルが微笑みます。
と思って油断してたら、ピンクペッパーがいぢわるしてきますよ。ひひひひ。

「La Brise de Côte Onuki」
c0116714_20275662.jpg

海が見え始めたときくらいの、ふわっと香る磯の香りと、
まだ夏のビリジアンみたく濃い緑じゃない若さの残る木々の匂いを、
淡く漂うアオサからワサビへの移行で表現しました。
柚子で陽射しの明るさを、山椒でマイク真木のような乾いた大人のピリッと感を忍ばせました。
ビーチボーイズ世代です。

うちのパンの中では珍しく、インパクトある組合せの割に優しい表情になっております。
ゆっくり食べながら、ゆっくり呼吸しながら、香りの変化を楽しんでください。
ちなみにパンの名前は僕の田舎の、千葉県富津市「大貫海岸」からとりました。

「Tarte flambee Abricot」
c0116714_003413.jpg

ブルターニュの「ガレット」が、街にちょいちょいガレット屋さんが出来てるせいで、
だいぶ認知度が上がりましたね。食事にも、デザートにもいただけるガレット。
アルザスのタルトフランベも、同じように案外いろんな種類があるんですよ。
現地では、もちろんデザートとしても食べられます。
ま、ガレットもタルトフランベも、乗せたもん勝ちって感じる部分もありますけどね。
今回は、少し酸のあるアプリコットを散りばめてみました。
上にはココナッツを散らしています。シンプルですけど、なかなか美味しいもんですよ。



ま、とりあえずこんな感じにしときます。
まだ写真撮れてないのもありますし。
思ったより書くの時間かかったりもしてますし。
ボチボチいきますねーー。
[PR]
by monsieur-enfant | 2015-05-14 00:03 | シュクレクール

パスワード、覚えているもんですね。
久しぶりだから、ログインすら出来ないんじゃないかと思ったのに。

はい、ご無沙汰しております。
見慣れた画面に書き込んでると、ちょっと懐かしくもあり、
若干、帰ってきた感ありますね。

それに、書かなくなって長くなりますが、
それでもちょいちょい読んでくださる人がいるんですね。
削除しないで残しておいた甲斐があるというものです。



さて、だからと言って「これからまた書き始めます宣言」をするわけでもなく、
あ、今は懐かしさもあり、覗いてくれる人がいるならたまには書こうかなって気分ですが、
久しぶりの更新の真意は、長年HPの写真を撮ってきた一眼レフが、
修理に行ってしまって一ヶ月くらい情報の上書きが出来なくなっちゃうのです。

なので、ま、しょうがないので、ここにちょいちょい載せていきますか、という感じです。

えっと、GWの代休明けの明日からは、
パンのサイズが大幅に変更になります。

10周年の昨年、厨房の労働時間改善や諸々含めて、
パンやタルトやキッシュのサイズが大きくなりましたが、
哀しいかな、一向に帰りが早くなりません!!
それに、この一年を見てきて、どの辺りが落とし所か分った気がします。
僕らも明日初めて見るので何とも言えませんが、
少しまた雰囲気変わるかも知れませんね。
手に取りやすくなってくれたら良いなって思ってます。

それに伴って、ちょいちょいパンも変わっていきます。
また明日以降に、代理のコンデジで撮って、ここからアナウンスしますね。

あと、今週末はモンテベロも良い感じ。
シャレオツな母の日限定パート ド フリュイや、
エクレール ショコラも完全リニューアルしての登場。
それはモンテベロのほうでアナウンスしてくれると思います。

さ、久しぶりなので新鮮な気持ちのまま、
今日は終わりとしましょうか。

では、また。
[PR]
by monsieur-enfant | 2015-05-08 23:25 | シュクレクール