人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

ブルターニュ・・・その前に①

フランス滞在もあと3日となりました。
気がつけば、帰国から3ヶ月も経ってるんですね(笑)
さ、ちょっと一息。
季節が変わってしまう前に、駆け足でお届けしますね。

最近、また雑誌に出まくりの「アキュイール」。
今回の久しぶりの訪問は、「祝!1周年!!」。
c0116714_1504513.jpg

この辺で、ごちゃごちゃ書くから長くなる(笑)今日はサクサクッと進めます。
久しぶりなもんで、お任せで。

イタリア産セップ茸のロワイヤル セップ茸とシャンピニオンのパスティヤ添え
c0116714_1534065.jpg

緩やかに始まると思いきや、セップの濃厚な香り。グッとテンションも上がります。

姫路産トピナンブールのデクリネゾンとラングスティーヌの軽いグリエ
c0116714_201236.jpg

レストランならではと言いますか、華やかなお皿使い。
下に受け皿があるのかと見間違うほど素敵なシルエット。
c0116714_24325.jpg

ラングスティーヌの甘さが口に広がる、お皿に負けない華やかな一品。

熊本県産 栗のスープ アールグレイの香りの鳴門金時と共に
ここに・・・
c0116714_220359.jpg

栗のスープ投入なわけです。
c0116714_2202786.jpg


あ、1年間連れ添ったシュクレのパンもパチリ
c0116714_284770.jpg


島根県産赤甘鯛の低温ロースト ブイヤベースのソース
c0116714_2101031.jpg

甘鯛、旨っ!白子好きを覚えてくれてるのか、アキュイールでの白子率高し。

エルダーフラワーのグラニテ
c0116714_2204726.jpg

アキュイール定番のお口直し。

フランス ピュルゴー家シャラン鴨のエギュイット ひとみ人参と生姜のソース
c0116714_2233994.jpg

美しい・・・。無駄なものは何もなく足したいものも何も無い。
あ、ソースもっと欲しかったかな(笑)

くるみとリコッタチーズをサンドしたブリ ド モー
c0116714_227626.jpg


梨のコンポートとヴェルヴェーヌのジュレ 蜂蜜とレモンのエスプーマ
岡山産ピオーネとポルトのソルべ
c0116714_2285996.jpg

うん、アヴァンデセールは、こういうチョイスだと嬉しいですね。
「もうデセールいらね~」ってなっちゃうとこ多いですから。

フレッシュイチジクとピスタチオのビスキュイ
c0116714_2312920.jpg


締めのカフェを啜りながら、テーブルの脇で連れ添った1年を思う・・・。
華やかな「レストラン」というカテゴリー。そして華やかな料理の数々。
もちろんそれらも魅力の多くを占めるんでしょうが、
数々の競合店ひしめく中、支持を集めてるのは、
その華やかさの裏の中多シェフの実直さや誠実さであったり、
マダムの細やかな心遣いであったり、やはり「人」の魅力が大きいのではないかと。
今日、改めて再確認させてもらった気がします。
いつも「まだまだ・・・」と、僕と違って謙虚な(笑)中多シェフ及びアキュイールを、
これからもテーブルの傍らで眺めさせてもらえる喜びと共に、
追いて行かれないように頑張らなきゃと、良い刺激をいただきました。
お互い、頑張りましょうね!
皆さんも、シュクレ共々アキュイールも宜しくお願いします!
by monsieur-enfant | 2008-12-14 01:44 | アキュイール