ブログトップ

なないろめがね

Orange juice

予定では9時出発。
なのに「新年」という、わけのわからない説得力が僕の迷いを成就させようと駆り立てる。
それは半年間、購入を迷い続けた「コンパクトデジカメ」、いわゆるコンデジ。
このブログの写真やシュクレ、モンテベロのHPの写真は、
全部僕がデジタル一眼で撮ってるんです。
でもやっぱりお店とかでは仰々しくて申し訳なくて。
それでコンデジの購入を検討し始めたのが半年前。はい、半年決めきれず・・・。
それを「新年やし、決めちゃえよ!」と急かすのだ。それもよりによってこんな日に。
「そやな!新年やしな!」・・・恐るべし、「新年」という説得力。
時間はないけど、半年悩んで3機種まで絞ってるんやから勢いで決めてしまおう。
しかし、こういうとこ優柔不断な僕。現場でさらに2時間悩んでしまう・・・。
結局、「今から石川県行ってくるわ」とモンテベロに顔を出したときは、
3時チェックインやのに、既に1時。「・・・間に合わないじゃないですか。」・・・ほんまやね。
今頃、山中温泉の蕎麦屋で蕎麦を啜りながら小芝居を打ってる予定やったのに。
小芝居、断念。

さ、急いで駅に向かい、新年も相変わらず寂れてる最寄り駅「岸辺」へ。
c0116714_2292530.jpg

今年も何人のお客さんが「こんな寂しい駅なんですか?」と驚かれるのだろう(笑)

新大阪まで行き、乗り換えます。やっぱ特急ってのがいいですよね。風情があって。
来ました、「雷鳥」。
c0116714_2315046.jpg

「いい日~、旅立ち~」と、口ずさみたくなりますよね。
って、あかんあかん。今回はそんなチャラい旅じゃないんでした。
厳しい寒さの中、己を見つめ・・・・って、もう出発ですわ。
車内はガラガラ。これで心置きなくさっき買ったコンデジをいじくれる。
「スイマセン!盗撮マニアがいますけど!」
って、横の人に車掌さんに突き出される心配もないですし。
しかし、出発早々オレンジジュースを大量に床に溢してしまった。
「あ~あ・・・。ネチョネチョするけど拭くもんないしなぁ・・・」
その後、コンデジを触りだすとネチョってることなんて忘れてしまってた。
いっつも一眼なので、なんとも可愛くて仕方ない。
横はいないけど、斜め後ろとか通路挟んだ横の人とかに
盗撮マニアだと思われたらあかんから、
目が合わないように伏し目がちにし、たまに目線だけキョロキョロ周りを警戒し、
見えたら疑われるから周りからカメラが見えないように
ちょっと前かがみになりながらゴソゴソ遊ぶ。可愛いのでたまにニヤリと笑みがこぼれる。
・・・・逆に怪しい。
そんなこんなしてると「ゴトッ」。
「うわっ、買ったばかりやのに落としてしまった!」
最悪や~と拾おうとしたとき、もっと最悪なことを思い出した。
「オレンジジュース溢してたんや~!」
いい塩梅に時間が経過していて、ネチャネチャ度がアップしてる。
拭けばいいとはいえ、大いに気分を害する。自業自得やけど。
カメラは一旦しまって、説明書を読み始める。
数行で一気に睡魔に襲われるが、窓の外にチラッと、
「あ、雪や!」
そうそう。まだ少ないけど、この雪が次第に増えてって・・・・
真っ暗な中「ガタンゴトン・・・ガタンゴトン」。電車はトンネルに入っていく。
僕は窓際に頬杖をしたまま、
見えてた景色の変わりに映る自分を見つめる自分の顔と向き合う。
ガタンゴトン・・・ガタンゴトン・・・
「なんだよ、こんなとこまで来て自分の面見に来たんじゃねえんだよ」
「また強がっちゃって。その自分自身と向き合いたくて旅してんだろ?」
「うるせいんだよ!オレのくせにオレに説教すんのかよ!
お前にオレの気持ちなんかわかってたま・・・・あ!」
プァ--ン・・・・・トンネルを抜けると、そこは辺り一面の銀世界だった・・・。
この美しい景色に僕が目を奪われ心洗われるのがわかっていたのか、
窓ガラスのアイツは黒から白の世界に切り替わる瞬間、
笑って消えてったような気がするんです。「お前は大丈夫だよ」・・・ってね。

「はっ!!」自分が垂らすよだれに気づいて目が覚めた。
え?スイマセン、さっきのは妄想です(笑)
どうやら説明書読み始めてすぐ寝てしまったらしい。で、外を見ると・・・
c0116714_312550.jpg

マジで!!「外の景色みたままトンネル入って、出てきたら銀世界」のシナリオが、
「よだれに気づいて起きたら知らん間に雪積もってた」に変わってしまった!!
しかも下を見ると、「あ!!説明書落としてるやん!!」と、今度はすぐ思い出した。
「うわ!!オレンジジュース溢してんのにシャレならんやんっ!!」
買った初日に、説明書は染みだらけ。いいねん、説明書、読まん主義やから(笑)

駅に降り立った僕は、車内との温度差に身を震わせる・・・。
見上げる空は灰色で、まるで僕の心を映してるのかのよう。
「まったく・・・窓といい空といい、どいつもこいつもお節介さんやなぁ・・・」
ギュッ、ギュゥッ・・・。雪に足をとられないようにゆっくり歩く。
黒いコートにポツリポツリ。白い来客が一つ、また一つ・・・。
ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・。振り返れば電車が去っていく。
見渡せど誰もいない。
僕と、僕の足跡だけが、この白に包まれた世界を汚していくようだ・・・。
って、あ、スイマセン!!妄想ですよ、妄想!(笑)

これが現実・・・。
c0116714_3283360.jpg

雪ゼロ。岸辺とあんまり変わらんやん。いきなりリサーチ不足を露呈してしまった。
c0116714_3305364.jpg

北陸やったら当たり前のように雪があるもんやと思ってた。
これじゃあ、ここを選んだ意味無いやん・・・。
交通費の分を足して、有馬でセレブ泊したら良かった~。
って、あかんあかん。そんな主旨じゃないんやった。とは言っても雪は無し。
「そっか。戒める必要ないよってことなんやわ。」・・・だそうです。

到着した加賀温泉駅前から出てるバスに揺られ、山代温泉を抜けて、いざ山中温泉へ。
妄想多すぎて、宿まで辿り着けなかったので、次回からは慎みます(笑)
[PR]
by monsieur-enfant | 2009-01-18 04:00 | 北陸慕情 ’09