人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

「せっかくやし」・・・・ね。

新千歳から札幌まで電車で移動。
やってきました札幌駅。
「せっかくやし」・・・・ね。_c0116714_11134100.jpg

駅から出ると、やっぱり涼しいもんですね。
でも湿度が高い。雨が降りそうな雲行きですから仕方無いですね。
思いのほか順調に来てしまったので、ホテルに荷物を預けてお昼御飯にします。
札幌の町並みは縦横ちゃんと整備されてて、
ところどころに観光スポットがあるので「時計台のほうはこっち」とか、
「こっちは札幌駅」とか、東西南北がわからない人にもわかりやすいと思います。
とりあえずホテルが時計台の近くだった記憶があったので、時計台を目指すことに。
ありました。・・・・相変わらず、なんてことない佇まい。ってか、周りの景色がね・・・。
「札幌に来た感」が全く伝わらないと思いますので、一応パシャリ。
「せっかくやし」・・・・ね。_c0116714_11124863.jpg

ホテルもなんとか探し当て、鎌倉で苦戦を強いられたスーツケースを無事預けれました。
さすがにホテルは予約済み。やる気になれば、それくらいは出来ますから(笑)

さてと、ちょっと早いけどお昼でも行きましょか・・・と、
交差点に立ってると、お馬さんと遭遇。
「せっかくやし」・・・・ね。_c0116714_11133752.jpg

結構、町中走って・・・いや、やる気なさそうに歩いてます。

ホテルにしても食事処にしても、場所の地図は持っておくべきですね。
今回、札幌の資料ゼロ。地図さえ持ってません。
ホテルと夜のレストラン、最終日のレンタカーの予約はしましたが、
それらがどこにあるのかも知りません(笑)
案の定、「時計台の近く」とだけインプットしてたホテル探しも難航し、
食べたいと思ってたお昼のお店探しも難航。
そのお店の場所も、「ホテルから、そう遠くはない」くらいの認識ですからね・・・。
聞きまくって、歩きまくって、やっぱりそう遠くはなかった場所の地下に発見。
「うに むらかみ」
「せっかくやし」・・・・ね。_c0116714_11141978.jpg

ここは「うに」で有名なお店。
スペシャルうに丼を目当てに来店です。
時間が早かったので、すんなりカウンターへ。
そこで目に入ったのが「一日限定10食 究極のウニ丼」
ネットで見たスペシャルウニ丼のヴィジュアルだけでも生唾もんやったのに、
「究極」・・・・って、どんなんやろ・・・・。
こういう時に仇となるのが「せっかくやし」という旅人特有のキーワード。
完全に通常の判断力や金銭感覚をマヒさせます。
「せっかくやし」・・・・ね。_c0116714_11171210.jpg

利尻産馬糞ウニを使った究極のウニ丼。
うん、美味しい・・・んやろうけど、如何せんウニの経験値も多くないもので・・・。
スペシャルウニ丼を食べた後で食べてたら比較にもなったんでしょうけど・・・・。
あと、残念なことに、僕らみたいな体育系の人間にとっては、
ドンブリは飲み物みたいなものでして(笑)
ガツガツかきこむのに5分もかからないんですよね。
3300円もするんですよ、この「究極のウニ丼」。
「せっかくやし」に押し切られて注文してしまいましたが、
そこそこのレストランで同額くらいのランチなら2時間くらい楽しめるのに、
かたや10分少々で漬物もおみそ汁も完食・・・・・。おそるべし「せっかくやし」(笑)。
しかも、店名にも「うに」って付いてるし、みんな挙って食べてるならまだ救われますが、
帰ろうと思ったころに隣に座ったサラリーマン風の男性、
座るや否や、「カツ定食」。
「え~~!!マジで!?みんなウニじゃないの!?」
みんなウニを食べてる中の限定10食の「究極の・・・」という優越感も薄れ、
なんとも言えない満たされない感でお店を後にしました。
「そう、これが美味しいウニの味。だって究極やもん」という、自分にかけ続けた呪文も、
この夜の一品でぶち壊されることになるとは、このとき、知る由もなかったのである・・・。
by monsieur-enfant | 2009-08-03 05:25 | 北の国から