人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

L’API×シュクレ

さてさて、ペースアップしないと全然進まないので急いで書いていきますね。

この日はシュクレ5周年と絡めた企画、4か月連続食事会の第三回。
この日は靫公園近くのイタリアン「ラピ」さんでの開催でした。
c0116714_5522579.jpg


いつもこっちの休みの都合で水曜日ばかりなので、
この日は日曜にセッティング。
「平日なら来れなかった」という方ばかりでしたので強行した甲斐もありました。
c0116714_55343.jpg

ラピの宮川シェフから料理の説明。
最近ピントがボケたら更にボカして誤魔化す癖が・・・。上達しませんな、これじゃ。

さて今回のパンは、4種類。うち、後半2種類は撮り忘れ・・・。
最初はシュクレ初、グリッシーニ!
c0116714_5531896.jpg

内容はパルメザンチーズとタイムを練り込み、
焼きあがった表面にオリーブオイル塗り岩塩をまぶすというオーソドックスなもの。
でもこれ、普通に美味しいです。

リエット
c0116714_5533299.jpg

前半のパンには強すぎますが、後半大活躍!

カルパッチョ3連発!
まずは馬肉のカルパッチョ 上には柿だったかな?
c0116714_5535294.jpg


ここらには栗粉のフォカッチャ。
c0116714_5542177.jpg

中には栗も入ってます。少量のローズマリーでアクセント。

このカルパッチョはカンパチ。里芋が添えられ、アンチョビのソースが美味!
c0116714_5543372.jpg

このアンチョビのソース×フォカッチャが相性抜群でした。

水だこのカルパッチョ。セロリのソース。
c0116714_5544732.jpg

食感の良い水だこに、セロリの香りが爽やかに。

ここらで温かいお皿。
キノコとイカのソテー。
c0116714_555620.jpg

そろそろ温かいもの・・・と思ってたところにガッツリソテー登場。
キノコとイカの食感が良いですね。
ここにはFujiya1935 さん用に特別に焼いてるパンを当てました。
みなさんなかなか行けないでしょうからね。
「ブログでは見たことある」パン、印象はどうだったかな?

レンズ豆と甲殻類のスープ 海老のフリット
c0116714_555203.jpg


白金豚ロースのロースト オレンジとラタトゥイユ
c0116714_556125.jpg

優しい豚の脂の甘味。
オレンジの香りも、くたくたのラタトゥイユも、
白金豚には良く合いますね。

オレキエッテ かぶとひよこ豆
c0116714_5561423.jpg

オレキエッテのムニムニ感に、ひよこ豆のコロコロ感が楽しいパスタ。
パスタにはソースを拭うべく4種類目のパン、シャバタを当てます。

タリアテッレ 鴨の煮込み
c0116714_5562871.jpg

鴨のラグーの旨さもさることながら、タリアテッレの存在感も秀逸。
やっぱりラピのパスタは旨いなぁ・・・としみじみ。
この人数相手に、一人で湯がくの大変だったと思います。
御苦労さまでした・・・。

ピスタチオのジェラートとバウムクーヘン
c0116714_5564421.jpg

ラピ定番の濃厚ピスタチオのジェラートにバウムクーヘン。

しっかし皆さん良く食べますね・・・。
パンも大概食べてはるのに、料理の皿数も多く、
パスタは2種類、炭水化物だらけ。
さらにドルチェも完食・・・・。
ま、みんなでこうしてユルリといただいてるってのもあるんでしょうね。
毎度のことながら、
皆さん各々のシュクレに対する思い入れに触れることができ、
様々な出会いのきっかけなどのストーリーを聞かせていただきました。
シュクレはシュクレのストーリーがありながらも、
そこから多くの違うストーリーが生まれてることを実感し、
「日常」に寄り添う仕事だからこそ・・・と、
Boulangerieを営んでるからこその喜びを再確認させていただきました。
そしていつもこうした会の後に、コラボさせていただいたシェフに言われるのが、
「みなさん、ええお客さんやね・・・」ってこと。
話を聞いていたり、食べてる顔や話してる顔もそうですが、
来店された時や、帰り際の挨拶まで総評して、
そう感じていただいてるんやと思います。
別に皆さん、もちろんシュクレ限定のお客さんではないのですが、
そう言っていただくと、とても嬉しいですよね。
知り合いの店にも、シュクレさんに行っててとか、
僕のブログを見てとか言って来てくださる方がおられるそうですが、
こぞって言われるのが「みんな良いお客さんやね」・・・なんです。
こんな変態パン屋経由なので、皆さん食に対する興味ですとか、
好奇心とかお持ちの方が多いんでしょうけど、
「楽しそうに食べてくれはる」とよく言ってもらえるんです。
そんなことを言ってもらえるたびに、
「そうなんです。良いお客さんに支えてもらってます」
そう言える幸せも、皆さんからいただいています。

あと一回を残すのみとなりました5周年を絡めた食事会も、あと1回。
手探りで始まったこのイベントも、それなりに名残惜しいイベントになったことは、
主催者や各店のシェフを始め、協力していただいた方々あってのこと。
心からの御礼と共に、あと1回、存分に楽しませていただきたいと思います。
by monsieur-enfant | 2009-11-03 01:11 | ラピ