人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

2周年の御礼

本日、13日の金曜日から、パティスリー ケ モンテベロにて、
ささやかながら、2周年の御礼も兼ねまして、限定菓子を販売いたします。
c0116714_102353100.jpg

今回2周年の記念菓子として、
昨年同様、記念菓子として「ミル・フォイユ」、そして今年はパリブレストも販売いたします。
シュー生地を存分に楽しんで頂けるこのお菓子は、
よく知られた、自転車レースを記念して作られたお菓子です。
プラリネのムースリーヌをたっぷりと絞りいれ、
アーモンドの食感がリズムとなり、
そしてシュー生地のどっしりとした存在感が楽しめます。

ムース全盛で、焼き菓子が軽んじられ、「生菓子屋」と化してるパティスリーが多い中、
ここ岸部で、パティシエの本来の仕事である「粉」を扱うという原点に立ち帰り、
茶色で地味なお菓子ばかりですが、今まで頑張ってきました。
今回のパリ・ブレストには、その過程の中で、
モンテベロのシュー皮を現段階まで引き上げてくれた、
先日渡仏しましたパティシエールへの、
シェフである橋本からの感謝の想いも込められています。
シェフという肩書き上、雑誌や皆さんの前に出ることが多い橋本が、
自分だけでやってきたのではなく、優秀なパティシエールによって支えられてきたことを、
皆さんに知ってもらいたいとの想いが込められています。

決して珍しいお菓子ではありませんが、
その想いを受け取って感じていただけると幸いです。

お店にこうした背景があるように、
生産者の方にも、もちろん背景があるんです。
この度、ずっとお世話になってましたリンゴ農家さんが、
ご両親のご容態が思わしくなく、しばし休業されることになり、
今年の紅玉の入荷が終了いたしました。
それに伴い、毎年楽しみにしていただいています「タルト・タタン」が、
今年はほとんど販売できなくなります。
数の断定は出来ませんが、
この周年の期間中にも無くなってしまうかも知れないくらいです。
非常に残念ですが、
人は皆、生業は違えど、こうして同じように生活をし人生を歩んでいます。
当たり前のように農作物が収穫され、口に出来るわけではなく、
こうした方々の日々のお仕事があってのことであること、
この機会に感じていただければ幸いです。

ボンボンショコラも再会になり、
ショーケース上もちょっと配置を変えドゥミセックも充実してき、
シェフである橋本のやりたい形を思い切ってやってみた今回の2周年。
皆様のご来店を、心からお待ちしております。
by monsieur-enfant | 2009-11-13 02:32 | ケ モンテベロ