人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

うっすらと告知じみた感じ。

さてさて、こちらも大好きなお店ですが、
うちの定休日変更で定休日が重なってしまい、
なかなか伺えなくなってしまってます・・・。

安土町 「ル・ヌーパピヨン」
c0116714_485716.jpg

これがいつで誰と行ったかも既に定かではない感じ・・・。

宮城県 生牡蠣 シャンパンのジュレ
c0116714_491476.jpg

あ、昨年初めて牡蠣食べたのはヌーパピさんでした。
ということは、もう秋口ですね。

うちのパン
c0116714_492319.jpg

夜のパンをシュクレが担当するようになって初めての訪問。
みなさんの反応はどうなんですかね?

リエット
c0116714_493327.jpg

これとパンで1時間は飲んでられます。

青首鴨のドディーヌ
c0116714_495499.jpg

思い出しました!昨年初めてジビエ食べたのは、この日でした!
相変わらず魅力的なビジュアル。艶と色気のある料理ですよね。

シャンパンから白を飛ばして軽めの赤。
何を飲んだのかはさっぱり覚えてませんけど・・・。
c0116714_410314.jpg


ピジョン ラミエ
c0116714_4125158.jpg

山鳩です。
通常の鳩とは全く異なり、ま、ジビエ全般に言えることですが、
野性味と言いますか、血や肉の鉄分が本能に訴えかけてくるんですよね。
「生命をいただいてる」と。
「ありがたい、ありがたい・・・」と思いながら食べるのですが、
下世話な話、これがまたワインとのマリアージュが格別なものですから・・・・、
やはり単純に酔っ払ってしまうのでぃす(シマリスくん風byぼのぼの)。
c0116714_4101584.jpg


あ・・・デセールの画像、消えちゃった。
確かモンブランだったと思います。

「ふ~~~」と、エスプレッソで締め。
c0116714_4104674.jpg

いやぁ、ホントにね、
映画のセットみたいな店内もさることながら、
行く度に改めて感心するのは川田シェフの料理のレベルの高さ。
ま、馴れない方にはやはりフレンチは敷居が高いのでしょうが、
僕らにとっては、こんな素敵なお気楽空間で、
手軽に気軽に雰囲気ごと「フランス」を食せるのはホントにありがたいわけです。

シュクレの定休日変更で一番痛かったのは、ヌーパピさんと休みが被ること。
こうなったら春先にでもコラボのお声がけさせていただいて、
無理やりにでも楽しめる環境を作らないといけませんね・・・。
そのときは・・・、
みなさんも一緒に遊べるような催しになるといいですね!
by monsieur-enfant | 2011-02-22 00:20 | ル ヌー パピヨン