人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

サトリます。

先日のBBQのご応募、
パソコンの前にいた僕らが見てても、
「あれよあれよ」と言ってる間に埋まって行き、
「ヤベッ!止めなきゃ!」と思って急いでブログにアップした際には、
時既に遅しでした・・・。
いや、本当にビックリしました。そして、ありがとうございました。
10分で定員が埋まるとは想定外でした。
ただ、あまりに締め切るのが早かったので、
中には間に合わなかった方も大勢おられたかも知れませんね。
追加公演・・・は、さすがに出来ませんが、
スタッフが「楽しみにしてくださってたお客さんに、何とかしたい」と、
必死で可能性を考え、会場と交渉した結果、若干の奇跡がおきました。
ただ・・・、その結果、
総勢100名という信じられない規模になってしまいました(笑)
もうBBQの枠、超えてますね。
当日どうなるか、し〜らない(笑)
ですので、時間切れの方、敗者復活的なメールが行くかも知れませんので、
ちょっとだけ希望を持って待っててくださいね。
ただし、こういう措置は今後はもう取れません。最初で最後の敗者復活です。
あ、再募集は無いですよ!(笑)

さてさて、20日のあるプロジェクトの発表に向けての作業が、
本当にキュウキュウで関係者全員の首を絞めまくってる今日この頃(笑)
一つ、書きかけの記事があったので合間に仕上げてしまいました。
おかげで今日もろくに寝れないということをサトリました・・・。

さ、気を取り直していきますね!
いつも心のどこかで気になってるお店ってないですか?
よく行ってるお店より、なかなか行けないお店の方が、
「どうしてんのかなあ・・・」って気になってたりします。
ここもそんなお店のうちの一店。
そんなに密なお付き合いではなかったのですが、
「地元で」って想いが、どっか共鳴するところがあったんでしょう。
うちも気にかけてもらえて、僕もすごく気にしてるお店。
ただ・・・・、現在、年1回のペースなのは否めません(笑)
八尾 イタリアン食堂「ラ リサータ」
c0116714_17452680.jpg

なんせ遠い。守口くらいなら何とか絡めることも出来ますが、
八尾は僕の動線には全く絡まない。
今回も、更に遠い和歌山に用があっての帰り道。
ずっと車移動で、若干麻痺してきてたんでしょうね、
「どうせ遠くに来てるんやし」と久々に立ち寄りました。

先日、リサータさんは一周年を迎えました。
お祝いの花の良い薫りと共に、子供たちの「イタリア屋さん、開いてるわ!」
今まで無かった景色をここに作った証が、少しずつ生まれてるのでしょうね。
温かいジャガイモのポタージュ。
c0116714_17455153.jpg

この日、寒かったので個人的にはすごく嬉しいスタート。
優しくほんわり甘く温かなポタージュは、
「よく来てくださいました」の言葉をいただいてるかのよう。

神戸トマト 水茄子 モッツ パルマの生ハムのサラダ
c0116714_17461658.jpg

下に敷かれたスウェーデン蕪のピュレの旨味が秀逸!
全体的にフルーツのような甘みを持つ野菜を多用した中で、
バジルソースの薫りと生ハムの塩分が良い塩梅の、
目にも舌にも華やかな一皿。

ホタルイカと八尾産スナップエンドウのパスタ
c0116714_17463839.jpg

パスタは、ピマンデスペレットを練り込んだ自家製パスタ。
たっぷりのホタルイカがソースのようなもの。
そこに小振りですがしっかり甘みと食感の楽しいスナップエンドウ。
香草パン粉の食感と香ばしさも良いアクセントです。

ほろほろ鶏のラグー 春キャベツと共に
c0116714_17465675.jpg

あ〜〜〜、知らないパスタの名前がサクッと入って来ない年齢に突入。
三角形みたいな、ちょっと端をつまんだ・・・・、あ〜〜〜、思い出せない。
ちなみに一面に散らされたチーズも失念。すいません・・・。
その変わり、これらを全部ごちゃ混ぜにして、
熱で大量のチーズが溶けて絡まる中から春キャベツが顔を覗かす図をチラリ。
c0116714_17471369.jpg

ラグーとの相性も抜群。すげえな・・・八尾でこんなん食べれるんやもん・・・。

うわ!メインの豚の名前も思い出せない!!(笑)
c0116714_17473223.jpg

一番下にはパッと鮮烈なマンゴーのピュレを一塗り。
豚の土台には何とラングスティーヌ。
その上のクタクタに煮込まれた菜の花がソース代わり。
タスマニアのプチプチマスタードをたっぷりかけていただきます。

「そういえば、ちょうど1年前ですよね」と、シェフ。
本当にたまたまなんですが、数日ズレただけの1年ぶりの訪問。
開店直後くらいに遊びに来させてもらった昨年から1年経って、
1周年のお祝いも言えて良かった良かった・・・と思ってたら、
「おめでとうございます」
c0116714_17475057.jpg

うわ!よう覚えてくれてましたね!?
いや・・・・、シェフと客、カウンター越しの野郎二人のキモイやり取りに、
せっかく足を運んでくれてた素敵な地元のお客さんたちに、
「なんか男性客にお皿にメッセージ書いてデザート渡してたわ」
って変な印象与えてなきゃいいんですけど。しかも僕、照れてたし(笑)

シェフはイタリアに修行に行ってるんですが、
帰国後はビストロで、更に昔は3年程お菓子の勉強もされてたそうです。
どうりでドルチェのクオリティも高いわけです。
正直ティラミスとか、もういいですもん。ホント美味しかったです!

今年の誕生日、実は1つだけ自分への誕生日プレゼントを購入しました。
普段あんまりというかほとんど買わないジャンルのものなのですが、
「誕生日」ということもあって、思い切って購入してみました。
あんまり他人に見せるもんじゃないんですけど、
せっかくなのでお見せしますね。・・・と、その前に、
サトりんサトいもすいッすいッすいッ♪ サトっておサトがサトポッポ♪
「サトリます!」
c0116714_1415870.png

やたら画面デカイですね・・・。恥ずかしいくらいデカイ・・・。
あ、これですか?これはサトリの待ち受け画面です。単純にファンなのです。
劇場の大画面で観たかった・・・。

エスプレッソを啜りながら、周りのお客さんのリアクションをサトリます。
c0116714_1748890.jpg

やっぱり、今まで無かったものを提供するっていうのは、
考えてるより本当に難しく根気のいる仕事です。
でも、1年かけて1日1日積み上げて来た仕事は、
絶対嘘はつかないと思うんです。
今日も同じカウンターで少しお年を召したご夫婦が、
ワインを傾けながら「旨い、旨い!」って食べておられました。
「ホント、あっという間でした!」と笑う、充実したシェフの顔、
「八尾でやって本当に良かったと思ってます」との言葉を聞いたとき、
なぜだか目頭がグッと熱くなりました。悔しいくらい良い顔してましたよ。

1年前に訪れた時と変わらない強い想いは、
徐々に周り伝わり、変えていくエネルギーへと転換されていってるはずです。
c0116714_1748242.jpg

一周年のお祝いの花々と同じくらい、いやそれ以上に、
近所から来てくれてる証の自転車の列が、
僕には誇らしげにみえてなりませんでした。
by monsieur-enfant | 2012-05-18 02:06 | イタリア食堂 ラ・リサータ