人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

薬指を空にかざした日。

更新、滞ってしまい申し訳ありません・・・。
いただいてるメールにも返信ができない有様・・・。
上手く時間が使えないもどかしさったら無いです・・・。

さて、久しぶりにブログらしいブログといきますね。
この顔に、ピンと来たあなたはシュクレ通。
c0116714_22222427.jpg

位置的には厨房の一番お客さん寄り、
大体窯の前にいたので、お客さんからは棚越しに見えるこの感じが多かったかと。
隙間からの画像だと見にくいと思うので、寄ってみました。
c0116714_22224046.jpg

逆にこの距離でピンと来た方は相当なマニアかと・・・(笑)

ま、なぜこのクソ忙しい毎日に彼を紹介してるかといいますと、
先日、彼の最終日だったんです。そう、彼、退職しました。
あ、「彼、彼」といっても誰かわかりませんので紹介しますね。
山﨑 将人 29歳 シュクレクール歴3年 担当 窯
c0116714_222382.jpg

特技は半笑いでクロワッサンをドーレすることと、
c0116714_222330100.jpg

焼成前のパンドミに溜まったガスをシリアスな表情をしながら串で突くこと。
c0116714_22235762.jpg

以上。あ、追加情報があります。左利きです。

ま、3年間いろいろありました。
そりゃまぁいろいろありましたとも。
ただ、「山﨑君」と言って一番最初に出てくる言葉は、悔しいかな「感謝」です。
数年前の話、冬の忙しさもピークの時期に、
当時の2番の子が離脱したことがありました。
僕も「窯やりながら仕込みもやるしかないかな・・・」と、さすがに腹を括りました。
ところが、「僕、やります」と山﨑君。
「え?誰?」とまではいきませんが(笑)、当時はホント存在感も薄く、
ほとんど僕とも話してなかったと思います。
そんな彼が「やります」といって任せた仕込み。
実によく自分がやってない時の仕込みの仕事を見ていたんです。
もちろん最初から上手くいったわけではありませんが、
骨格くらいは作ってくれてたので、僕はフォローと確認といった形で済んだんです。
あの時、もし山﨑君が見た目の印象通りボケーーーッとしてて仕事見てなかったら、
そう考えるとゾッとするくらい、僕にとっても店にとっても起死回生の一撃でした。

そんな彼、フランスに行きます。この顔で。
c0116714_22245152.jpg

更に更に、結婚も控えております。この顔・・・ご両親に怒られますね(笑)
男28歳花盛り、幸せ絶頂の笑顔でした。お幸せに~!!

その送別会やらなんやらを兼ねた会を、
金環日食のあった日、開催することになりました。
その金環日食については、
皆さん話し尽くされた「今更感」がスゴイので触れずに進みます(笑)

「じゃ、あそこ行こうよ」
なんとなく、次の集いはあそこで・・・と思ってたお店があったんです。
僕が何度か行ってて、行くたびに、
「ここ皆で来たら楽しいやろなぁ」って思ってたお店。
ただ、基本思いつきで丸投げの僕の「じゃ、現地集合で」の一言には、
珍しく「無理でしょ!!」と、今回ばかりは反対の声が上がりました

結果、レンタカー二台を借りて、高速を使って走る、
気が付けば大がかりな送別会に(笑)
c0116714_22254496.jpg

細い道に入り、坂を上り、棚田を眺め、また坂を上り・・・。
c0116714_2226572.jpg

最後の急坂には逆に歓声が上がりました(笑)ホンット急なんですもん。
c0116714_22261910.jpg

いやぁ・・・、さすがに現地集合を貫いてたら顰蹙ものでしたね(笑)
ま、でも日頃は箱の中に閉じ込められて仕事してるので、
こういったロケーションだけで、すでに楽しんでくれてたようです。
駐車場にて、やっと解放された面々。
c0116714_22263750.jpg

さぁさぁ、お腹も減ったし向かいましょう!
c0116714_22265721.jpg

暑くもなく寒くもなく、心配してた雨もギリ降らず、
気持ちの良い空気の中、更に奥に進みます。
c0116714_22271563.jpg

もう気づかれた方もおられるかな?
c0116714_22291314.jpg

奈良県生駒市 「山岡ピザ」
c0116714_2229264.jpg

こういうとこでは僕はほとんど挨拶はしません。
堅苦しくなるし、早く食べたいし。
なので目に付いた人に進行を振って、やってもらう感じです。
こんな時くらい、頭も休ませたいですしね。

乾杯は僕はビールでスタート。
サラミ盛り合わせ。
c0116714_2217251.jpg

焼き野菜の盛り合わせ。
c0116714_2263724.jpg

料理は事前にお任せでお願いしておきました。
この人数、来てから頼まれたら地獄ですからね(笑)

明るいからランチかと思うでしょ?
お昼は結構お客さんいっぱいなので、夜にしたんです。
なので、もうこのくらいから実は日が陰ってきてます。
もともと照明自体が少ないので店内も暗く、
更にデジカメのバッテリーは切れ、ボケた写真が多くなってます。
ご了承願います・・・。
シンプルなサラダ。シンプルに旨い。
c0116714_22302066.jpg

ピッツァはマルゲリータから。
c0116714_22174212.jpg

開放的なロケーションでみんなで囲むピッツァは格別です。
c0116714_22343836.jpg

さて、話は変わって今回の送別会、去る側は3人まとめて。
プラス歓迎会、入る側も3人まとめて。その去る側の一人、優子ちゃん。
c0116714_22303799.jpg

いやぁ、この育ちの良さが前面に出た屈託のない笑顔に、
どれだけ癒されたかわかりません。
基本、週末のみシュクレの販売を手伝ってくれた現役大学生。
「パンとワインとシャルキュトリーと」の会でも受付やらされたり、
何かと駆り出されては楽しそうにこなしてくれてました。
彼女も海外。イギリスに留学します。その後、ちょっとフランスにも渡るようです。
確か今週末くらいで最後だったかな?本当にありがとう。
一緒に働けて楽しかったです。お母さんにもよろしくね(笑)

さ、しんみりするのは嫌ですからね、飲みましょ飲みましょ!
c0116714_22305014.jpg

4種のチーズのクアトロ フロマッジ
c0116714_22323297.jpg

更にパスタへと続きます。
c0116714_22342281.jpg

こんな写真しかなくてスイマセン・・・。スタッフの備忘録として・・・。

ここで去る側のもう一人。モンテベロの高橋君。
c0116714_2231957.jpg

橋本時代から頑張ってくれてたパティシエの一人。
イベントごとでは盛り上げ役を買ってくれてたので、
お客さんにも覚えてもらってた子でした。
彼も、フランスへ行くのだそう。
そういう若者のステップになり、
また逢坂シェフのようにフランスで闘ってきたパティシエの、
新たな表現の場とモンテベロがなっていってくれたら素敵ですね。
高橋君は6月3日が最終です。
あと少し、最後までしっかりよろしくお願いしますね。

えっと・・・マルゲリータにアンチョビとニンニクが足されて、
旨味成分が増し増しの・・・、名前は忘れました。
c0116714_22345948.jpg

去る側のトリは山﨑君。
c0116714_2234385.jpg

前半にそこそこ書いたので割愛します(笑)

パスタがもう一品。ブロッコリーのソースです。
c0116714_22353265.jpg

気が付けば完全に日も暮れ、辺りは真っ暗に。
僕も夜は初めて。また違った雰囲気も良いですね。
c0116714_22115058.jpg

・・・と、そんな雰囲気に浸ってると、
「ちょっと良いですか?」と山﨑氏。
「良いですよ」と許可もしてないのに話出す。
「実は・・・今日、入籍したんです!」
c0116714_22355164.jpg

はい、でた。金環日食便乗入籍(笑)
更に隣にはフィアンセが登場!・・・って、ずっと居たんですけどね。
・・・・ということは!はい、御察しの通りです!
めでたくシュクレ初の職場恋愛からの結婚の運びとなったんです!!
ま、結婚も決まってたし、入籍をいつしようが知ったこっちゃないんですけどね(笑)
でも・・・・、なんか、
以前は人に苦しめられたことも多く、
本当に一人仕事に返りたい想いもあったんですが、
今日の日のように大勢で楽しく食事したり、
一緒に頑張って働いてくれてたスタッフが独立したり、
こうしてスタッフ間での結婚があったりと、
一人でやってたら間違いなく味わえなかった何ともいえない温かい感情を、
こうして味あわせてもらってることに、素直に感謝しています。
ちなみに横の女性は誰?となりますが、それは配属も含めて内緒です。
横にいるモンテベロのヴァンドゥーズやってる子、
なんて名前だったっけ?と聞かれても、お答えしかねますのでご了承ください。

お幸せに。心から祈ってますよ。

さ、まだ料理は出てきます!ジュウジュウ出てきたのは鶏のロースト!
c0116714_2294084.jpg

入る側の3名の挨拶あり、
お腹いっぱいの美味しい料理あり、
お酒もほどほどに入り、楽しい時間は過ぎて行きます。
c0116714_22141338.jpg

更にデザートもピッツァ!
c0116714_2210402.jpg

素敵なロケーション、楽しい仲間、啜る珈琲、贅沢な時間だとしみじみ・・・。
c0116714_2211184.jpg

単なる思い付きで決めたお店でしたが、
レンタカーの手配も含めて辿りつくまでが思いの他大変でしたが、
みんな口々に「楽しかったです」と言ってくれてホッとしました。
なかなか「来たい」と思っても来れない立地にあるお店、
「みんなと一緒に来たいなぁ」という漠然とした想いを叶えてもらった日でした。
c0116714_22133155.jpg

この景色が、みんなの心にも良い思い出として残りますように・・・。
by monsieur-enfant | 2012-05-25 00:47 | 山岡ピザ