人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

「コート・ダジュール」で検索すると、カラオケ屋さんが最初に出てくるの寂しす、の巻。

さ、碧い海の出現により、
いよいよ本編に突入した感が強くなってきましたね。

朝、4時起床。
前日24時間活動した翌朝の4時起床はさすがにツライ。

確か朝7時のフライトのeasy Jet。
6時半の搭乗に間に合わせようと思ったら、
シャルルドゴールに5時半には着いとかなきゃいけない。はず。
しかもeasy Jetの乗り場は小さく分かり辛い。
いつもの僕のパターンだと、かなりの確率で乗り遅れそう・・・。
北駅からシャルルドゴールまで、30分もあれば着く・・・はず。
朝は空いてるだろうけど、切符買うのに手間取るやろから、
余裕を持って4時半にホテルを出る。
諸々込みで、あわよくば5時前くらいに乗れたらラッキー。

いつも時間ギリギリで走ってる僕ですが、
この日は余裕持ってスタートしてるので慌てません。
ま、唯一の不安材料は、実際何分かかるのかを知らないってことくらい。
でも大丈夫。これくらい余裕持ってたら、何が起きてもドンと来いです!



まだ暗い中、北駅に向かう。
朝4時半だから、まだ薄暗い。
え~~~~っと、あれ?
北駅に近づいてもまだ暗い。
あ、北駅そのものがまだ暗い・・・・・って、え!?駅にすら入れん!!
まだ始発走ってないやん!!迂闊!!そこ知らんかった!!(笑)

ヤバイヤバイ!あれ・・・?じゃ、どうしたら良いの?
みんなはどうやって行ってんの?
ってか、みんなの心配なんてしてる場合じゃないでしょ!
慌ててすぐにタクシーに乗り込み、シャルルドゴールに向かうのであった!!



超ヒマなんすけど~(笑)



朝早すぎて、道は貸切状態でスイスイ。
チケットを見せたら、一番近いとこまで連れてってくれたので、
迷うことも計算してた時間が大幅カット。
やることないので搭乗手続きしたら、これまた簡素ですぐ通過。
6時半から搭乗開始なのに、その時まだ5時15分・・・・。
あと一時間半も、暗がりに浮かぶ飛行機を眺めて何しとったらいいんでしょ。
ね、たまに余裕持って出ると、超早く着いちゃうんです。
そうなると、次は「早く行ったら早よ着きすぎるし」って思っちゃう。
で、余裕かましてると、寿命縮まるくらいの窮地に追い込まれる。
アクシデント込みで動くとアクシデントは起きない。
そんな余裕も無く動いてるときに限って、次から次へと問題が発生する。
むむむむ・・・・、基本ドMなんで、後者でお願いします(笑)

さ、窓の外では、空と大地の境に、
薄っすらオレンジの帯が伸びていってます。
c0116714_21254089.jpg

なんかさ、
こういう、
何かに見とれてる時間っていうの?
大きな自然に抱かれてるなって思うとき?
なんだかロマンティックというか、
人間って小さいなっていうか、
この時間がずっと続けば・・・・って!!
c0116714_21323148.jpg

眩し、眩し!!出てきたら肉眼で見てられないから!!(笑)




しばし目を閉じても脳内いっぱいがオレンジ色に占拠される時間を経て、
再び目を開けたそこには・・・・
c0116714_21422367.jpg
c0116714_21423695.jpg

c0116714_21445722.jpg

うおおおお!!あれは多分地図で見たところのあの部分だ!!
碧い空、碧い海!!着いたぜ!Côte d'Azur!!
はじめまして!ニース・コート・ダジュール国際空港!!




んんんん・・・・・案外肌寒い(笑)
麦藁帽に半袖半パンで、南仏の陽射しを浴びにきたのに軽い肩透かし。
と言っても、時間はまだ朝8時半。これからこれから。
そう、TGVだとパリ→ニース間は5時間半かかるのに対して、
easy Jetsだと、たったの1時間半なのです。
交通費も、確かeasy Jetは半分くらいという有難さ。

さて、ニースは12年ぶり。
修行時代の終わりに、バカンスと称して南に下った時以来。
でも、初めて見たPromenade des Anglais(プロムナード・デ・ザングレ)は、
本当に美しかったし、黄色やオレンジの陽気な壁の色は、
僕の中の「南仏」というイメージの大半を占めるインパクトを残した街でした。
そんな街に、久しぶりに・・・・・
「アユムさんですか?」
「あ、シルヴァン?」

説明しよう。
今回、なぜ南仏だったのか。
目的は何なのか。
シルヴァンとは何者なのか。




つづく(笑)
by monsieur-enfant | 2013-11-08 17:09 | フランス2013