人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

新年会その2

バタバタして、まともな顔合わせも出来なかった隣のパティスリーのオープン時。
その中でも頑張ってくれたスタッフ達を労ってあげることも出来ず、この日まで。
僕にボロッカスに言われながらも付いてきてくれたパティシエ2人。
お菓子より先に接客を誉めていただいたサーヴィスの面々(笑)
新年会と言ってもヴァレンタイン明けのことですが・・・。
c0116714_2542965.jpg

会場は、同じ北摂のイタリアン。豊中は岡町の「エル バウ デコラシオン」さん。
熱い熱い下江シェフに、この宴を委ねます。
・・・・が、先に言っておきます。例に漏れず、記憶が遠い昔のものなので・・・スイマセン。

さ、みんな、お疲れ様でっす!
c0116714_259246.jpg

ビーツのスープ ・・いや他にも諸々入ってましたけどね。見た目よりずっと優しい印象。
c0116714_2594413.jpg

薄い記憶でヘタなコメントも見苦しいので、画像のみサクサクッと。
c0116714_315460.jpg

c0116714_354479.jpg

c0116714_36054.jpg


今回、「パティスリーのみんなを連れて行きます」って言ってたので
一番苦労したのがデザートだったようで、15種類くらい試作した模様。
かえって気を使わせたようでスイマセン・・・。

ディルのブランマンジェと、そのジェラート  
c0116714_403829.jpg

春を想わす爽快な香り。決していやみではないディルの使い方が絶妙でした。

ごちそうさまでした。
c0116714_425464.jpg


最初にブログに載せた時は、お店の写真ばかりでしたので
今回初めて料理を載せました。
この価格帯で「晴れの日のイタリアン」をいただける貴重なお店。
ポーションも上品で、盛り付けの色使いも綺麗。
素敵な珍しいお花にも迎えられ、とても女性に喜ばれると思います。
かと言って曖昧さはなく、メリハリのある味付け。
そのハーブや香辛料使いと、マダムの営むお花とが相まってか、
とても「薫る料理」やという印象。
昔はもっと「熱い料理」やったような(笑)
よく個人的に同じ地域ということもありお話させていただきますが、
みなさん、ホントに大変なんですから、この辺でやるのって(笑)

初めて一同に顔を揃えたケ モンテベロの食事会。
美味しい料理に会話も弾み
良いスタッフに恵まれたことを再認識すると共に
もっともっと喜びを分かち合えたらなぁ・・・と思いました。
そのために何をしなきゃいけないのか、何をすべきなのか、
一つずつ、一つずつ、みんなと一緒に、お客さんと一緒に。
一歩ずつ、一歩ずつ、ゆっくりと、しっかりと・・・。
by monsieur-enfant | 2008-03-29 00:51 | エル バウ デコラシオン