人気ブログランキング |

ブログトップ

なないろめがね

お待たせしました。

お分かりかと思いますが、この更新頻度の早さは、
膨大なネタを抱えて出番を待ってるフランス旅行記からの
強烈なプレッシャーによるものです(笑)

さ、パンのお披露目も兼ねて、やってきました西天満「ランデブー デ ザミ」。
c0116714_9154680.jpg

3回目の記事にして、やっと店構えお披露目(笑)
店内は、パリの匂いのプンプンする・・・というわけにはいきませんが、
これから店の成長とともに味がでてくるんじゃないでしょうか。
c0116714_918473.jpg

c0116714_919098.jpg

さ、何だか緊張するなぁ・・・。期待と不安とが交錯する時間。
c0116714_9215054.jpg

パテ ド カンパーニュ
c0116714_9223312.jpg

旨い!ポーションも申し分なし。

「ちょっと食べてみて」と、メッキアジ。聞きなれない名前。
南海にいる魚だそうですが、黒潮に乗ってたまにやってくるんですって。
魚は三重の漁港から直送してもらってるそうです。
c0116714_927557.jpg

ピラニアみたいな風貌の魚ですが、身は美味。
かなり締まった肉質で、厚みもそれなりに。

茶美豚 骨付きロースのブレゼ トリュフ風味
c0116714_9354677.jpg

伝わらないんやろな~。
この豚、実際は20センチくらいありますから。
厚みも・・・ほら。
c0116714_9362492.jpg

いや、ホッとした。美味しかった。
もちろんオープンしたて、これからのお店ですが、
「ビストロ」の名に恥じないポーション。シェフの心意気が感じられます。
へんに日本人寄りして欲しくなかったんで、
「お願いします!大谷さんのまんまで行ってください!」って言ってたんですが、
これなら心配ないでしょう。
c0116714_9392770.jpg

このエスプレッソカップ。見た目を大いに裏切る驚きのフィット感。
売ってるものなら欲しいくらい。

愛想よく人当たりの柔らかいマダムですが、お店に立つのは初めて。
不慣れな点もあるかと思いますが、それを補ってあまりある空気感を持った方です。
おそらくそのうち慣れてくれば、店はマダムの色に染まっていき、
またそれもこの店の「味」になっていくことでしょう。
お店ともども、温かく見守ってあげてください。
「ランデブー デ ザミ」・・・友人との約束
お店とお客さんが、友人のような関係を築けるような、
気軽であったかいお店として立ち寄っていただけたら幸いです。
by monsieur-enfant | 2008-10-09 09:48 | ランデブー デ ザミ